北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Releases Bristol Ridge to Retail: AM4 Gets APUs(AnandTech)
Play Games and Be Productive on 7th Generation AMD A-Series and Athlon(TM) Processors(AMD)

現在、AMDはSocketAM4プラットフォームの性能・価格レンジの拡大を図っている。上位には4-coreから8-coreのCPU製品として新型の“Zen”マイクロアーキテクチャを採用したRyzenが展開されている。しかし、AM4はiGPUを搭載したCPU―APUにも対応したプラットフォームである。“Zen”世代のAPU製品としては“Raven Ridge”が予定されているが、これはまずノートPC向けに投入される見込みでデスクトップ向けには今年末か来年第1四半期となる見込みである。そしてそれまでの期間を担うAPU製品としていよいよ“Bristol Ridge”がリテール向けに投入されることになった。

元々“Bristol Ridge”はOEM向けに2016年9月にリリースされた。CPUコアには“Bulldozer”系列の最終コアとなる“Excavator v2”を用い、GPUには“Tonga”世代のGraphics Core Nextを用いている。そしてSocketAM4とDDR4に対応した。長らくOEM向けのみに展開されていた“Bristol Ridge”であるが満を持してリテール向けに投入されることになった。

ラインナップは以下の通りです。
[第7世代APU―“Bristol Ridge”がリテール向けに解禁される]の続きを読む
Rzyen Threadripper is half EPYC(OCHolic)
AMD Ryzen Threadripper headed: Epyc CPUs with two fully deactivated This [Update](PCGameHardware)

ヒートスプレッダを脱いだRyzen Threadripperの姿は我々が予想していたものとは異なっていた。基板には2つではなく4つの“Zeppelin”ダイが搭載されていたのだ。

OCHolicにRyzen Threadripperの殻を割る仮定を写した写真がいくつか掲載されています。そして最終的にヒートスプレッダをはがすとEpyc 7000 seriesのそれと同様に4つの8-coreダイが田の字型に配置されています。
[Ryzen Threadripperに4つのダイが載っていたというお話]の続きを読む
AMD CTO Talks About The Transition towards 7nm(Guru3D)
AMD Zen 2 and Zen 3 processor 7nm preparation has been tough(HEXUS)
Mark Papermaster on AMD's tiny things(PC Perspective)

AMDのCTOであるMark Papermaster氏は、EE Timesのインタビューの中で、同社の計画について語った。そしてPapermaster氏は“Zen 2”および“Zen 3”が7nmプロセスで製造されるであろうこと、ファウンドリに対して「できるだけ早く」EUVの導入を望んでいることを説明した。AMDは7nmプロセスの進捗状況について良好だと説明しているが、一方で7nmプロセスへの移行は大規模なもので、ファウンドリにとっても設計チームがともに力を注がねばならないとした。
[AMDのCTO Papermaster氏が7nmプロセスについて語る【なななの】]の続きを読む
AMD reveals suitably massive Ryzen Threadripper packaging(The Tech Report)
AMD unveils Ryzen Threadripper packaging(VideoCardz)

AMDは同社のTwitterアカウントの1つ―AMD Ryzen (@AMDRyzen) でRyzen Threadripperのパッケージを公開した。
[Ryzen Threadripperのパッケージが公開される]の続きを読む
AMD Threadripper 1900X is expected to provide eight cores and X399 entry(HardwareLUXX)

AMDは7月13日、Ryzen Threadripperの最初の2モデルとなるRyzen Threadripper 1950Xと1920Xの詳細を明らかにした。1950Xは16-core/32-threadで$999、1920Xは12-core/24-threadで$799となる。

そしてRedditのForumにさらなる情報が書き込まれた。それは3番目のRyzen Threadripperに関するもので、1900Xと呼ばれるものである。Ryzen Threadripper 1900Xは8-core/16-threadである。周波数は分かっていないが、TDPは上位と同じ180Wとなるとされている。価格亜$549で、X399チップセットとSocketTR4に対応するCPUとしてはエントリー向けのモデルとなる。
[8-core/16-threadのRyzen Threadripper 1900Xの噂]の続きを読む
「16コア、欲しいですね」(7/16)・・・某ショップ店員談(hermitage akihabara)

先日AMDより8月上旬と予告があったRyzen Threadripperですが、その発売日が8月10日であることが明らかにされています。

発売に先立ち、予約が7月27日から開始されますが、この7月27日はRyzen 3の解禁日でもあります。

Ryzen Threadripperのラインナップは以下が明らかにされています。

◇Ryzen Threadripper(14nm / 4ch DDR4 / SocketTR4)
  1950X 16-core/32-thread 3.40GHz/Boost 4.00GHz $999
  1920X 12-core/24-thread 3.50GHz/Boost 4.00GHz $799

Ryzen ThreadripperはSokcetTR4というEpycのSocketSP3に似た大型のSocketを用い、これに対応したCPUクーラーが必要となりますが、Ryzen Threadripperの製品には標準で水冷クーラーが付属することがhermitage akiahbaraで明らかにされています。

全く形状の異なる新Socketの場合、対応CPUクーラーがどこまで出てくるかが懸念材料になることがありますが、今回のRyzen Threadripperの場合は標準の水冷クーラーがとりあえずは用意されており、クーラーが全くないという自体は避けられることになります。

(過去の関連エントリー)
16-coreのRyzen Threadripperの価格は$999、周波数は3.40GHz/4.00GHz(2017年7月13日)
AMD Ryzen Threadripper and Ryzen 3 Product Updates(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper 1950X to cost 999 USD(VideoCardz)

AMDがYouTubeに動画を投稿しており、その中でRyzen ThreadripperとRyzen 3について触れられています。

◇Ryzen Threadripper
  1950X 16-core/32-thread 3.40GHz/Boost 4.00GHz $999
  1920X 12-core/24-thread 3.50GHz/Boost 4.00GHz $799

◇Ryzen 3
  1300X 4-core/4-thread 3.50GHz/Boost 3.70GHz
  1200 4-core/4-thread 3.10GHz/Boost 3.40GHz

Ryzen 3については7月27日ローンチであることも明らかにされています。Ryzen Threadripperはローンチ時期については8月上旬という表現にとどまりましたが、価格が1950Xが$999、1920Xが$799であることが明らかにされました。
Energy doubled! AMD 8 APU exposure: Zen Vega, expensive(mydrivers.com)

“Zen”アーキテクチャはデスクトップ向けのRyzenに始まり、サーバー向けのEPYC、HEDT向けのThreadripperと続く。そしてその次はAPUとなり“RavenRidge”が第8世代APUとして登場する。

海外メディアの情報によると、“RavenRidge”は今年末が予定されている(デスクトップ向けが最初となる)。しかし、“Vega”を搭載するGraphics Card製品が登場していないこと、生産キャパシティが限られていることから、本当に今年中に登場するかどうかは不確定要素がある。
[“RavenRidge”は今年末に登場する]の続きを読む
AMD Launches Ryzen PRO CPUs: Enhanced Security, Longer Warranty, Better Quality(AnandTech)
AMD launches Ryzen PRO workstation processors(VideoCardz)
AMD,ビジネスデスクトップPC向けCPU「Ryzen PRO」を発表。Ryzen 7 PROからRyzen 3 PROまでの6製品をラインナップ(4Gamer.net)

AMDは6月29日、ビジネス向けのRyzen Pro seriesを発表した。Ryzen ProはRyzen 7 Pro, Ryzen 5 Pro, Ryzen 3 Proに区分され、8-core, 6-core, 4-coreのモデルがラインナップされる。標準のRyzenと比較するとRyzen Proでは同様の機能を持ちながらも、セキュリティ機能の強化や24ヶ月の連続駆動、一般向けよりも長い保証期間が提供される。

ラインナップは以下の通りです。
[Ryzen Pro CPUが正式発表される]の続きを読む
AMD Epyc already using B2-stepping the Zeppelin-Dies? (Update)(Planet3D Now!)
AMD Naples SP3 SOC / EPYC 7601(USB.org)

いくつかのEngineering Sampleを経てAMDはRyzenにB1 steppingと呼ばれるコアを製品として用いた。ところが、フランスのCanard PC HardwareのTweetによるとB2 steppingと呼ばれる新しいものが用意されるようである。このB2 steppingは不具合の修正が主たるもので、それもCPUコアの演算部分ではなく、SoCのアンコアの部分の修正が大半となるようである。

ここまでは先週頃に出てきた話と同様です。
[EPYCに用いられている“Zeppelin”ダイはB2 steppingである]の続きを読む
techPowerUp! CPU Database(techPowerUp!)

techPowerUp!のCPU Databaseで“Ryzen Threadripper”を検索すると9種類のRyzen Threadripperが出てきます。そのラインナップが以下となります。
[Ryzen Threadripperのラインナップ―10-coreや14-coreも存在する?]の続きを読む
AMD's Future in Servers: New 7000-Series CPUs Launched and EPYC Analysis(AnandTech)
AMD Unveils Record-Setting EPYC Datacenter Processor(techPowerUp!)
AMD Reveals EPYC Datacenter Processor Pricing(techPowerUp!)
AMD's Epyc 7000-series CPUs revealed(The Tech Report)
AMD EPYC 7000 Series Architecture Overview for Non-CE or EE Majors(ServerTheHome)
AMDがサーバー向けCPU「EPYC 7000」ファミリを正式発表(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
AMD、サーバー向け新アーキテクチャCPU「EPYC」を発表(後藤弘茂氏による詳細レポート)(Impress Cloud Watch)
AMD,新世代サーバー向けCPU「EPYC 7000」を正式発表。8C16Tから32C64Tまでの計12製品をラインナップ(4Gamer.net)
AMD EPYC(TM) Datacenter Processor Launches with Record-Setting Performance, Optimized Platforms, and Global Server Ecosystem Support(AMD)
EPYC(TM) 7000 series(AMD)

AMDは6月20日、データセンター向けの高性能Processor製品となるEPYC 7000 seriesを正式発表した。EPYC 7000 seriesは高性能な“Zen”アーキテクチャのコアを最大32-coreまで搭載する。

まずラインナップが以下の通りとなります。
[EPYC 7000 seriesが正式発表される]の続きを読む
AMD Readies B2 Stepping of the Ryzen "Summit Ridge" Silicon(techPowerUp!)

AMDは14nmプロセスで製造される8-core CPUのダイである“Summit Ridge”の新steppingを予定している模様だ。新steppingはB2 steppingと呼ばれ、AGESAの更新では修正できないハードウェアレベルのエラッタの多くが修正される。特にメモリコントローラやPCI-Expressコントローラを含む内蔵ノースブリッジなどのアンコア部が重点的に変更される模様だ。
[“Summit Ridge”のB2 steppingが用意されている模様]の続きを読む
AMD EPYC 7000 series specs and performance leaked(VideoCardz)

VideoCardzではEPYC 7000 seriesのプレス資料を入手した。EPYC 7000 seriesのNDAである6月20日付けの資料には以下のようなキーワードが記されている。
[EPYC 7000 seriesのラインナップとスペック?]の続きを読む
AMD Ryzen Threadripper 1950X 16-Core @ 3.39 GHz 1 processor, 16 cores, 32 threads (Geekbench Browser)

GeekbenchのデータベースにRyzen Threadripper 1950XなるCPUが6月13日付で登録されています。

Ryzen Threadripper 1950Xのスペックは16-core/32-thread、周波数3.39GHz、キャッシュ構成はL1 inst 32KB×16/L1 data 64KB×16/L2 512KB×16/L3 32MB×4?となっています。L3 32MB×4の×4は誤認識で、Total 32MBが正しい数字となるでしょうか。周波数についてもおそらくは3.40GHzと考えて差し支えないでしょう。
[Ryzen Threadripper 1950X, 16-core/32-thread 3.39GHz?]の続きを読む
AMD Ryzen Threadripper Could Launch on July 27(techPowerUp!)

AMDはハイエンドデスクトップ向け製品であるRyzen Threadripperを7月27日にローンチする。この7月27日をもってRyzen Threadripperのリテールパッケージ製品の販売が解禁されるとともに、搭載PCもこの日に販売が解禁される。AMDは4種類のSKU―16-coreモデルを2種類と12-coreモデルを2種類投入すると見込まれている。そして2017年末までに合計9モデルが出そろうとされている。
[Ryzen Threadripperは7月27日にローンチされる]の続きを読む
Engineering Sample Update(VideoCardz)
AMD Threadripper 1920 12-Core CPU & Vega 16GB/8GB Cards Leaked(WCCF Tech)

VideoCardzにおそらく同メディアが確認したであろうEngineering Sampleの一覧が掲載されています。掲載されているEngineering SampleはAMDのHEDT向け製品となるRyzen Threadripperや“Zen”世代のAPUとなる“Raven Ridge”、Intelの“Coffee Lake / Cannonoake”、“Vega”があります。

その1つにRyzen Threadripper 1920 12-core Processorというものがあります。コア・スレッド数は12-core/24-thread、周波数は定格3.20GHzで、Boost時の周波数は不明です。PlatformはAlienware unknownとなっています。

Ryzen Threadripperに関してはRyzen 9 1998X, 1956Xといった奇怪なナンバーが出てきていましたが、こちらのものは“1920”とだいぶすっきりとしたナンバリングです。

その他に明らかになっているEngineering Sampleは以下の通りです。
[Ryzen Threadripper 1920, 12-core/24-thread 3.20GHz?]の続きを読む
AMD Ryzen Threadripper Entry Level 16 Core, 32 Thread Processor To Cost $849 US, X399 Motherboards Expect To Cost A Lot(WCCF Tech)

AMDはRyzen ThreadripperをIntelの対抗製品に対し、非常に競争力のある価格に設定しようとしている。Bits and Chips Eng.のツイートによると、Ryzen Threadripperの16-coreは$849からになるという。
[“Threadripper”の16-coreは$849から?]の続きを読む
◇Computex 2017 AMD Press Conference全般
AMD CPU Updates: 16 Core ThreadRipper w/64 PCIe Lanes This Summer, Epyc Launching June 20th(AnandTech)
AMD EPYC June 20, 2017, Threadripper and Vega at Computex 2017(ServerTheHome)
Computex 2017: AMD Threadripper will include 64 lanes of PCI Express 3.0, Demos with Quad Vega FE(PC Perspective)
AMD claims major Ryzen OEM wins, dates Vega's unveiling(bit-tech.net)
AMD plans a summer of fun with RX Vega and Threadripper(The Tech Report)
AMD Ryzen threadripper: 64 PCIe lanes and support for 2 TB of RAM(ComputerBase.de)

昨日のIntelに続き、Computex 2日目となる今日5月31日にAMDのプレスカンファレンスが開催され、Epyc, Threadripper, Ryzen Mobile, Radeon RX Vegaといった今後まもなく登場予定の新製品についての情報が明らかにされました。
[【AMD】Epyc, Threadripper, Ryzen Mobile, Radeon RX Vega【Computex】]の続きを読む
AMD 16-core Threadripper Processors Listed Online (Guru3D)
AMD’s Upcoming 16 Core / 32 Threads Monsters, The Ryzen 9 Threadripper 1998X and Threadripper 1998 Processors, Get Early Listing(WCCF Tech)

ギリシアのWebショップであるSkroutzに2種類の“Threadripper”―Ryzen Threadripper 1998Xと1998が掲載された。

“Threadripper”は今夏にリリースされると言われている。そしてSkroutzにはスペックも部分的ながら掲載されている。Ryzen Threadripper 1998X, 1990はどちらも16-core/32-threadで定格周波数は1998Xが3.50GHz、1990が3.20GHzとなる。
[16-coreのRyzen Threadripperが海外のWebショップに掲載された模様]の続きを読む