北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Zen 2 could appear as Pinnacle Ridge early 2018(PCGameHardware)
AMD Zen 2 Based CPU Family is Called Pinnacle Ridge – Successor To Summit Ridge Arrives on AM4 in Early 2018(WCCF Tech)

AMDは最初の“Zen”アーキテクチャを採用したProcessorとして“Summit Ridge”SocketAM4向けにRyzenとして投入した。そしてAMDは現在、その後継となる“Zen 2”ないしは“Zen +”と呼ばれるアーキテクチャの開発を行っている。信頼できる情報筋によると“Summit Ridge”の後継となる、“Zen 2”採用のCPUは“Pinnacle Ridge”と呼ばれ、2018年前半に登場するという。
 
Ryzenの発表時にAMDは“Roadmap Leadership”という資料で複数年の計画を明らかにしており、GPUは“Polaris”→“Vega”→“Navi”、CPUは“Zen”→“Zen 2”→“Zen 3”というロードマップを明らかにしています。かつで“Bulldozer”が登場した時にその後継として“Piledriver”→“Steamroller”→“Excavator”というロードマップが示され、実際にこの通りに改良が重ねられていきましたが、新アーキテクチャとなった“Zen”も今後は改良が重ねられていく段階に入ることになります。

そして次の“Zen 2”世代のCPUとして具体的な名が明らかになったのが今回の“Pinnacle Ridge”です。“Pinnacle Ridge”は“Summit Ridge”の後継と位置づけられている模様で、“Zen 2”アーキテクチャを使用したハイエンドデスクトップ向けCPUとなることでしょう。

“Zen”アーキテクチャを採用する最初のAPUは“Raven Ridge”と呼ばれていますが、これについては以下のようなことが書かれています。

“Raven Ridge”は“Zen CPU”と“Vega GPU”を組み合わせたAPUとなり、元々は2018年前半の“Pinnacle Ridge”の直後に予定されていた。しかし、AMDは“Raven Ridge”について2017年下半期に登場することを強調しており、前述の計画はここ数ヶ月で変更された模様である。AMDは“Raven Ridge”に改良された“Zen”コアを用いるようであるが、それが“Pinnacle Ridge”のそれをベースにするのかどうかは分からない。

“Raven Ridge”についてもRyzen発表時に“2017: The Best Starts Now”というスライドに間接的な記載があります。ここには2017年に登場するであろうAMDの製品が掲載されており、Ryzen Desktop, Radeon "Vega", “Naples”, Ryzen Mobile, Radeon Instinctの5つの製品が挙げられています。3番目の“Naples”は既に明らかになっているとおり最大32-coreのサーバー向けの“Zen CPU”となり第2四半期が予定されています。そして4番目のRyzen Mobileが直接的な記述ではないものの、“Zen”世代のAPU―“Raven Ridge”を示していると考えるのが妥当でしょう。この“Raven Ridge”に改良された“Zen”コアが投入されるとあり、WCCF Techでは“Pinnacle Ridge”で施される改良の一部が実装されるのではないかと推測しています(ただ、それが“Zen 2”そのものかどうかまでは明記されていない。さしずめ“Zen 1.5”に相当するものなのかもしれない。“Raven Ridge”のCPUコアが“Zen 2”より現行の“Zen”に近いものであったとしてもメモリコントローラの改良などはありそうである)。


PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
155387 
Zen 2ではPCI-Eを32レーンは欲しい。
2017/03/11(Sat) 02:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155388 
iGPUを搭載するにあたってメモリアクセス周りを優先的に触るだろうね。で、本当にVega GPUを搭載して、そのVegaにHBM2ないしはそれに近い帯域を持つメモリが乗るのならばM/B上の物理メモリの使い方を変えるかもしれない。
でも今回のRYZENのメモリの気むずかしさ(はソフトウェアである程度解決してくれることを期待して)はメモリの速度や帯域を考慮して設定されているものだとしたら、APUに期待できるかな
2017/03/11(Sat) 04:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155392 
たぶんRYZEN買うのはもうちょっと先になりそうだからZEN2辺りになるんだろうな。
その頃にはOSや各種アプリも最適化されているだろうから見通しは明るいね。
2017/03/11(Sat) 18:39 | URL | LGA774 #HqdWrdHo[ 編集]
155395 
一瞬「Pineapple」かと…

片仮名でピナクルって書くと紙パック入りで有名な某乳酸菌飲料の名前っぽくなるなぁ
2017/03/12(Sun) 07:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155398 
RavenになるとAPUだけで大抵のゲームが快適に動きそうなのが怖い。
2017/03/12(Sun) 17:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155401 
後数年でPS4 pro超の性能になるだろうからそうしたらミニタワーのデスクトップは売却して省スペースPCに乗り換えだ。
2017/03/13(Mon) 03:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155403 
Raven Ridge=Zen CPU+Vega GPUならば、他のAPUを駆逐してしまうだろう。
恐るべし。
2017/03/13(Mon) 08:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155407 
Phenom→Phenom II並みのものが出てくれることを祈ります
2017/03/13(Mon) 20:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155409 
Ryzen 7 1700はきっとRyzen 5 2000より高速なのだろう
2017/03/13(Mon) 22:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155415 
VEGA採用が本当ならHBM2を2GBも載せたらFHDのゲームならdGPU不要になるんじゃないの?
2017/03/14(Tue) 09:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155416 
summit も pinnacle も頂点って意味だからな。
天辺取ったる! って意思が強固に出ていて宜しい。
2017/03/14(Tue) 16:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155419 
Phenom→Phenom II はただのシュリンクですが
まあリアル4コアが1プロセス速過ぎただけなんで大変バランスの良い石にはなりましたね
本来の姿と言うべきか

APUのメモリマネジメントをVega側で統括するならとても面白い事ができそう
AMDが本当にやりたいのはそういうことかもしれません
2017/03/14(Tue) 20:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155421 
AMD版Tick-Tuck戦略だったら面白いけどね
パフォーマンスCPUArc→GPUArc→APU用Arc→パフォーマンスCPUArc→ループ

無駄がないし、Carrizo世代までAPU向けに最適化できていた歴史があるので不思議でもない
2017/03/14(Tue) 20:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
155455 
155419
キャッシュが増えてる上にDDR3への対応もしてるから単純なシュリンクじゃない
2017/03/16(Thu) 00:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8857-a207c844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック