北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel "Gemini Lake" SoC Detailed(techPowerUp!)

IntelはPentiumとCeleronのブランドを用いて次世代の低消費電力SoCとなる“Gemini Lake”をいよいよ投入する。“Gemini Lake”は現行の“Apollo Lake”の後継となり、改良された14nmプロセスで製造される。“Gemini Lake”のTDPはMobile向けが6W、小型デスクトップ向けが10Wとなる。

“Gemini Lake”のCPUは2-coreまたは4-coreで“Goldmont Plus”と呼ばれるコアとなる。“Goldmont Plus”は現行の“Goldmont”からアーキテクチャの変更はないが、L2キャッシュ容量が現行の2MBから4MBに倍増される。またプロセスの進化による低消費電力化や高周波数化も期待される。
 
この他の改良点としてはより高い周波数のDDR4メモリへの対応(Single-channel DDR4対応であるよう)と最大容量の増加があります(前世代のようにLPDDR3やDDR3Lにも対応するかなどの細かい点まではまだ不明。前世代の“Apollo Lake”は2ch LPDDR4-2400, LPDDR3-1866, DDR3L-1866に対応)。

一方iGPUは第9世代でExecution unit数の最大は18と、字面だけ見ると前世代の“Apollo Lake”と変わりありません。

低消費電力SoCの22nm以降の流れとしてはまず22nmの“BayTrail”があります(CPUアーキテクチャは“Silvermont”、iGPUは“IvyBridge”世代と同等)。これの時代が比較的長く続いた後、次の世代が14nmの“Braswell”となります(CPUアーキテクチャは“Airmont”+iGPUは“Broadwell”世代)。その後“Apollo Lake”(“Goldmont”+“Skylake”と同じ第9世代iGPU)と続きます。

“BayTrail”の世代はタブレットに広く採用されて一世を風靡しましたが、“Braswell”世代(というか“CherryTrail”世代)ではそこまでの勢いはなく、タブレット・スマートフォン向けの“CharryTrail”後継はキャンセルとなっていますが、省電力小型CPUコアの系譜自体は低消費電力Mobile向けないしは小型デスクトップ向けのPentium, Celeronとして続いています。かつての華々しさはありませんが、今後の推移を見守りたいものです。

(過去の関連エントリー)
“Apollo Lake”がひっそりとローンチされる(2016年9月7日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
156321 
省電力デスクトップなんてどこに需要がある?
2017/05/30(Tue) 13:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156335 
お願いだからメモリは2~4GBなんてケチなこと言わないで16GBくらいサクッと載せられるようにしてください
BayTrailのタブレットは持ってるけどブラウザで検索するだけでも仮想メモリを要求しだすとか情けなさすぎる
2017/05/30(Tue) 22:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156359 
これは厳しいな。
安いノートやタブレットはARM版Windowsに持って行かれかねない。
ApollolakeでCPUを強化したのでシングルスレッドでは優位性は保てると思うけど、マルチやiGPUでは厳しいかも。特にiGPUは差が付いてしまうと思う。
対応メモリの拡大も意味ないね。Apollolake搭載機種はみんなDDR3を使っている。DDR4を搭載している製品なんて見たことないよ。
2017/05/31(Wed) 19:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156397 
かねないというか既に失敗したからこうなってる
どうせ買わないでしょコンシューマ需要ならi7-U使えって感じだし
2017/06/02(Fri) 22:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8956-60ae6471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック