北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD May Have Ryzen 16-Core Version and New Chipset in the Works for June(techPowerUp!)
[CPU] AMD X399 platform is coming, 16-core 32-thread, 4-channel memory, LGA SP3 R2 interface(Chiphell)

AMDは8-coreのダイ2つから作り出した16-core/32-threadのCPUをRyzenのブランドで投入し、IntelのHEDT向け製品に対抗する、とChiphellで議論されている。

ChipHellでは“Zen”で使用される各種Socketについてまず解説されています。
[続・16-core/32-threadのHEDT向けCPUの話―SocketはSP3r2]の続きを読む
AMD Ryzen Infinity Fabric Ticks at Memory Speed(techPowerUp!)

RyzenのInfinity FabricはそれぞれのCCXとメモリコントローラやPCI-Expressコントローラ、SATA、USBといったアンコアを接続するのに使用されている。Infinity Fabricは256-bitの双方向直結のクロスバーで、メモリコントローラの速度で動作する。例えば2133MHzのメモリを使用していた場合はメモリコントローラは1066MHzで動作し、この周波数がFabricの周波数となる。より高速なメモリを使用すればFabricの周波数も上昇する。

Ryzen 7であればCCXが2ユニットとアンコア部で構成され、これらを接続するのがInfinity Fabricとなります。今回の話はRedditのユーザーの疑問にAMDが返答する形で明らかになったものです。Infinity Fabricの周波数はメモリコントローラの速度で動作し、DDR4-2133を使用しているのであればメモリコントローラの速度である1066MHzでの動作となります。DDR4-2400であればメモリコントローラの速度は1200MHzとなるため、Infinity Fabricの速度もこれに従った動作となります。そのため理論上は高速なメモリを使用すればInfinity Fabricの動作速度も上がることになります(・・・メモリコントローラがついていければという大前提があるが)。
Intel announces first Optane 3D XPoint product(bit-tech.net)
Intel Debuts its 3D XPoint Technology with Optane DC P4800X Datacenter SSD(techPowerUp!)
Intel Optane SSD DC P4800X opens new frontiers in datacenter storage(The Tech Report)
Intel Optane SSD DC P4800X series(Intel)

Intelは3月20日、Optane SSD DC P4800X series及びOptane SSD DC P4800X series with Intel Memory Drive technologyを発表した。これらはデータセンター向けでストレージとしての機能とメモリとしての機能を使うことが出来る。
[Intel 3DXpoint technologyを用いたOptane SSD DC P4800X seriesを発表]の続きを読む
Convert 14nm FinFET LPP process, AMD plans to push Radeon RX 500 series in mid-April(BenchLife.info)
AMD Radeon RX 500 Series Detailed – Radeon RX 580 To Feature Polaris 20 XTX, RX 560 To Use Polaris 21 and RX 550 To Use Polaris 12 GPUs(WCCF Tech)

AMDは4月中旬にRadeon RX 500 seriesを投入するが、これらは基本的には現行のRadeon RX 400 seriesを手直ししたものである。

まず最上位の“Polaris 10”は“Polaris 20”となる。そして“Polaris 20 XTX”がRadeon RX 580として、“Polaris 20 XL”がRadeon RX 570として投入される。続いて“Polaris 11”は“Polaris 21”となり、Radeon RX 560として登場する。さらにその下位モデルとして新たに“Polaris 12”がRadeon RX 550として登場する。
[Radeon RX 580/570は“Polaris 20”を、RX 560は“Polaris 21”を使用する]の続きを読む
AMD are rumoured to be creating a consumer-oriented 16-core Ryzen CPU(OC3D.NET)
Rumor: AMD Working on 16 Core/32 Thread Ryzen CPU To Take The Performance Crown In The HEDT Spectrum(WCCF Tech)

AMDは新たなHEDT向けプラットフォームをこの数ヶ月の後に投入する。それはおそらくComputexの時期により明らかになるだろう。この新たなHEDT向けProcessorは16-core/32-threadで4chメモリインターフェースを有するものとなる。

Ryzenの素晴らしいもので、特にCineBenchやその他のprodcutivity programでは優秀だが、一方で現行のRyzen AM4はゲームで予期しない挙動を示すことがあり、現時点でもまだ安定していない。だが新たなプラットフォームではより新しいRevisionとなる。対抗製品は$1700~1800で投入されているXeonやCore i7 6950Xとなるが、いくつかのSKUは$1000程度になると見られる。
[ハイエンドデスクトップ向けの16-core CPUの可能性]の続きを読む
AMD Ryzen 5 to launch on April 11th(VideoCardz)

AMDはRyzen 5としてRyzen 5 1600X, 1600, 1500X, 1400の4種類のSKUを用意している。これらはミドルレンジ向けの製品として$169~249で投入される。Ryzen 5 1600Xと1600は6-core/12-thread、Ryzen 5 1500Xと1400は4-core/8-threadとなる。

これら4種類のRyzen 5は4月11日に販売解禁となる。
[Ryzen 5は4月11日に登場する]の続きを読む
WikiChip@WikiChip(WikiChip / Twitter)
The AMD Innovation Technology Summit will unveil the Ryzen 5 processor with a Vega display chip(XFastest)

AMDは3月16日に中国でAMD Innovation Technology Summitを開催する。このイベントの目玉となるのやRyzen 5と次世代GPUとなる“Vega”である。

XFastestの前半の内容は3月16日に中国でAMDのイベントが開催されるという話ですが、後半はAMDの来年までのロードマップの話に移っています。

今年のAMDのデスクトップprocessorは最大8-coreのCPUとなる“Summit Ridge”と“Excavator”世代のAPUである“Bristol Ridge”となる。そして2018年になると“Summit Ridge”の後継として“Pinnacle Ridge”が登場する。“Pinnacle Ridge”もまた最大8-coreのCPUとなり、TDPは95Wとなる。そしてAPUは“Zen CPU”と“Vega GPU”を組み合わせた“Raven Ridge”となる。
[“Raven Ridge”は“Zen CPU” 4-core+“Vega GPU” 11 CUの構成になる?]の続きを読む
First Ryzen Quad Cores Will not Pass 3.2 GHz?(Guru3D)

フランスのCanard PCのツイートによると最初のRyzen 4-core processorは3.20GHzを超えられず、予想よりも低い周波数にとどまるという。
[【怪情報】最初のRyzen 4-core processorは3.20GHzを超えられない?]の続きを読む
AMD RX 580/570 release time to determine: or the North Star(mydrivers.com)

AMDの次世代GPUである“Vega”は5月のローンチが予定されている。しかしそれに先行して、AMDはRadeon RX 580, RX 570からなるRadeon RX 500 seriesを4月18日にローンチする。当初は4月4日が予定されていた模様だが延期され、Ryzen 5のリリースの翌日となる。

だがこのRadeon RX 580, RX 570は新しいものではなく、現行のRadeon RX 400 seriesで使用される“Polaris”をベースとしたものである。そしておそらくは周波数の向上が図られるものと思われる。
[Radeon RX 580, RX 570が4月18日にローンチされる模様―中身は“Polaris”]の続きを読む
TSMC lands orders for HPC chips from Nvidia, Qualcomm, says paper(DigiTimes)
NVIDIA Volta to be manufactured in 12nm process?(VideoCardz)

中国語のCommercial Timesの報道によるとTSMCがNVIDIA, QualcommからAIアプリケーション向けの高性能コンピューティング向けチップのオーダーを受けた模様である。

そして、NVIDIAの次世代GPUである“Volta”は12nmプロセスで製造されることになる。
[“Volta”の製造プロセスがTSMC 12nmになるという話再び]の続きを読む