北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD discusses their Zen 2 architecture(OC3D)

PAXWest 2017においてJoker Productionsと呼ばれるYouTuberが、AMDのMarketing DirectorであるDon Woligroski氏と会話する機会を得た。そしてAMDの“Zen”アーキテクチャの改良版となる“Zen 2”を含めた“Zen”アーキテクチャの未来について聞くことができた。

“Zen”、Ryzenは最悪の流れであった。何せ新しいアーキテクチャを新しいプロセスノードで作らなければいけなかったからだ。最悪な条件であったが、今までにもあったことで、結果として非常に良いものにできあがり、4GHz超も狙えるものとなった。

AMDは現在(“Zen”の)改良に取り込んでいる。技術者たちはとても良い働きをしてくれていて、(“Zen”の改良の)出来はより良いものになりそうだ。IPCの詳細については話せないが、IPCの改良も重点的に取り組んでいるポイントの1つだ。また周波数のヘッドルームもアドバンテージとなる、周波数あたりの性能も改良により向上する。
 
競合も起き上がり、対抗する姿勢を見せている。だが我々も寝っ転がっているだけではない。AMDはより多くのスタッフを招き入れ、より良いスタッフが集まった。AMDは決して一発屋ではない。2018年を期待してほしい。

“Zen 2”についてはGlobalFoundriesの7nmプロセスで製造されることが明らかになっています(現行の“Zen”は14nmプロセス)。14nmプロセスから7nmプロセスへの移行により、60%の電力削減ないしは40%の性能向上が見込め、50%のダイサイズ縮小が期待できるとしています(14nm→7nmであれば2世代分のプロセス縮小になるので、理論的には25%前後までダイサイズが縮小するはずだが、最近のファウンドリの製造プロセスの数字が今ひとつ怪しいので、50%が誤記なのか、こちらが“50% area reduction”を誤訳してしまったのか、はたまた本当に50%しか縮小しないのかわかりかねる)。

“Zen 2”世代のサーバー向けのCPUは“Rome”と呼ばれています(その次の“Zen 3”世代のサーバーCPUは“Milan”。“Zen 3”は7nm+プロセスとされる)。“Rome”の名が出てきたよりも古い情報となりますが、この世代は48-coreになるという噂があります。現行のEPYCから構成を変えないとすると、4ダイで48-coreを実現することになり、12-core×4の構成となります。この場合4-coreのCCXを1ダイに3つ載せる、ないしはCCXを6-coreとしてこれを2つ載せる必要があります。何にせよ“Zen 2”では現行の“Zen”からいろいろな変更・改良が期待できそうです。

なお“Zen 2”とは別に“Zen+”と呼ばれるものもあります。“Zen+”世代のデスクトップ向けCPUが“Pinnacle Ridge”で、2018年前半に14nmプロセス(AMDの資料に従うなら14nm+プロセス?)で登場すると言われています。こちらは現行の“Zen”のマイナーチェンジとなるでしょうか。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
157624 
ローマである!
2017/09/05(Tue) 23:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157625 
結局Zen2とZen+は別個に存在すのが確定なのか
Zen2にVoltaのタイミングが噛み合いそうだし、その時には新調しようかな
2017/09/05(Tue) 23:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157627 
久々の新アーキテクチャで色んな知見が得られただろうし、Zen 2にどうフィードバックされるか楽しみだ
あと7nmがまともな性能と歩留りでちゃんと立ち上がるかどうかも楽しみ
2017/09/06(Wed) 00:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157629 
AM4ソケットが一発屋で無いことを祈るばかりです
2017/09/06(Wed) 00:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157632 
リンク元がそうなってるから仕方ないけど、
14nmから7nmなら、面積は25%だよね。
50%はこれまでのシュリンク幅(0.7*0.7)
2017/09/06(Wed) 06:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157636 
ほーAMDノってきてるなぁ
2017/09/06(Wed) 11:30 | URL | LGA774 #dM3/T6EU[ 編集]
157637 
Zen+の出来も相当良いものになりそうだ。

そして将来的には1CCX6コアまで増えるの…!?
ここまで増えるとIFの帯域も拡張されそうだしすごく楽しみです。
2017/09/06(Wed) 12:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157642 
今のアーキテクチャから更にIPCを上げる手法は思いつかないな
ピークの処理算能力は上げられるんだろうが今以上演算回路のリソースを増やしても稼動率は下がる一方の筈
分岐予測を上げれば と言ってもフロントエンド部は既にライバルよりリッチでこれも回路規模に対してリニアに精度が上がる領域には無い
言い換えれば初代Zenアーキテクチャには無駄が無くそれこそが強みだった

てっきり演算部以外でトータル性能を上げてくると思ってただけにIPCが更に上がるというのは嬉しい誤算だ
しかし一体どんな隠し玉を持っているのやら
もはや想像すら付かない
2017/09/07(Thu) 01:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157643 
追撃も手をゆるめないなぁ!

ギガジンに台数ベースでついにインテルを逆転したという記事もありますね!

のってますねAMD
2017/09/07(Thu) 01:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157644 
買うタイミングが難しい…
2017/09/07(Thu) 01:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157652 
これ以上IPC及びクロック上げてシングルスレッド性能で追いつこうとしたら、結局のところコア数の多いだけで機能の少し薄いだけのCore iもどきになってしまうけどな
そこを理解した上でワットパフォーマンスに振ってたのに、主任設計者はもう既にテスラモーターズに移籍してしまったし、また迷走を始めそうな予感がする
2017/09/07(Thu) 12:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157653 
>157642
トランジスタ当たりの効率を維持してというのは勝手な思い込みの可能性ない?。なにせダイ面積当たり4倍のトランジスタが手に入るんだから。
IPCをどう定義するかにもよるだろうけど、キャッシュのレイテンシ改善してもIPC上がるというパターンも考えられるよね。
2017/09/07(Thu) 12:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157662 
プロセスノードの数字なんて怪しいもんですよ
比較的信用できるのがIntel。Intelは本当にガチでシュリンクしてる。
他のファンダリは16nmとか20nmでもたついたあたりから胡散臭くなったから信用しない方が良い。
2017/09/07(Thu) 23:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157665 
Intelとファウンドリのプロセス公称値にズレがあるのは事実だが、Intelの10nmよりGFの7nmの方が僅差ながら実装密度は高いという話。

とはいえあくまでも僅差だからIceLakeとTigerLakeの性能次第では新アーキテクチャ完成or7nm量産化までシェア減少を緩やかにする時間稼ぎはできるか?
それともZen2が時間稼ぎすら許さない圧倒的性能でシェアをごっそり持っていくか?
目が離せない数年になりそうだ。
2017/09/08(Fri) 09:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157666 
>157652

Jim Keller は Zen の次世代のマイクロアーキテクチャ設計は終えて、Zenの次々世代もある程度手がけた段階で退社してたので、ここに出てる世代は担当してることになるよ。
2017/09/08(Fri) 10:24 | URL | LGA774 #qsvP4ThM[ 編集]
157672 
昔下克上やろうとして一緒で干されたからね。二の舞にならないよーに
2017/09/09(Sat) 08:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157673 
そりゃキャッシュがボトルネックになっていてキャッシュヒットミスが少ないなら当然キャッシュを高速化できればIPCは上がるだろう。
2017/09/09(Sat) 09:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157675 
>157653

キャッシュのレイテンシを下げたり容量を増やしたり帯域を
広げたり
それだけで性能向上は見込めるね
確かにIPCの定義次第か
隠し玉とかでなく順当な進化なのかもしれない
増えたトランジスタをコア数に回す事は予想していたけどIPCという単語が出てきたので舞い上がってしまったよ
かつて最強だった頃のAMDの代名詞でもあるからね
Zen+で物理設計の最適化が入る筈だからそこで削れるレイテンシは削ってくるだろうね
キャッシュおよびメモリのアクセスはまだ伸び代があるから楽しみだね
2017/09/09(Sat) 11:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/9089-e2abb5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック