北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Ryzen Mobile Solutions to Launch at the End of 2017(techPowerUp!)
Ryzen Mobile APUs are coming to a laptop near you(The Tech Report)
AMDのノートPC向け次世代プロセッサ「Ryzen Mobile」はVega世代のGPUを統合して2017年第3四半期に正式発表(4Gamer.net)

2017 Financial Analyst DayでAMDのMark Papermaster氏はRyzen Mobileという製品があることを明らかにするとともに、そのRyzen Mobileが今年末までに登場すると説明した。Ryzen Mobileは2-in-1やultraportable、ゲーミング製品向けに2017年下半期に登場する。
[AMD 2017 Financial Analyst Day 3―“Zen”+“Vega”のRyzen Mobile]の続きを読む
Ryzen Threadripper CPUs will offer 16 cores and 32 threads(The Tech Report)
AMD Confirms Their Threadripper Line-up(techPowerUp!)
AMD's 16-Core Ryzen Threadripper CPUs Coming This Summer(PC Perspective)
AMD,16コア32スレッド対応の「Ryzen Threadripper」を2017年夏に発売(4Gamers.net)
AMD、16コアのデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」を夏に投入(Impress PC Watch)

AMDのJim Anderson氏は同社のエンスージアスト級高性能CPU製品として、最大16-core/32-threadの“Threadripper”を今夏に投入することを明らかにした。
[AMD 2017 Financial Analyst Day 2―16-core/32-threadの“Threadripper”]の続きを読む
◇Financial Analyst Day全体を扱っているWebサイト
AMD unveils Epyc chips, Ryzen Threadripper, and first Vega GPU(bit-tech.net)
AMD unveils roadmap with Ryzen Threadripper, Ryzen 3, and APUs(HEXUS)
AMD Financial Analyst Day Presentation - Epyc - Mobile - Threadripper - Vega(Guru3D)

AMDは5月17日、2017 Financial Analyst Dayを開催し、エンスージアスト向けやデータセンター向け、ワークステーション向けと言ったハイエンド製品群を明らかにした。その中には“Naples”の名で呼ばれていたサーバー向けCPUであるEPYCが含まれる。

今回のFinancial Analyst Dayで発表された内容は多岐にわたります。順を追って紹介します。
[AMD 2017 Financial Analyst Day 1―EPYCと今後のCPUロードマップ]の続きを読む
AMD Ryzen 9 Series "Threadripper" CPU Socket Detailed(techPowerUp!)
AMD 16-Core ThreadRipper Enthusiast CPUs To Reportedly Utilize 4094 Pin Socket(HotHardware)

AMDはHEDT向けに最大16-core/32-threadのRyzenを投入すると言われている。そしてこの
16-core Ryzen―“Threadripper”はサーバー向けの“Naples”で用いられるSocketSP3と互換性を持ち、かつコンシューマ向けに改良されたSocketSP3r2を用いる。


サーバー向けの“Naples”で用いられるSocketSP3は4094pinのLGAとなる。そしてHEDT向けの“Threadripper”のSocketSP3r2も同様に4094pinのLGAとなる。つまり、物理的な形状やpinの数はSocketSP3もSP3r2も同じである。異なるのは対応する最大TDPとSocket数である。
[Ryzen 9(仮称)―“Threadripper”に用いられるSocketSP3r2の詳細]の続きを読む
AMD Ryzen 9 Threadripper Lineup Leaked – up to 16 Cores & 4.1GHz With Quad Channel DDR4 Support & 44 PCIe Lanes(WCCF Tech)
Final Intel Core i9! AMD Ryzen 9 full exposure: about 9(mydrivers.com)

Intelが最大12-coreのCore i9を登場させると言われているが、AMDはこれに対し16-coreの“Threadripper”と呼ばれるハイエンドデスクトップCPUを投入するという。

先週末に“Whitehaven”という名で16-core RyzenのES品が姿を現していましたが、正確には“Whitehaven”というのは12, 16-core Ryzenを中心とするプラットフォーム全体を指し示すもので、CPUそのものには“Threadripper”という名があるようです。
[【怪情報】Core i9の対抗製品となるRyzen 9 1900 seriesのラインナップ]の続きを読む
New AMD 16 Core Ryzen Whitehaven Engineering Samples Surface(Guru3D)
AMD Ryzen 16 Core “Whitehaven” Enthusiast CPUs Leaked – 3.6GHz Clock Speed, Boatloads of Cache & Quad Channel DDR4 Support(WCCF Tech)

AMDはHEDT向けとして12-core及び16-coreのCPU製品を準備していると言われており、それがComputex 2017でローンチされる可能性も指摘されている。今回、その16-core CPUである“Whitehaven”のES品が確認された。

確認された12-coreまたは16-coreのRyzenとされるES品は以下の通りです。
[16-core Ryzen―“Whitehaven”が姿を現す―周波数はMax 3.60GHz]の続きを読む
Today's bonus AMD rumour: Starship, Naples, Zeppelin and a flock of Owls(PC Perspective)
AMD Zen Enterprise Roadmap Shows 48-core CPUs in 2018(Guru3D)
Starship With 48 Cores in 2018 – Zen 1 and Zen 2 Based Horned Own, Grey Hawk, Banded Kestrel and River Hawk CPUs Detailed(WCCF Tech)

まもなく登場すると言われている“Zen”第1世代のサーバ向けCPU群と、それらに続く“Zen”第2世代―“Zen 2”を使用したCPUに関する情報を含めた2019年までのロードマップが掲載されています。
[【シロフクロウ】AMDのサーバーCPUとロードマップ【アメリカワシミミズク】]の続きを読む
Details for Computer/Device AMD Mandolin Raven(SiSoft Sandra Ranking)

SiSoft Sandra Ranker Databaseに“Raven Ridge”のものと考えられるAPUが掲載されています。

“AMD Mandolin Raven”の名でそれは掲載されており、Processorの項目は“AMD Eng Sample: 2M3001C3T4MF2_33/30_N”、そしてGraphics Processorの項目には“AMD 15DD Graphics”と表示されています。
[“RavenRidge”のものとおぼしきAPUがSandraDatabaseに姿を現す]の続きを読む
Raven Ridge: AMD Ryzen arrives in the notebook for Christmas(ComputerBase.de)
AMD shares 2017 release timing for Ryzen 3, mobile chips and Vega GPUs(PCWorld)

AMDの新型CPU―Ryzenはデスクトップ向けで好調なスタートを切ったが、今年下半期にはより多くの新製品が投入される。

まずデスクトップ向けであるがRyzen 3が下半期初めに投入される。一方Mobile向けのRyzen―“Raven Ridge”は今年末―クリスマスシーズンに投入される。
[Mobile向けのRyzen―“Raven Ridge”は2017年末に登場する]の続きを読む
Second AMD Naples Server Pictures and Platform Block Diagram 112 PCIe Lanes Exposed!(Serverhoth.com)

“Zen”アーキテクチャのサーバー向け製品として最大32-core/64-threadで2-wayまで対応する“Naples”が2017年第2四半期に予定されています。その“Naples”を2-way構成とした時のブロックダイアグラムの一例が掲載されています。

“Naples”を2-wayとした場合1 CPUあたり64レーンの高速I/Oをもち、全体として合計128レーンの高速I/Oを持つことになります。
[“Naples”の2-way構成のブロックダイアグラム]の続きを読む
AMDの最新CPU「Ryzen 5」が発売、まずは1600Xと1600(AKIBA PC Hotline!)
(レビュー)
AMD's Ryzen 5 1600X and Ryzen 5 1500X CPUs reviewed, part one(The Tech Report)
Review: AMD Ryzen 5 1500X and Ryzen 5 1600X (14nm Zen)(HEXUS)
AMD Ryzen 5 1500X and 1600X review - Introduction (Guru3D)
The AMD Ryzen 5 1600X vs Core i5 Review: Twelve Threads vs Four at $250(AnandTech)
The Ryzen 5 Review: 1600X and 1500X Take on Core i5(PC Perspective)
AMD Ryzen 5 1600X Review(bit-tech.net)
Ryzen 5 1600X,Ryzen 5 1500X(4Gamer.net)
3万円から買える6コア12スレッド「Ryzen 5 1600X」をテスト(Impress PC Watch)

AMDの新アーキテクチャである“Zen”を採用したCPUの新モデルとしてRyzen 5が発売された。
Ryzen 5は上から1600X, 1600, 1500X, 1400の4種類があるが、このうち4月11日に発売されたのは6-coreのRyzen 5 1600X, 1600となる。価格は順に30800円と27800円前後である。4-coreのRyzen 5 1500X, 1400は4月15日に発売予定で価格は23800円と21000円前後が予定されている。


スペックは以下の通り。
[Ryzen 5の販売とレビューが解禁される]の続きを読む
AMD offers a power plan in its third Ryzen Community Update(The Tech Report)
AMD、Ryzenに最適化した電源プランを配布。性能向上と省電力化を両立(Impress PC Watch)
AMD Ryzen(TM) Community Update #3(AMD)

AMDは4月6日に“third Ryzen Community Update”を行い、Ryzenに最適化されたWindows 10向けの電源プラン―“Ryzen Blacned power plan”を明らかにした。
[【AMD】Ryzenに最適化したWindows 10向け電源プランを配布開始]の続きを読む
◇Ryzen 5 1600
Full Review of AMD Ryzen 5 1600 Surfaces(techPowerUp!)
First full review of AMD Ryzen 5 1600 is here(VideoCardz)

現在Ryzenは8-coreのRyzen 7が市場に出回っていますが、4月11日にその下位モデルとなる6-coreや4-coreのRyzen 5が登場することが予告されています。

その登場が近くなったためか、Ryzen 5 1600とRyzen 5 1400のベンチマークが出回っています。

まずRyzen 5 1600ですが6-core/12-threadで周波数は3.20GHz/Boost 3.60GHzになります。TDPは65Wで価格は$219が予定されています。
[Ryzen 5 1600とRyzen 5 1400のレビューが出てきているよう]の続きを読む
AMD Ryzen 3 1200 with 3.1 GHz base clock(VideoCardz)
AM4 CPU Support List(ASRock)

ASRockのCPU Suppot ListにRyzen 3 1200が掲載されています。

スペックは以下の通りとなります。

  Ryzen 3 1200 (YD1200BBM4KAE) 3.10GHz Cache 2MB Rev.B1 TDP65W
[ASRockのCPU Support ListにRyzen 3 1200が掲載される]の続きを読む
AMD Ryzen 5 1400 gaming performance leaked(VideoCardz)
AMD's Ryzen 5 1400 Gaming Performance Leaked by Early Adopter(techPowerUp!)
AMD Ryzen 5 1400 gaming performance leaks - analysed on YT(Guru3D)
Early AMD Ryzen 5 1400 review and comparison leaks(HEXUS)

Ryzen 5 1400と対抗製品となるCPUにおけるゲーム性能を比較した動画が掲載されています。

使用されているCPUは以下の3種類です。
[Ryzen 5 1400のゲーム性能がリーク]の続きを読む
AMD Ryzen Quad-Core 2+2 vs. 4+0 Core Distributions Compared(techPowerUp!)

Ryzenは現在8-coreのRyzen 7が出回っており、次に6-coreと4-coreのRyzen 5が来月上旬に予定されています。Ryzenに使用されている“Summit Ridge”は8-coreのダイで4-core+L3=8MBを一単位とするCCXが2基搭載されています。

8-coreのRyzenは全てのコアが有効化されたもので、次に登場する6-coreのRyzenは4-coreで構成されるCCXのうち1-coreを無効化して3-coreとし、3-coreのCCXが2基載せられた形となります(4-core+2-coreという構成ではない)。では4-coreはどうなるのか、という話になります。

原理的にはCCX 2基構成は維持したままCCXのコアを2つ無効化し2-coreのCCX×2とするか、あるいはCCX 1基構成とするかの2通りとなります(L3=16MBの場合は前者でないと難しそうだが)。
[Ryzen 4-coreは“2+2”が良いかそれとも“4+0”が良いのか]の続きを読む
AMD 16-core Ryzen a Multi-Chip Module of two "Summit Ridge" Dies(techPowerUp!)
(参考)次世代サーバーCPU「Naples」をRyzenのコア構造から推測(ASCII.jp)

コア性能の競争力を取り戻したことにより、AMDはIntelのHEDT向け市場に、SocketAM4向けの“Summit Ridge”より多くのコアを搭載するProcessor製品で挑もうとしている。

そのAMDのHEDT向けCPUは16-coreまたは12-coreとなるが、トルコのDonanim Haberがより詳しい情報を入手した。これによるとこの12-coreと16-coreのRyzenは2つの“Summit Ridge”をMCM(Multi-chip module)で実装したものになる。
[16-coreのRyzenは2つの“Summit Ridge”のダイをMCMにして作られる]の続きを読む
AMD Ryzen Processor with 12 Cores and 24 Threads Spotted(Guru3D)
AMD Ryzen CPU with 12 cores and 24 threads spotted(VideoCardz)

未発表の12-coreのRyzen CPUが姿を現した。おそらくこのCPUはAMDのハイエンドデスクトップ(HEDT)プラットフォームであるX390プラットフォーム向けであると推測される。

この12-core RyzenはAlienware Area-51 R3で見つかったと言われている。同じシリーズのR2では“Broadwell-E”コアのCore i7 6800K, 6850Kが搭載されている。

その12-coreのRyzen CPUとして記されていたIDが以下となります。

AMD Eng Sample:2D2701A9UC9F4_32/27_N (2N 6M 24T 2.7GHz, 12x 512kB L2, 8x 8MB L3)
[12-core/24-threadのRyzenが姿を現す]の続きを読む
AMD's Rumoured Upcoming 16-core Part to Reportedly Run at 3.1/3.6 GHz(techPowerUp!)

伝え聞くところに寄ると、180Wで16-coreのRyzenは現在Base 3.10GHz / Boost 3.60GHzで動作しているようだ。この性能はちょうどRyzen 7 1700が2基分となるだろう。この噂が本当で、このようなプラットフォームが開発されているのであれば、おそらくその他のいくつかのチップが設計されていると言うことを後に聞くことになるだろう。
[16-core/32-threadのCPUは3.10GHz/Boost 3.60GHzで動作するらしい?]の続きを読む
AMD May Have Ryzen 16-Core Version and New Chipset in the Works for June(techPowerUp!)
[CPU] AMD X399 platform is coming, 16-core 32-thread, 4-channel memory, LGA SP3 R2 interface(Chiphell)

AMDは8-coreのダイ2つから作り出した16-core/32-threadのCPUをRyzenのブランドで投入し、IntelのHEDT向け製品に対抗する、とChiphellで議論されている。

ChipHellでは“Zen”で使用される各種Socketについてまず解説されています。
[続・16-core/32-threadのHEDT向けCPUの話―SocketはSP3r2]の続きを読む