北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Announces 7th Gen Kaby Lake: 14nm PLUS, Six Notebook SKUs, Desktop coming in January(AnandTech)
Intel 7th Generation Core Processor: Kaby Lake Revealed(PC Perspective)

昨日、“KabyLake”の最初のラインナップとしてCore i7 7500U, i5 7200U, i3 7100Uの3種類のU series Processorと、Core i7 7Y75, i5 7Y54, m3 7Y30の3種類のY series Processorが発表されました。

この“KabyLake”に関して海外メディアにIntelの資料がいくつか掲載されており、その中に興味深いものが見られたので紹介します。

まず1枚目のスライドは“Meet The New 7th Generation Intel(R) Core(TM) Processors”と題されたスライドです。右側には2-core+GT2のものと思われる“KabyLake”のダイ写真が配置されています。
そしてNowの項目には、4.5W~15Wの新型Core processorを登場させ、2 in 1や超薄型ノートPC用としてコンシューマ向けおよび小規模ビジネス向けに驚くべきパワーを有していると解説されています。そして2016年第4四半期までに100以上の搭載製品が登場するとしています。
 
その下の項目は“January”となっており、2017年1月の動きを示したものとなっています。まず追加のラインナップとしてエンタープライズ、ワークステーション、Iris Graphics搭載モデル、エンスージアスト向けノートPC用、デスクトップ向けが登場すると述べています。おそらくエンタープライズ・ワークステーションは“KabyLake”世代のXeon E3-1200 v6 seriesを示しているものと思われます。エンスージアスト向けノートPC用は“H series”、デスクトップ向けはCore i7 7700Kやi5 7600Kを初めとする“S series”を指しているとみて間違いないでしょう。つまり自作PC向けに“KabyLake”が出回るのは来年1月となります。1月の項目にはこれに加えて、100以上のデザインが追加のフォームファクタにより登場すると書かれています。

2番目のスライドは“Architecture & 14nm+ Fuels Performance Gains”と題されたスライドです。左側にはウエハの写真が配置されています。このスライドに書かれている項目は非常にシンプルで、フィンのプロファイルの改良、トランジスタチャネルの歪みの改良、設計・製造の統合の3項目が白字で書かれ、橙字でおそらくは上記3項目の改良により12%のプロセス性能の向上を成し遂げ、最先端Processorを支えるものになると書かれています。

では14nm+とは何かという話になりますが、名称からして14nmプロセスを改良したものと考えて間違いはないでしょう。そしていくつかのメディアでは“KabyLake”に14nmプロセスの改良版である14nm+プロセスが使用されていると述べています。そしてこの14nm+により“KabyLake”では“Skylake”と同等のTDPでより高い周波数を達成できたとしており、TurboBoost時で300~400MHzほどの高周波数化を実現したのではないかと述べています。

一方、“KabyLake”で“Skylake”から変化していないものとして、CPUのマイクロアーキテクチャが真っ先に挙げられており、“KabyLake”のIPCは“Skylake”と変わらないとPC Perspectiveでは断定しています。つまり“KabyLake”世代での性能向上は周波数の向上によるものと言うことになります。また先日のImpress PC Watch等の記事によると、GPUそのものも“Skylake”と同じ第9世代のもので、エンコード・デコード機能などのマルチメディア関係には手は入っているものの、GPUそのもののグラフィック性能は同周波数・同EU数であれば変化はないと思われます。

一方、“KabyLake”で改良されたものはマルチメディア機能の他に、“Speed Shift technology”があります。“Intel(R) Speed Shift(TM) technology - Making Apps Snappier ”と題されたスライドにそれが描かれています。Speed Shift technologyは大ざっぱに言ってしまうとよりきめ細かに周波数を制御する技術です。P stateはBIOSで決定されますが、Speed ShiftはOSが管理し、部分的ないしは全体的にCPUの周波数制御を行います。結果、より細かい段階で周波数制御が可能となります(ただしOSの対応が必要で、Windowsの場合はWindows 10が必要となる)。この機能は“Skylake”から搭載されていますが、“KabyLake”ではより性能が向上するように改良が施された模様で、Intelのスライドを見ると“Skylake”よりも“KabyLake”の方がより細かくそしてより高く周波数を保持する傾向が見て取れます。

現在はまだMobile向けのわずか6種類にとどまる“KabyLake”ですが、来年1月には大幅にラインナップを増やすことになりそうで、実質来年1月から“Skylake”からの世代交代が始まることになるでしょうか(しかし、事前情報では“Skylake”比で10%のIPC向上と言われていたが、実際の“KabyLake”ではマルチメディア機能を除き、CPUおよびGPUのアーキテクチャそのものにはほとんど手を入れてこなかったのは意外であった。ひょっとすると“KabyLake”では14nm+での生産が主眼で、CPU/GPUアーキテクチャの小改良は(もしあるのならば)4番目の14nm CPUとなる“CoffeeLake”でやるのかもしれない。そう思うと“CoffeeLake”はこころがぴょんぴょんするCPUになりそうだ)。

(過去の関連エントリー)
“KabyLake-U”および“KabyLake-Y”が正式発表される(2016年8月30日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
153579 
Speed Shit Technologyについクスッとしてしまった。
2016/09/01(Thu) 04:55 | URL | LGA774 #20uWF0tQ[ 編集]
153583 
Speed Shitワロタ
ささっと直しちゃってくださいまし
2016/09/01(Thu) 09:49 | URL | LGA774 #c7k2OGQI[ 編集]
153588 
>一方、“KabyLake”で“Skylake”から変化していないもんとして

もんとして、になんかワロタ
2016/09/01(Thu) 19:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153592 
CoffeeLakeは4コアでも6コアでもなく5コアさんで
2016/09/01(Thu) 21:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153595 
Skylake-Xはどうなるんだろ
わざわざ改良前の14nmのプロセス使わないよね。
ということはGPU無いから実質Kabylakeになるってこと?

ハイエンドのアーキテクチャ一周遅れ解消だと嬉しい
2016/09/02(Fri) 09:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153608 
win7の俺無事脂肪
2016/09/04(Sun) 04:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8685-e2320e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック