北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Works on At Least Three Radeon RX Vega SKUs, Slowest Faster than GTX 1070?(techPowerUp!)

AMDは“Vega 10”を使用した製品を少なくとも3種類用意しているようである。3DMark validation pointに“Vega 10”のものと考えられるDevice IDが掲載されており、それが678F:C1, 678F:C2, 678F:C3の3種類であった。いずれもHBM 2を8GB搭載する。そして3DMark TimeSpyのスコアを見る限りでは最下位のSKUでGeForce GTX 1070を上回るものになりそうである。
 
“Vega 10”を使用するとみられるRadeon RX Vegaは第2四半期が予定されていますが、その製品ラインナップがどうなるかはまだ明らかにされていません。今回、3DMark validation pointに678F:C1, 678F:C2, 678F:C3という3種類のdevice IDが見られたことより、“Vega 10”は少なくとも3製品があるのではないかと推測されています。

  BIG WC = 687F:C3
  BIG Air = 687F:C2
  VEGA = 687F:C1

情報元であるGuru3DのForumでは、3種類のdevice IDが上記のように対応するとしています。“Vega”と“Big WC/Air”の違いは不明ですが、Airは空冷、WCは水冷となるのでしょうか。もし“Fiji”と同じような製品ラインナップとるとすると、BIG WC (678F:C3) はRadeon R9 Fury X相当、BIG Air (678F:C2) はRadeon R9 Fury相当となりそうです。そして残るVEGA (687F:C1) はRadeon R9 Nano相当になる・・・かどうかはAMDがNanoの後継を考えているか否かにつきますが、期待したいものです。

◇“Vega 10”の構成は“Fiji”と類似している
New AMD Radeon RX Vega Details Surface In Linux Patch - 4096 Shader proc(Guru3D)
RX Vega GPU specs uncovered via AMD Linux patch(HEXUS)
AMD "Vega 10" Bears Core-Config Similarities to "Fiji"(techPowerUp!)

Linux向けのグラフィックドライバに“Vega 10”の記載があったようです。

  • case CHIP_VEGA10:
  • adev->gfx.config.max_shader_engines = 4;
  • adev->gfx.config.max_tile_pipes = 8;
  • adev->gfx.config.max_cu_per_sh = 16;
  • adev->gfx.config.max_sh_per_se = 1;
  • adev->gfx.config.max_backends_per_se = 4;
  • adev->gfx.config.max_texture_channel_caches = 16;
  • adev->gfx.config.max_gprs = 256;
  • adev->gfx.config.max_gs_threads = 32;
  • adev->gfx.config.max_hw_contexts = 8;


“Vega 10”はStreamProcessor 64基から構成されるCompute unitを64基搭載し、合計4096基のStreamProcessorを備えると推測されていますが、上記のLinuxドライバの記載はこれを裏付けるものだと述べています。“Vega 10”は4基のShader Engineで構成され、Radeon R9 Fury Xで使用された“Fiji”とよく似た構成になると推測されます(Rendar backendやTexture Unitの数も“Fiji”と同様である)。


PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
156076 
Vega10の下のVega11のミドル、RX590が楽しみです。
2017/05/05(Fri) 15:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156078 
空冷の方はSPが12.5%少なくなりその場合、SP数は3584になるそうで。
あとSKUごとにクロックも違うと言うことで水冷と空冷はFuryXとFuryとの差異に等しい感じですね。

687F:C1は過去にリークされた情報だと1.2GHzとクロックが2割ほど低いので、消費電力もそれに見合った程度は低くなるでしょうね。
2017/05/05(Fri) 17:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156083 
Mi25が演算能力的に4096spを1.57GHzを空冷で動かしてる訳だからゲーム向けをあえて1.2GHzまで落とす必要はないだろうしC1はnanoの後継っぽく見える。
2017/05/06(Sat) 00:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
156084 
以前のFijiコアはHBMの強みの高負荷によるレート低下耐性はそれなりにあったみたいだが、でも見てて一番有能だったのがショート基盤で980並みの性能で、で低電力化で化けるNanoさん。フルスペックで投入したことから本命?と思わせる魅力があるVega Nano、ご期待ください
2017/05/06(Sat) 02:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8923-8fd8752f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック