北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
GlobalFoundries unveils 7nm roadmap(bit-tech.net)
GLOBALFOUNDRIES will jump directly from 14nm to 7nm(HEXUS)
GLOBALFOUNDRIES Announces its 7 nm FinFET Technology(techPowerUp!)
GloFo confirms it will skip 10nm(Fudzilla)

GlobalFoundriesは9月16日、新たな最先端プロセスとなる7nm FinFETプロセスの計画を明らかにした。
GlobalFoundriesの7nm FinFETプロセスは現在のファウンドリで主流となっている14nm/16nm FinFETプロセスと比較し、2倍以上のロジック密度を可能とし、さらに30%の性能向上を果たす。またこの7nm FinFETプロセスは業界で標準的なFinFETトランジスタアーキテクチャをベースとし、現在の光学リソグラフィに加え、重要な部分ではEUV露光技術にも対応できる。
 
GlobalFoundriesが14nm FinFETプロセスの次として10nm FinFETではなく7nm FinFETプロセスに直接移行する事は少し前から明らかにされていました。今回はその7nm FinFETプロセスの計画がもう少し掘り下げて説明された形となります。GlobalFoundriesは7nm FinFETプロセスは息の長いプロセスになるだろうと考えており、他社の最先端プロセスに対して優位性を持つことが出来るだろうと述べています。またかつてのIBMの研究グループがGlobalFoundiresで研究を続けており、新たなスキルと新たな技術が7nmプロセスやその先においての研究加速に役立つとしています。

最後に7nm FinFEtプロセスの時期的な話ですが、lead customerからのIPを受けたテストチップの製造については既にFab.8で開始されており、顧客の製品デザインが開始されるのが2017年下半期、risk productionの開始が2018年初めを予定しています。

このGlobalFoundriesの7nm FinFETプロセスを利用する顧客としてはまずAMDが挙がるでしょう。現在AMDはGlobalFoundriesの14nm FinFETプロセス(14LPP)でGPUを製造しており、CPUとAPUについても14LPP世代の製品が2017年に予定されています。この14LPP世代のCPU/APUが言わずとしれた“Zen”で第1弾のデスクトップ向け8-core CPUが“Summit Ridge”です。“Zen”の次の世代については“Zen+”とだけ言われており、14nm世代をもう1度挟むのか一気に7nmに移行するのかは不明ですが、どこかの段階で7nm FinFETプロセスに移行する事になるでしょう。GlobalFoundriesでは7nm FinFETプロセス製品のrisk productionを2018年初めと述べており、この通り順調に進めば2018年後半~2019年初めにはAMDから7nm FinFETプロセス製品が登場することになります。Intelのプロセス進化が鈍化しているため、GlobalFoundriesの7nm FinFETプロセスの進捗具合によってはAMD CPU/APUで使われているプロセスの方が数字の上では進んでいる、ということが起きるかもしれません(とはいえ、最近のプロセスはいろいろとややこしく、同じXXnmプロセスでも単純比較が出来ないことが多いが)。




PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
153739 
>2倍以上のロジック密度を可能とし、
この時点で実質10nmなのが確定ですわ
2016/09/17(Sat) 22:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153744 
ちょっと気になったので
lead coustmerは、customerの間違いでは
2016/09/18(Sun) 04:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153746 
7nmなんて順調に進めるとは思えないんだよなあ。
件のPS4の新モデルたちなんて16nmって言ってるしGFじゃないのかってのが第一印象

プロセス微細化進んでもリーク電流回避できても、次の障害の量子ェ
2016/09/18(Sun) 05:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153748 
GlobalFoundries関連の情報は大体GF(仮)と書くと納得できる
2016/09/18(Sun) 09:46 | URL | LGA774 #2DdjN05.[ 編集]
153753 
つまり次の世代のzenは1チップ16コア、Radeonはシェーダ15000基とかに…
最近はそれをやってもそんなに安くはならないらしいが、さてはて
2016/09/19(Mon) 09:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153754 
GF自身が発表した通りプロセス名では2世代分進んでますが実際には一世代ですね
もともと14nm世代が実質20nmFinFETでIntelの14nmに大きく劣ってましたから
7nmで一世代進んでもIntelの10nmには遠く及ばないプロセスということです
TSMCが騒いでる5nmもハーフノードでしょうからここでようやくIntelの10nmに追いつく程度ですね
2016/09/19(Mon) 10:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153758 
実質実質いうけどそれって単にIntel基準ってことでしょ
2016/09/19(Mon) 22:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153760 
プロセスが一世代進むと集積度は2倍になるわけだからIntelは関係ないですね
2世代分プロセス名を進めてるのに密度が2倍にしか増えてないのがインチキということです
じゃあGFやTSMCサムスンのいう7nmがなにを表わしているのかというと単なる名称でしかありません
プロセスノードとはまったく関係ないただの型番ですね
2016/09/20(Tue) 01:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153763 
装置作ってるASMLが言ってるのが標準ノード。
それ基準だとIntelの14nmが13nmでGFの14nmが17nm
Intelの10nmが9.5nmでGFの7nmが9.2nm。
2016/09/20(Tue) 07:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153772 
2018年後半~って事はどうせ2020年とかだね
2016/09/20(Tue) 19:52 | URL | LGA774 #wkZGEOsY[ 編集]
153774 
>153760
いや、その密度が倍=次世代というのがそもそもIntel基準なのでは?という素朴な疑問
2016/09/20(Tue) 23:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153784 
プロセス進化が鈍化したのはIntelだけじゃないよ
22nm/20nm中止してまで頑張ったのに14nmに苦労してるGF
10nm飛ばしても7nmは相当苦労するでしょうな
結局、Intelとの差は縮まらないだろう
サムスンに助けてもらってこれだもんな

2016/09/21(Wed) 23:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153791 
GFって32nmを最後にプロセス開発にまったく成功してないよな。
何も信用できない。
2016/09/23(Fri) 18:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8696-fb5cc216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック