北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Model numbers of Apollo Lake processors revealed(CPU World)

6月7日付のProduct Change Notificationに未発表のPentiumおよびCeleronのモデルナンバーがあった。

そのナンバーが以下となります。
 
ModelPart numberS-Spec
Pentium N4200FH8066802979703SR2Y9
Pentium J4205FH8066802986200SR2YE
Celeron N3450FH8066802979803SR2YA
Celeron N3350FH8066802980002SR2YB
Celeron J3455FH8066802986102SR2YD
Celeron J3355FH8066802986000SR2YC


型番は現行の“Braswell”(=“CherryTrail”と同系列の低消費電力・低価格デスクトップ・Mobile向けCPU)と似ており、これだけではスペックどころか使用されているコアもわかりませんが、Part numberの“80668”は次世代の低消費電力・低価格プラットフォームを担う“Apollo Lake”を示しているのではないかと指摘しています。

“Apollo Lake”は“Braswell / CherryTrail”と同じ14nmプロセスで製造されますが、使用されるCPUコアは“Airmont”から“Goldmont”に更新され、またiGPUの強化も行われます(第9世代のGraphics coreが採用される予定)。

(過去の関連エントリー)
“Apollo Lake”は“Braswell”から30%の性能向上を実現する(2016年6月7日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
152741 
NシリーズとJシリーズということは、やはりノート向けやマザーボード内蔵用のCPUだろうか。

でもApolloLakeはatomの名前がついた製品が出ないとも言われてるし、これを低価格タブレットにも搭載する予定なんだろうか?
2016/06/15(Wed) 10:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8591-d317116b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック