北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Details for Computer/Device AMD Mandolin Raven(SiSoft Sandra Ranking)

SiSoft Sandra Ranker Databaseに“Raven Ridge”のものと考えられるAPUが掲載されています。

“AMD Mandolin Raven”の名でそれは掲載されており、Processorの項目は“AMD Eng Sample: 2M3001C3T4MF2_33/30_N”、そしてGraphics Processorの項目には“AMD 15DD Graphics”と表示されています。
 
Raven Ridge 1 (2017年5月9日)

Raven Ridge 2 (2017年5月9日)

それぞれの項目を確認するとまずProcessorは周波数が2.99GHz、スレッド数が8-threadであることがわかります。“2M3001C3T4MF2_33/30_N”というES品の名称は“Summit Ridge”でも見られたもので、これに従えば周波数はBase 3.00GHz/Boost 3.30GHzとなりそうです。キャッシュ構成はL2=512kB x4/L3=4MBとなっています。“Summit Ridge”のCCXは4-coreとL3=8MBが一単位となっていますが、このAPUではL3=4MBと“Summit Ridge”のそれから半減されています。単純に差別化のため半分を無効化している、という考えもなくはないですが、L3=4MBとして新たに設計したと考える方が適当でしょう。またスレッド数が“8”であることより、このAPUが4-core/8-threadであることもわかります。

Raven Ridge 3 (2017年5月9日)

続いてGPUですが、AMD 15DD Graphicsという聞き慣れない名称であるものの、Compute Unitの数は11とはっきりと記されています。StreamProcessorの総数も704であると記されており、64 sp×11 CUとして合致します。周波数は800MHzであるようです。この他に16kB L2, 3GB DDR3 64-bitという項目が見られます。L2に関してはその名の通りL2 cacheでいいでしょうが、3GB DDR3 64-bitというのは何を示しているのでしょうか? 具体的にはメインメモリから割り当てられたメモリ空間が単純に3GBということなのか、あるいは3GBのメモリをオンパッケージで搭載しているのか・・・ということになりますが、3GBという容量はずいぶんと中途半端で、今の時点では前者の可能性の方が高く、後者だったらとっても嬉しいな程度に思っておいた方が良さそうです。


PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
156110 
これは…vegaじゃな?
2017/05/10(Wed) 01:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156114 
とはいえその程度のグラフィックだったら3GBでいいんじゃないみたいな気もしてこないこともない 中途半端は否めないが
2017/05/10(Wed) 08:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156116 
2Core/4Threadと思っていただけにこれは驚き。
GPUもうちょっと頑張って…。
2017/05/10(Wed) 14:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156118 
個人的には本命の石、クライアント用には十分
3MBがHBM2だったらいいな、でもRyzen7より高くなるからあり得ないか
2017/05/10(Wed) 21:58 | URL | ななしです #W3ugQoag[ 編集]
156119 
メインメモリから3GB確保されるなら、合計で16GB搭載を基本にする必要が有るな。

今のAPUだと1GB確保なので、合計8GBのメインメモリで間に合ってるのだが、足りなくなる訳か。
2017/05/10(Wed) 21:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156124 
pcに4GB以上のメモリが積んである前提で、システムメモリを1GBは残しとこうってことかな?
2017/05/11(Thu) 11:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156129 
内部構造がどうなっているかよくは分かりませんが、Ryzenにも採用されているCCXは設計段階では最低でも4クラスタ、恐らく8クラスタまでは同時に扱えるようにしている事はロードマップや開発戦略等で確実なので、RavenRidgeのGPUはCU4基1クラスタの3クラスタ搭載で、どこか不良のCU1基を無効化しているのではないでしょうか?
独立メモリだとすれば、各CUクラスタにHBM2で1GBメモリを搭載すれば合計3GBのメモリ容量となり、収まりが良くなります
ZenアーキテクチャのCPUは、4コア8スレッドで1クラスタなので、これと合わせて4クラスタが埋まる形になります
また、1クラスタCPUが出ていないことを考えると、CCXは倍数クラスタ必須という可能性があります
なので、別の方法として4CU3基を1クラスタにしている可能性もありますが、3基という数字が収まりが悪いので、4CU4基1クラスタで5CUを無効化、もしくは4CU3基+メモリで1クラスタで、1CU無効化という可能性もあります
現状ではどの可能性も捨てきれませんが、個人的にはHBM2で専用メモリを確保している場合はCCXの上に4クラスタ設置の可能性が高いと思っています
最初から11CUという半端数で来ると言うことは、フルスペックがそこから大きく上がる可能性はないですし、4CU3基ならばCCX上ではCPU込み4クラスタにするのが収まりが良いというのもあります

また、これらは内部的な話なので、外部出力としてはCPUとGPUの2クラスタ分の入出力バスがあれば良いからです
そうであれば、実質的に2つのCPUクラスタ分の入出力バスが必要になっていてもおかしな話ではないRyzenが使用するAM4が流用できるのもさもありなんといったところでしょう
AM4の入出力バスが2個という理由の一つとして、16コアRyzenたるWhite Havenのソケット変更が挙げられます
恐らくですが、CPUクラスタはメモりなど外部とのアクセスの都合により、1基につき1つの入出力バスが必要で、4CPUクラスタ、16コア搭載すると4クラスタ分の入出力バスが必要となるため、White Havenではソケットの変更での対応と相成ったのではないでしょうか?
2017/05/12(Fri) 12:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156130 
6C12T積んでたらすげえってなったけど現実はやっぱそんなもんですよね・・・
2017/05/12(Fri) 18:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156134 
1500Xの値段は超えてくるだろう
2017/05/13(Sat) 07:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156141 
GPU性能はいまのAPUの倍くらいになってくれるのかな
2017/05/13(Sat) 19:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8929-f342a057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック