北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Microsoft Lifts the Lid on Some Intel Skylake-EP Details via the Open Compute Project(AnandTech)

ロンドンで開催された“European Digital Infrastructure Summit”でMicrosoftのAzureチームが“Project Olympus”について明らかにした。これは次世代のオープンソースなハードウェア開発のための巨大クラウドハードウェア設計で、Open Compute Project (OCP) とともに用いられる。“Project Olympus”は小ラインプラットフォームの標準化を促進するためのものでもあり、そこでIntelの“Skylake-EP”対応の“Purley”プラットフォームが登場した。

“Key features of the motherboard inculed:”と題された資料にこの“Project Olympus”で言及されたプラットフォームの詳細が記載されています。
 
  • 2 CPUまでの対応
  • 最大32 DIMMを搭載可能
  • 最大12ポートのSATAデバイスに対応
  • 最大3スロットのFHHL PCI-Express 3.0 x16スロット
  • PCI-Express x8 cablingへ対応 (OCuLink)
  • 2本のPCI-Express x8スロットにより2基のM.2モジュールをインターポーザボードの形で搭載できる
  • マザーボードに直接取り付ける形ではM.2モジュールを最大4本搭載可能(PCI-Express 3.0 x4)
  • Server Managementへの対応(AST2500またはそれと同等のもの)
  • 内蔵または後面取り付けの電源ユニット
  • Secure, signed bootへの対応
  • サービス・デバッグのサポート


文字にするとわかりにくいかもしれませんが“Motherboard Layout”と記された資料を見るとマザーボードに搭載されているI/Oがよく分かります。2基のCPUとDIMMスロットはマザーボードの右側に配置されており、左側にPCI-ExpressスロットやM.2スロットなどが配置されています。PCI-Express 3.0スロットはx16形状が3本、x8形状が2本の合計5本が搭載されています。そしてマザーボードの左側と左上に2本ずつ合計4本のM.2スロットが配置されています。下側にはSATAが4ポートあり、その上に隣接するようにおそらくはインターポーザーボード用のコネクタが2本あります(Expansion PCIe SATAと記されている)。

これらをまとめるとPCI-Expressスロットは合計88本があるようで、このことから“Skylake-EP”は1 CPUあたり44本のPCI-Express 3.0レーンを持つのではないかと推測されています。現行の“Broadwell-EP”でも40レーンのPCI-Express 3.0を搭載しており、44レーンという数字は決して突拍子なものではないでしょう。

“Purley”プラットフォームの仕様からはやや外れますがAnandTechではサーバー向けの“Skylake-EP”とハイエンドデスクトップ向けの“Skylake-E(Skylake-X)”の関係についても推測しています。これまでの情報通りであれば“Skylake-E(Skylake-X)”は“Purley”で用いられるLGA3647ではなく、LGA2066と呼ばれる現行のLGA2011-3に近い仕様のプラットフォームになるとされています。このLGA2066に“Skylake-EP”のコアが何らかの形で“Skylake-E(Skylake-X)”として転用されることになると思われますが、LGA2066がどこまで対応するのか―具体的には通例3種類用意されるSmall Core Count (SCC), Middle Core Count (MCC), Large Core Count (LCC) のうちどこまでが搭載できるのかなどまだ分かっていない部分が多分にあります。おそらく“Skylake-E(Skylake-X)”はSmall Core Count (SCC) を転用したものになると思われますが、Middle Core Count (MCC) のダイがLGA2066を用いる“Skylake-W”に持ってくるかどうか、あるいはLGA2066そのものが1-way止まりなのかそれとも2-wayも対応可能なのかなどが今後の注目点になるでしょう。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
154135 
具体的なスペックはまだ分からないみたいですね。プロセッサーナンバーのスペックが分かれば良いのですが・・・
2016/11/03(Thu) 20:39 | URL | Xeon E5使い #-[ 編集]
154136 
オープンそー砂>オープンソースの
かな?
2016/11/03(Thu) 21:10 | URL | LGA774 #/UMzWi8Y[ 編集]
154137 
本文2行目が
「...オープンそー砂...」
になっています。
2016/11/03(Thu) 22:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
154140 
supermicroのxeon phi向けのlga3647マザーはhaswell/broadwell-epで採用されてるc612を流用してるんだよね。phiとsky-epでソケット互換になるのかどうか気になる。
2016/11/04(Fri) 07:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
154141 
オープンそー砂
これは次世代過ぎるw
2016/11/04(Fri) 07:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
154142 
ヒーロー戦記を思い出した
2016/11/04(Fri) 08:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
154147 
Project OlympusでPOWERとかSPARCの動きに追従できれば
またGoogleからも選んでもらえるかな
2016/11/05(Sat) 10:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8744-e6433035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック