北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
6th Gen Intel(R) Core(TM) X-Series Processor Family Datasheet, Vo.1(Intel / PDF files)

第6世代Core X-series Processorのデータシートに“Skylake-X”がIntegrated Voltage Regulatorを搭載することが記載されています。

35ページの“5.1 Integrated Voltage Regulation”にその記載があります。
 
“Skylake-X”プラットフォームのVoltage RegulatorはProcessorに内蔵される。Voltage Regulatorの内蔵により、Processorはメインの電圧供給路となるVCCINが1本と、メモリインターフェース向けのVCCD012, VCCD345の2系統となる。VCCINはIntegrated Voltage Regulatorに供給され、コアやキャッシュ、システムエージェントなど各コンポーネントに適した電圧に調整される。Voltage Regulatorの内蔵により、オンダイの電圧を性能向上と電力削減の双方に最適化したものとすることができる。


“Skylake-X”のVCCINはVID -based voltage with a loadline (よい訳語が思いつかず) のままで、今までのProcessorでVCCと呼ばれていたものと同様である。このほか、IO向けのVCCIO、System Agent向けのVCCSA、PIROM向けのVCC33を備える。


Computex 2017の“Skylake-X”の殻割りの話題の際にも“Skylake-X”でFIVRが実装されることが言及されていましたが、今回Intel公式の資料でそれが明らかになった形です。ただし、今回の資料ではFully Integrated Voltage Regulator (FIVR) という表現は使われていません。またVCCINに加え、VCCIOやVCCSA、VCC33を備えるという記載があります。37ページの“Table 5-1. Power and Ground Lands”にもVCCINとVCCD012/VCCD0345に加え、VCCSAとVCDD33、VCCIOの記載が見られます。

FIVRを備えた“Haswell”では外部からProcessorへの電圧供給路はFIVRへのVccIn VRとDRAMインターフェースへのDDR VRの2系統となっていました(参考:Haswell省電力機能のカギ「FIVR」とその今後(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース))。

この資料を見ると“Haswell”世代のFIVRと“Skylake-X”のIntegrated Voltage Regulatorは実装方法が異なる可能性がありそうです(よく理解できているわけではないのであまり自信はないが・・・。コアやキャッシュシステムエージェントにIntegrated Voltage Regulatorが電圧を調整して供給すると前半で書かれているのに、後半でシステムエージェント向けのVCCSAがあるよと書かれているのも今ひとつよくわからない)。

(過去の関連エントリー)
“Skylake-X”の殻を割ったお話(2017年5月31日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
156504 
これはいずれCore iシリーズにも来ることになりそう
2017/06/15(Thu) 08:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156626 
>北森氏
Skylake-Xでは中間バス電圧を作って、そこから個別の内部電源(the integrated voltage regulator"s")で各機能に分配している、以下のAAのようなイメージだと思います。

IVR(VCCIN)
 ├─VR(VCCIO)─I/O
 ├─VR(VCCSA)─System Agent
 ├─VR(VCC33)─PIROM

Haswell(やBroadwell)では各機能毎にFIVRで電圧を生成する構成となっていたはず。
一方で、Skylake-Xはもともとサーバー用コアの流用で、サーバー用途は低負荷をあまり考慮しなくても良いので、FIVRの弱点である定負荷時に効率が悪くなる状況が回避できるのでFIVRを採用&上図のような構成にしたのかもしれません。

余談ですが、先日のVLSIシンポジウムでインテルがインダクタをオンダイ実装する発表をしていた(現在はパッケージ基板=オフダイで構成)ので、本当の意味(オンダイに統合)でのFully IVRはかなり実現味を帯びています。
2017/06/23(Fri) 18:19 | URL | じゃ #HfMzn2gY[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8979-225722c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック