北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Announces Radeon Pro WX Series: WX 4100, WX 5100, & WX 7100 Bring Polaris to Pros(AnandTech)
AMD introduces new professional graphics(DigiTimes)
Radeon Pro Solid State Graphics keeps big data close to the GPU(The Tech Report)
AMD is "Breaking the Memory Barrier" with the Radeon Pro SSG(HEXUS)
AMD Radeon Pro SSG flash-based memory to boost graphics performance(Guru3D)
AMD Announces Radeon Pro WX Series Graphics Cards(PC Perspective)
AMD Introduces Radeon Pro SSG: A Professional GPU Paired With Low Latency Flash Storage(PC Perspective)
AMD Announces the Radeon Pro SSG(techPowerUp!)
AMD、ビデオカード上にSSDを載せた「Radeon Pro SSG」(Impress PC Watch)

AMDは7月26日、Radeon プロSolid State Graphics (Radeon Pro SSG) を発表した。このRadeon Pro SSGは大容量のデータセットを扱うソリューション向けとされ、現行のGPUと比較して遙かに大容量のメモリ容量を確保することにより、高性能を狙ったものである。

遙かに大容量のメモリ容量とありますが、具体的には1TBのSSDをPCI-Expressで接続し、これをフレームバッファとして使用します。このため、GPUはCPUを経由することなくまずこの大容量フレームバッファを参照し、そこにデータがないときにだけCPUへデータをリクエストするようになるため、大幅な速度向上を期待できるとしています。
 
一方で、このRadeon Pro SSGに使用されているGPUコアは何か(“Polaris”世代ではあるらしい?)、GPUがどのようなスペックを持っているか、メモリ階層は具体的にどうなっているのかなど詳しいことについては明かされていません。

Radeon Pro SSGは$9999となり、2016年末より出荷、2017年に大量生産に入る模様です。

この他、“Polaris”世代のProfessional向けグラフィックカードとしてRadeon Pro WX7100, WX5100, WX4100が発表されています。スペックは以下の通りとなります。

Radeon Pro
WX7100WX5100WX4100
GPUコア
製造プロセス
Polaris 10 / 14nm FinFETPolaris 11
14nm FinFET
Compute unit322816
StreamProcessor204817921024
コア
周波数
Base****MHz****MHz****MHz
Boost>1200MHz>1200MHz>975MHz
搭載メモリGDDR5 8GBGDDR5 8GBGDDR5 4GB
メモリ周波数****MHz
(****MHz)
****MHz
(****MHz)
****MHz
(****MHz)
メモリインターフェース256-bit256-bit128-bit
TDP
PCIeコネクタ
150W?75W?75W?


ブランド名は今までのProfessional向けで使われていたFireProではなくRadeon Proとなっています。まずRadeon Pro WX7100とWX5100は“Polaris 10”を使用したカードとなります。Radeon Pro WX7100は32 Compute Unit / 2048 Stream Processor となり、演算性能は5TFlopsに達するとしています。
掲載されている写真を見ると今回発表されたRadeon Proは3種類とも1スロット仕様のカードとなります。Radeon Pro WX7100はTDP150W以下となる見込みです。

Radeon Pro WX5100はW7100同様“Polaris 10”を使用しますが、Compute unit数はさらに少ない28基となり、StreamProcessor数も1792となります。その代わり、消費電力も低減され、カード超はRadeon Pro WX7100よりも短く、TDPは75W以下となるようです。
Radeon Pro WX7100とWX5100は出力としてDisplayPort 1.4×4を搭載します。

Radeon Pro WX4100は“Polaris 11”を使用しますが、Compute unit数は16、StreamProcessor数は1024とおそらくは“Polaris 11”のフルスペックのコアを使用する製品となります。カードはロープロファイル仕様で1スロットとなり、出力はminiDisplayPort×4となります。またTDPも75W未満となります。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
153217 
ブランド名を全部Radeonに統合するのか
2016/07/27(Wed) 08:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153218 
TDPが不可思議な数字になっていることを除けば、RXシリーズと似たような感じのスペックになってるな。まあ元のGPUが一緒だから当たり前なんだけど。

そしてPolaris11のフルコア版がここでお披露目されるとは思わなんだ。RX460がダイカットされてることについて、歩止まりだけのためにフルコア版一切なし、というのも不思議に思ってたけど今回のこともあったのね(どれだけ出荷するのかはわからないけど)
2016/07/27(Wed) 10:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153228 
製品の寿命短いだろうなぁ、というのはともかく、この技術を考えたAMDに今回ばかりは賛辞を贈りたい。へんたいだー!
2016/07/28(Thu) 19:37 | URL | LGA774 #Kmmit3wQ[ 編集]
153236 
Polaris11の本命はこっちだったか

せっかくの並列コンピュート機能を強化させた第一段アーキテクチャだし何かしらはやるとは思ってとけど、ProfessionalユースのRADEONシリーズをFireProから置き換えるつもりだろうか
2016/07/29(Fri) 08:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153237 
基本的にデータを読みながら書くダーティアクセスになるだろうけど
それなら全データをDDR4に読み込んでからPCIeでアクセスするほうが速いはず。
一体誰得よ?
2016/07/29(Fri) 08:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
153242 
5100をロープロ2スロットにすれば
最強だったのに
2016/07/29(Fri) 16:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8650-9f8c6d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック