北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Now Shipping: AMD Radeon Pro WX Series(AnandTech)
AMD Announces Radeon Pro WX4100, WX5100 and WX7100 Graphics Cards(Guru3D)
AMD Releases New Generation of Radeon Pro Workstation Cards(PC Perspective)

7月にAMDはRadeon Pro WX seriesを発表した。この発表はAMDがProfessionial向けグラフィックカード製品のブランドをFire ProからRadeon Proに変更することを示したとともに、最新世代の“Polaris”アーキテクチャをProfesssional向けに投入することを明らかにしたものだった。しかし7月の時点ではRadeon Pro WX seriesのスペックの全容は明かされておらず、出荷も第4四半期とされた。
そして11月7日、Radeon Pro WX seriesがAMDのパートナー及びリテール向けに出荷され、最終的なスペックも明らかになった。
[Radeon Pro WX seriesの出荷が開始される]の続きを読む
AMD Releases Specifications On The Radeon Pro 400 Series Graphics(techPowerUp!)
AMD announces Radeon Pro 400 series graphics(VideoCardz)
Creators.Radeon.com(AMD)

先日、Appleより多数の新製品が発表され、その中の1つとして15インチのMacBook Proがありました。このMacBook ProにはRadeon Pro 400 seriesと呼ばれる“Polaris”世代の新GPUが搭載されています。そしてそのRadeon Pro 400 seriesのスペックがAMDが設置したCreatos.Radeon.comと呼ばれるサイトで明らかにされています。

Radeon Pro 400 seriesはいずれも“Polaris 11”を使用しており、Radeon Pro 460, Pro 455, Pro 450の3種類で構成されます。
[Radeon Pro 400 seriesが発表される]の続きを読む
AMD Cuts Prices of the Radeon RX 470 and RX 460(techPowerUp!)
AMD drops prices on the Radeon RX 460 and RX 470(The Tech Report)

GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の登場により、$200以下での市場の優位性を削がれるのを防ぐために、AMDはRadeon RX 470 4GBとRX 460の値下げを行う模様だ。
具体的にはRadeon RX 470 4GBは$169.99から$155.99へ、Radeon RX 460 2GBは$109.99から$99.99に値下げされるとみられている。


対抗となるGeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の価格ですが、GeForce GTX 1050 Tiは$139、GeForce GTX 1050は$109となります。またGeForce GTX 1050 Ti対抗としてRadeon RX 470とRX 460の間を埋めるStreamProcessor数1792の“Polaris 10”搭載カードの噂もあります(しかし、これに付いては中国向けという話も出てきているので、国内で出回るかどうかは怪しいかもしれない。なおこれはRadeon RX 470Dと呼ばれていることが多いようである)。

いずれにせよこの価格帯は今後激戦が予想されるでしょう。
AMD to launch Radeon RX 470 with 1792 Stream Processors?(VideoCardz)
AMD Readying an Answer to GeForce GTX 1050 Ti(techPowerUp!)
AMD Prepping New Radeon RX 470 With A Cut-Down Polaris 10 GPU – Aims To Compete Against the GTX 1050 Ti(WCCF Tech)

GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の登場により$150以下のグラフィックカード市場が激戦の様相を呈している。AMDはRadeon RX 470とRX 460の間にある隙間があると考え、“Polaris 10”を使用したカードによりこの隙間を埋めようとしている模様である。このカードはRadeon RX 465あるいはRX 470 SEと呼ばれることになるのではなかろうか。
[AMDがSP数1792の“Polaris 10”搭載カードを計画しているらしい]の続きを読む
AMD rolling out revised Polaris GPUs with 50% increase in performance/watt(VR-Zone)
Rumor: Polaris refresh incoming for RX 465, 475, and 485(The Tech Report)
AMD Rolling Out New Polaris GPU Revisions With 50% Better Perf/Watt(WCCF Tech)

AMDは“Polaris 10”及び“Polaris 11”の新Revisionを投入する模様だ。これらの新Revisionの“Polaris”はPerfomance Performance per wattが50%改善するという。“Polaris”は現在デスクトップ向けGPUのRadeon RX 480, RX 470, RX 460に投入されているが、新Revisionの“Polaris”は組み込み向けにまず投入される。そして前Revisionと比較して同等か若干良い性能を有しながらも、消費電力は劇的に低減されている。
[“Polaris”の新Revisionが登場見込み―Performance per wattを50%改善]の続きを読む
AMD Vega 10 Coming End Of 2016 With Powerful V9 Architecture, Vega 11 Due 1H 2017 – “Magnum” Board Debuting In November(WCCF Tech)

AMD史上もっとも強力なGPUとなるであろう“Vega 10”は今年末に登場し、続いて“Vega 11”が来年前半に登場する。またAMDは11月に開催されるSC 2016において“Magnum”と呼ばれる新しいボードを展示する。この“Magnum”の展示が“Vega 10”のお披露目になるかどうかはわからないが、WCCF Techで得た複数の情報では“Vega 10”は今年末までに登場すると述べている。
[“Vega 10”は今年末に、“Vega 11”は2017年上半期に登場する]の続きを読む
Vega 10 with HBM2 will launch this year(Fudzilla)
AMD could launch Vega 10 with HBM2 memory by year-end(VR-Zone)

AMD製GPUとしては最初のHBM 2搭載GPUとなる“Vega 10”は今年末までにローンチされるかもしれない。少なくともProfessional市場向けにはアナウンスがあるようである。

その時期は9月(もう過ぎてしまったが)とも11月とも言われているようですが正確な時期は全くわかっていないようです。“Vega 10”のスペックについては断片的で今回の情報では16GBのHBM 2を搭載するのではないかと言われています。

今までの情報では“Vega 10”のスペックとしてStreamProceessor数は4096になると予想しているものが多く見られ、TDPも225W前後とされています。
AMD Announces Embedded Radeon E9260 & E9550 - Polaris for Embedded Markets(AnandTech)
AMD launches new Embedded Radeon GPUs(VideoCardz)

AMDは“Polaris”アーキテクチャのGPUをコンシューマ向けにローンチし、その次の段階として組み込み向けにも“Polaris”アーキテクチャを投入する。そしてその組み込み向けの“Polaris”となるのがRadeon E9260とE9550である。Radeon E9260は“Polaris 11”を、Radeon E9550は“Polaris 10”をベースとした製品で、それぞれAMDの組み込み向け製品において“High Performance”と“Ultra-High Performance”のセグメントを更新するものとなる。

スペックは以下の通りです。
[【AMD】“Polaris”世代の組み込み向けGPU―Radeon E9260とE9550]の続きを読む
Exclusive: First details about AMD VEGA10 and VEGA20(VideoCardz)
AMD Vega 10, Vega 20, and Vega 11 GPUs Detailed(techPowerUp!)
AMD Vega 10 scores 24 TFlops(Fudzilla)

現行の“Polaris”の次の世代のGPUとなる“Vega”は“Vega 10”と“Vega 11”の2種類があると言われてきましたが、今回新たに入った情報によるとどうやらこれだけではないようです。

◇“Vega 10”
“Vega 10”は2017年第1四半期に登場する。Compute Unit数は64で、16-bit―半浮動小数点演算性能は24TFlopsとなる。“Vega”は14nmプロセスで製造されるGFX9 architectureのGPUとなり、メモリは16GBのHBM 2でメモリ帯域は512GB/sに達する。Typical Board Powerは225Wとなる。また“Vega 10”のDual-GPUカードが2017年第2四半期に登場し、こちらのTypical Board Powerは300Wとなる。

※初出時に単精度浮動小数点演算性能としていましたが正しくは16-bit―つまり半精度浮動小数点演算性能です。ご迷惑をおかけしました。
[“Vega”世代のGPUは少なくとも3種類がある模様]の続きを読む
AMD mentions Vega Enthusiast GPUs to be released H1 2017(Guru3D)
AMD Vega to launch in 1H 2017(VideoCardz)

AMDは2016年8月に開催した投資家向けのプレゼンテーションにおいて、エンスージアスト向けの“Vega”が2017年上半期に登場すると説明した。おそらくこれは“Vega 11”を示しているものと思われる。

そのスライドというのが“Graphics Momentum with Significant Growth Opportunity”と題されたものです。7つの項目が並んでいますが、実際のグラフィック製品に関する記述は4番目から6番目にあります。
[エンスージアスト向けの“Vega”は2017年上半期にローンチされる見込み]の続きを読む
AMD Polaris 10 "Ellesmere" Die Shot Confirms Max Shader Count(techPowerUp!)
チップ剥がし職人、AMD Polarisの美麗な実ダイ写真を投稿(Impress PC Watch)
(Die Shots)(Flickr)

Radeon RX 480/RX 470に用いられているGPUコア―“Polaris 10 (Ellesmere)”の詳細なダイ写真が公開されています。

使用されたのはRadeon RX 470のようで、投稿した写真家であるFritzchens Fritz氏はこれまでも半導体のダイを基板から剥離してダイの写真を写真に収めて投稿してきた実績のある人物のようです。

この写真からまず分かることは“Polaris 10”のCompute Unitが36でStreamProcessorが2304であることです。
[“Polaris 10”―“Ellesmere”の詳細なダイ写真]の続きを読む
AMD Radeon RX 460 Offers Disruptive eSports Gaming Technology(techPowerUp!)
Radeon RX 460 availability check: get 'em while they're hot(The TechReport)
各社、Radeon RX 460搭載ビデオカードを発売(Impress PC Watch)
AMDの省電力モデル「Radeon RX 460」が登場、税込13,980円から(AKIBA PC Hotline!)
新型GPU「Radeon RX 460」搭載VGAが販売開始!(ASCII.jp)

AMDは8月8日、Radeon RX 460を解禁した。

国内においては8月8日22時をもって販売が解禁されています。先日解禁されたRadeon RX 470同様、各ベンダーのオリジナル仕様のモデルが解禁日より登場しています。メモリ容量はリファレンス仕様では2GBですが、その倍の容量である4GBを搭載する製品もGigabyteとSapphireから登場しています。またリファレンス仕様ではPCI-Express電源コネクタが不要であることもRadeon RX 460の特徴で、オリジナル仕様のモデルにおいても一部の例外を除きPCI-Express電源コネクタを不要としています(Sapphireの“NITRO RX 460 4GD5”のみPCI-Express電源コネクタとして6-pin×1を備える)。

スペックは以下の通りです。
[Radeon RX 460が発表・発売される]の続きを読む
Radeon RX 470ビデオカードが発売開始(Impress PC Watch)
AMDの最新ミドルレンジ「Radeon RX 470」がデビュー、実売26,000円前後から(AKIBA PC Hotline!)
http://www.4gamer.net/games/329/G032949/20160804087/(4Gamer.net)
AMD formally announces RX 470 GPU(Fudzilla)

AMDは8月4日、Radeon RX 470を正式発表した。Radeon RX 470は先日登場したRadeon RX 480と同じ“Polaris 10”を搭載する下位モデルとなり、StreamProcessor数は2048、周波数はBase 926MHz / Boost 1206MHz、単精度浮動小数点演算性能は4.9TFlopsとなる。メモリはリファレンス仕様ではGDDR5を4GB搭載し、周波数は1650MHz(6600MHz)、メモリインターフェースは256-bit、バンド幅は211GB/secとなる。
[Radeon RX 470が発表・発売される]の続きを読む
AMD Radeon RX 470 and RX 460 Official Specifications Leaked(techPowerUp!)
AMD to release Radeon RX 470 and RX 460 in Early August(Guru3D)
AMD Radeon RX 470 and Radeon RX 460 official specs and performance(VideoCardz)

AMDはRadeon RX 470を8月4日に、Radeon RX 460を8月8日にリリースする。そしてそのRadeon RX 470とRX 460のスペックが明らかになった。

明らかになったスペックは以下の通りです。
[Radeon RX 470とRX 460のスペックの全容が明らかに]の続きを読む
AMD Announces Radeon Pro WX Series: WX 4100, WX 5100, & WX 7100 Bring Polaris to Pros(AnandTech)
AMD introduces new professional graphics(DigiTimes)
Radeon Pro Solid State Graphics keeps big data close to the GPU(The Tech Report)
AMD is "Breaking the Memory Barrier" with the Radeon Pro SSG(HEXUS)
AMD Radeon Pro SSG flash-based memory to boost graphics performance(Guru3D)
AMD Announces Radeon Pro WX Series Graphics Cards(PC Perspective)
AMD Introduces Radeon Pro SSG: A Professional GPU Paired With Low Latency Flash Storage(PC Perspective)
AMD Announces the Radeon Pro SSG(techPowerUp!)
AMD、ビデオカード上にSSDを載せた「Radeon Pro SSG」(Impress PC Watch)

AMDは7月26日、Radeon プロSolid State Graphics (Radeon Pro SSG) を発表した。このRadeon Pro SSGは大容量のデータセットを扱うソリューション向けとされ、現行のGPUと比較して遙かに大容量のメモリ容量を確保することにより、高性能を狙ったものである。

遙かに大容量のメモリ容量とありますが、具体的には1TBのSSDをPCI-Expressで接続し、これをフレームバッファとして使用します。このため、GPUはCPUを経由することなくまずこの大容量フレームバッファを参照し、そこにデータがないときにだけCPUへデータをリクエストするようになるため、大幅な速度向上を期待できるとしています。
[【AMD】Radeon Pro WX7100, WX5100, WX4100とRadeon Pro SSGを発表]の続きを読む
AMD Radeon RX 470 to launch on August 4th, RX 460 on July 28th(VideoCardz)

ChephellにRadeon RX 470とRX 460のローンチ予定日を記した画像が掲載された。これによるとRadeon RX 470は8月4日、Radeon RX 460はもうまもなくの7月28日にローンチされるという。
Radeon RX 470については8月4日という情報がすでにあったものの、RX 460については今回が初出である。


先に登場したRadeon RX 480の下位モデルとなるRadeon RX 470とRX 460ですがそれぞれ8月4日と7月28日というローンチ予定日が伝えられています。RX 460の方が先に登場するのは意外な展開です。

リファレンス仕様のメモリ容量はRadeon RX 470は4GB、RX 460は2GBとなっています。しかし今回のChiphellの画像ではRX 470には8GB版が、RX 460には4GB版が(おそらくはメーカー独自仕様という形で)存在することが示唆されています。
[Radeon RX 470は8月4日、RX 460は7月28日にローンチされるらしい]の続きを読む
AMD VEGA10 and VEGA11 GPUs spotted in OpenCL driver(VideoCardz)

最新のCrimson softwareのOpenCL driverに“Vega 10”と“Vega 11”の記述があった模様です。

  SI:Tahiti
  CI/GFX 7:Milos, Kryptos, Hawaii, Navis, Pennar, Bonaire, Kabini
  VI/GFX 8:IceLand, Tonga, Carrizo, Bermuda, Fiji
  GFX 8.1:Amur, Stoney, Ellesmore, Derecho
  GFX 9:Greenland, Raven1X, Vega 10, Vega 11
[AMDのOpenCL driverに“Vega 10/Vega 11”の記述があった模様]の続きを読む
AMD Radeon RX 470 and RX 460 Specifications Confirmed(techPowerUp!)
AMD Shows Full Specs Radeon RX 470 and RX 46(Guru3D)
AMD Radeon RX 470 and RX 460 specs confirmed(HEXUS)

オーストラリアで開催されたイベントでAMDはRadeon RX 470とRX 460のスペックについて説明した。

まずRadeon RX 470は“HD Gaming video card”として位置づけられ、冷却機構はRadeon RX 480と同様のものを用いる。Compute Unitは32基でStreamProcessorは2048基となる。搭載するメモリはリファレンス仕様ではGDDR5 4GBとなるが、メーカー独自仕様として8GBを搭載することも可能としている。メモリインターフェースは256-bitである。TDPは110WでPCI-Express電源コネクタは6-pin×1となる。
[Radeon RX 470, RX 460のスペックが明らかにされる]の続きを読む
AMD Posts Radeon 16.7.1 Drivers, Fixes RX 480 Power Consumption Issues(AnandTech)
AMD Releases PCI-Express Power Draw Fix, We Tested, Confirmed, Works(techPowerUp!)
Radeon Software 16.7.1 lands with power fixes for RX 480(The Tech Report)
「Radeon RX 480」の消費電力は「Radeon Software Crimson Edition 16.7.1」で下がったのか。検証結果報告(4Gamer.net)

AMDは7月7日、Radeon Software Crimson Edition 16.7.1 Hotfixをリリースした。

AMDが先に発表したとおり、このRadeon Software Crimson Edition 16.7.1はRadeon RX 480の消費電力問題(PCI-Expressスロットから75Wを超えて給電されてしまう)を解決するものとなります。一方で、最適化により3%程度の性能向上を実現したとしています。
[Radeon Software 16.7.1がリリースされる―消費電力問題を改善]の続きを読む
Radeon Software 16.7.1 addresses RX 480 power draw concerns(The Tech Report)
AMD's Tuesday Radeon RX 480 Status Update: New Driver By Late Thursday(AnandTech)
AMD details RX 480 power draw tweak plans(bit-tech.net)
AMD announces driver that reduces PCIe power usage RX 480(Guru3D)
AMD、Radeon RX 480の電力過剰供給問題を修正したドライバを48時間以内に提供(Impress PC Watch)

Radeon RX 480が想定よりも消費電力が高くなってしまう(具体的にはPCI-Expressから75Wを超えて給電されてしまう)問題について、AMDから先日、修正するというという発表がありましたが、その具体的な修正方法について同社のFacebook上で改めて発表されています。

Radeon RX 480がPCI-Expressバスの規定値を超えて給電を行ってしまう問題に対して、AMDはこれへの対応を約束すると話した。この問題はマザーボードの損傷や他のPCパーツの損傷につながるリスクはないものの、AMDはこの問題を深く受け止め、対応するとした。そして先週末に世界中のチームを集め、消費電力問題を改善したドライバを開発した。そしてそのドライバをRadeon Software 16.7.1としてリリースする。Radeon Software 16.7.1は現在最終テストの段階にあり、48時間以内にリリースする。
[Radeon RX 480の消費電力問題はRadeon Software 16.7.1で修正される]の続きを読む