北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Precision 5820 Tower(DELL)
PRECISION 5820 TOWER(DELL / PDF file)

DELLのワークステーションである“Precision 5820 Tower”に“Skylake-W”に関する興味深い記述が見られます。PDFファイルのスペック表のProfessor Optionの項目にその記述はあります。

Intel Xeon Processor W Family CPUs (Skylake-W) をサポート、processorあたり最大10-core。対応する機能としてIntel AVX, TXT, AESなど。またTurboBoost technologyへの最適化、またオプションとしてvPro technologyが提供される。
 
“Skylake-W”は“Skylake-X”と同じLGA2066を使用するとされるワークステーション向けの製品です。LGA2066であるという直接的な記述はありませんが、メモリのオプションに“4 channel memory up to 256GB 2666MHz DDR4 ECC memory. 8 DIMM slots”とあるので、6chのLGA3647ではなく、4chのLGA2066とみていいでしょう(4 DIMM/socketのLGA3647という変態マザーはあったりするが・・・)。

Processorの項目に“10 cores per processor”と意味深に記載されていますが、このスペックのみでは“Skylake-W”が2-wayに対応するか否かはわかりません(以前の情報では2-wayに対応するという話はなかった)。

また、この記述通りであれば“Skylake-W”は10-coreまでの製品が提供されるようで、“Skylake-SP”のうちLow Core Countのダイが用いられる製品となりそうです(その上のHigh Core Count (Max 18-core) は来ない?)。またチップセットはIntel C422 (KabyLake-W) と呼ばれるものになるようです。


PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
157252 
iMac proのメモリは4chで最大128GBで最大18コア、TBで最大4.5GHzと公式発表にあるようだから、おそらくskylake-Wの18コアはあるのだと思う、多分。
あとはTBM3.0に対応かな(?)
Appleがわざわざ8コア及び10コアと18コアのそれぞれのソケットを変えるとも思えないから、どうなんだろう。
2017/08/08(Tue) 01:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157253 
Skylake長く流用しすぎて草生えちゃったんですね。
2017/08/08(Tue) 02:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/9049-ac9c293a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック