北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD 16-core Ryzen a Multi-Chip Module of two "Summit Ridge" Dies(techPowerUp!)
(参考)次世代サーバーCPU「Naples」をRyzenのコア構造から推測(ASCII.jp)

コア性能の競争力を取り戻したことにより、AMDはIntelのHEDT向け市場に、SocketAM4向けの“Summit Ridge”より多くのコアを搭載するProcessor製品で挑もうとしている。

そのAMDのHEDT向けCPUは16-coreまたは12-coreとなるが、トルコのDonanim Haberがより詳しい情報を入手した。これによるとこの12-coreと16-coreのRyzenは2つの“Summit Ridge”をMCM(Multi-chip module)で実装したものになる。
 
これ自体は今までの情報でも何度か言われていたことです。
具体的には16-coreであればシンプルに8-core+8-coreとなり、12-coreの場合は6-core+6-coreでCCXは全て3-coreが有効化された状態(3-core×4 CCXの構成)となるようです。

この16-core/12-core Ryzenや“Naples”がどうなるかはASCII.jpの大原氏の記事が参考になります。同記事では“Summit Ridge”のダイの機能ブロックについて考察がされています。初期には右上と左下のブロックがメモリコントローラと推測されたこともありますが、そうではなく左上の1つのブロックが2ch DDR4メモリコントローラだとしています。そして右上と左下のブロックはそれぞれ32レーンのSerDes(Inifinity FabricやPCI-Express用)であると解説されています。この場合実はメモコンが4chあるということはなく、逆にInifinity FabricやPCI-Expressに用いる高速I/Oが現行Ryzenで有効化されている分よりもはるかに多く用意されていることになります。これであれば32-coreの“Naples”が8-core×4ダイということをよく説明でき、また8-coreのダイ1つで6-core, 8-core, 12-core, 16-core, 24-core, 32-coreの製品を展開することができます(6-core, 12-core, 24-coreは各CCXの1基のコアを無効化して作り出す。理論的には3ダイの18-core, 24-coreも可能だろうがこうなると流石に変態じみてくる。CPUダイ×3+GPU×1?)。

もう1つの新しい情報は12-core, 16-core Ryzenは4000-pinを超える新しいLGAパッケージを用いることだ。2つの“Summit Ridge”のダイを乗せることで、メモリ帯域とPCI-Expressレーンの本数は2倍となる。12-core, 16-coreのRyzenは4ch DDR4メモリインターフェースを持つ。そしてPCI-Express 3.0レーンは58レーンとなる(2ダイのうち、1ダイのPCI-Express 3.0 x4はPCI-Express 3.0 x4 A-linkとしてチップセットの接続に使われる)。

これらはコア数は増加するが周波数を犠牲にすることはない。TDPは12-coreの製品が140W、16-coreの製品が180Wとなる。AMDは6月にComputex 2017で12-core, 16-coreのRyzenを発表する見込みである。

これまでの情報では“Naples”は1 socket構成の時で1 CPUで128レーンのPCI-Express 3.0レーンを出せると言われています。32-coreが4ダイであれば1ダイあたり32レーンが出ることになりますが、この1/2の規模となる2ダイ12-core/16-coreなら64レーン前後になるというのは誰もが予想するでしょう。ここではPCI-Express 3.0は58レーンとされています。ずいぶんと中途半端な数字ですが多少のズレがあったとしてもAM4向けRyzenの2倍以上となるのは確かなようです。

Socketは4000-pinを超えるLGAとされています。“Naples”も4000-pin超のLGAと今のところ言われており、これと同じものを使うのでしょうか(SocketSP3とSP3r2なんて話も先日あった)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
155641 
4000ピンとか馬鹿じゃないの…
買うしかない
2017/03/28(Tue) 23:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155643 
32-coreのNaplesもSummit Ridgeの2CCXを4MCMで?ってこと言われてるね。ベースがリッチだからMCM接続してもインテルのXeonの競合製品と十分に対抗できるものみたいね
2017/03/28(Tue) 23:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155649 
>周波数を犠牲にすることはない。
大変嬉しいお言葉。
2017/03/29(Wed) 00:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155650 
マザー高そう
2017/03/29(Wed) 01:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155655 
すばらしい。
もう買うしかない。
2017/03/29(Wed) 10:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155656 
その位せんと外部遅くなるんだろうけど・・・
2017/03/29(Wed) 12:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155658 
今発売されているRyzen 7は、約半数のSerDesがDisableされてる状態ということですか。

素性の良い4コアCCXを作り、それを同じダイに2個盛り込んでInfinity Fabricで繋ぎ、8コアダイとする。
あとはそれをMCMするだけで一気に32コア製品まで作ってしまうとは、ほんと大胆な戦略だ。
それを支えるのが、あらゆるところで使われるInfiniy Fabric。
使う場所ごとに専用バスを再設計再配置する必要もなく、設計コストと設計時間を大幅に短縮可能と。


すべての新要素が有機的合理的に連携していますね。
そこに新GPU Vegaも参加するんですから、APUも凄く楽しみです
2017/03/29(Wed) 13:31 | URL | ふぇい #U1G3pO7I[ 編集]
155660 
MacProはこれで、でないですかねぇ。
2017/03/29(Wed) 19:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155663 
やはりハイエンドは別プラットフォームの時代だな!
インテルも後追いしてくるんだろうね
2017/03/29(Wed) 21:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155666 
10年くらいスケーラビリティを盾に(ブルの時から既に言ってる)グダグダぱっとしないもんを作ってきた実績があるからなあ

ハマった時だけもてはやすのも
2017/03/30(Thu) 10:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155678 
>155658
> 今発売されているRyzen 7は、約半数のSerDesがDisableされてる状態ということですか

ほとんど使われていると思うよ
Socket AM4のCPU/APUは直接SATA/NVeやUSBをサポートしていて、そちらにも必要なはずなので

ただ、素人(私)がカウントすると4つ余るので
↓のUSB 3.1サポートを無効化した分なのかな?と邪推してる

http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-8601.html
2017/03/31(Fri) 14:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155729 
ハイエンドは別プラットフォームか。て、Intelは20年位前からやってる。
8コア+8コアで16コアとか、普通にIntelがやって来たお手軽性能UP方法。AMDがCPU競争に敗れて開発終息している間にIntelが散々やって来た事を、ZENコアを使ってやろうとしている。Intelの命令形を全て使えるZENコアは、AMD独自の命令形を一切排除しているので、現在Intelサーバーを導入している所は、そのまま置き換える事が出来、尚且つ導入コストも半分で済む。置き換えるメリットが殆ど無いが、新規で導入する業者にはコストが半分で済むのは大きく、そこを目当てにハイエンドに参入でしょうね。
2017/04/01(Sat) 20:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155748 
>155729

TSX命令のこともたまには思い出してあげてください
(実装されているが無効化されている可能性はあるかも(IntelもHaswellでTSXのエラッタあったし))
2017/04/02(Sun) 16:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8880-3531dc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック