北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Cannon Lake: New CPUs with Gen10 graphics and Cannon Point chipset(ComputerBase.de)

Linuxのドライバに含まれる多くの新しいエントリーにU series及びY seriesの“Cannonlake”をベースとしたものが複数種類みられた。また“Cannonlake”では第10世代のGrahpics Unit(Gen10 graphics unit)に加え、チップセットとして“CannonPoint”が導入されることが分かった。

100 series(Sunrise Point)、200 series(KabyPoint)に続く“CannonPoint”は300 seriesに相当するPlatform Controller Hub (PCH) である。構成としては200 seriesと似たものと考えられるが、10Gbit/sに対応するUSB 3.1ポートへのNative対応が加わることが大きな相違点で、この他に小規模な最適化が行われる。
 
“Cannonlake”についてIntelは次のように説明している。
「“Cannonlake”は“KabyLake”に引き続き、Intel HD Graphicsを含むIntel Processorだ。“Cannonlake”のGraphicsは第10世代となる」
しかし、その詳細はまだベールに包まれたままである。おそらくは今まで同様に小規模な改良にとどまると思われる
(この記事中では“KabyLake”のGraphicsは第9.5世代と表現されている)

“Cannonlake”は10nmプロセス最初のCPUと言われており、Mobile向けに“Cannonlake-U”と“Cannonlake-Y”が2-core+GT2の構成で登場すると言われています。一方、デスクトップ向けには“Cannonlake”ではなく14nmプロセスの“Coffee Lake”が充当され、自作PCとなじみが深いのはこちらになるでしょう(NUCやBRIX等の小型PCで“Cannonlake”搭載モデルが出る可能性はありそう)。

“Cannonlake”世代のiGPUが第10世代となり、チップセット(PCH)も新しいものとなる、というのは以前にも散発的に出てきている話ですが、今のところ詳細な内容は明らかになっていないようです。新PCHは“Coffee Lake”においても300 seriesという形で導入されますが、“Cannonlake-U/-Y”のPCHはMCMでCPUパッケージに収められるものでMoblie向けに最適化されたものとなるはずで、2チップ構成の“Coffee Lake”むけのPCHとはSATAのやPCI-Expressレーン数などの構成は異なっているものと思われます(USB 3.1が来るかどうかが注目点だろうか)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
155842 
10Gbit/sに対応USB 3.1が標準になれば
例えばフレッシュマンがdGPUなしノートPCからPC生活はじめて、途中から重いゲームやりたくなったりしたら外付けビデオカード追加という一昔前は想像の産物でしかなかったアップグレードが現実的になるかも・・・まず外付けBOXが安くなってもらわにゃだけど
2017/04/09(Sun) 22:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155846 
Ryzenとの対抗のために、6コア化には期待したい。
2017/04/10(Mon) 01:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155855 
300シリーズでは、PCIe 4.0対応はまだのようですな。。。
Coffee/Cannonはスキップかな。。。
2017/04/10(Mon) 23:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155865 
そろそろ内蔵LANを5GbEに対応させて頂きたいところ
2017/04/12(Wed) 08:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8895-aad4d6ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック