北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Toshiba Announces Dual-port Functionality on OCZ Z-Drive 6000/6300 NVMe U.2 SSDs(techPowerUp!)
Toshiba Dual-port Functionality on OCZ Z-Drive 6000 and 6300 NVMe U.2 SSDs(Guru3D)
OCZ、デュアルポートで2台のホストに同時接続できるU.2 SSD(Impress PC Watch)
Z-Drive 6000/6300 - NVMe (PCIe) Enterprise U.2 SSD(OCZ)

東芝は3月11日、OCZ Z-Drive 6000 NVM Express (NVMe) Solid State Drive (SSD) を発表した。このZ-Drive 6000 seriesの特徴としてDual-port connectionがあり、2つのホストシステムを1つのZ-Drive 6000 series SSDに接続し、ストレージのデータを共有することが出来る。
 
Z-Drive 6000 seriesは読み込みに特化したZ-Drive 6000とRead/Write向けのZ-Drive 6300, Z-Drive 6300 Max Capacity、そしてPCI-ExpressインターフェースでHHHL版となるZ-Drive 6300 AICがラインナップされます。容量は800GBから6.4TB、使用されるNANDフラッシュは東芝A19nm MLC NANDまたはeMLC NANDとなります。

Dual-port connectionはU.2インターフェースを2つ備えるもので、これを使用して2代のホストから同時アクセスし、データを共有することが可能です。U.2インターフェースはPCI-Express x4レーンを2分割して使用する模様です。

スペックは以下の通り。

容量SequentialRandom 4K
ReadWriteReadWrite
Z-Drive
6000
800GB2.2GB/s1.2GB/s575K IOPS110K IOPS
1.6TB2.7GB/s1.8GB/s700K IOPS150K IOPS
3.2TB2.7GB/s1.7GB/s700K IOPS140K IOPS
Z-Drive
6300
800GB2.0GB/s0.9GB/s570K IOPS85K IOPS
1.6TB2.7GB/s1.5GB/s700K IOPS140K IOPS
3.2TB2.7GB/s1.4GB/s700K IOPS125K IOPS


OCZのWebサイトにはもう少し詳しいスペックが記載されていました。いずれもインターフェースはNVMe 1.1 Gen 3 x4でPCI-Expressスロットに接続するZ-Drive 6300 AIC以外はU.2のDual-port connectionを備え、Gen. 3 4レーンを2レーン×2として使用します。使用されるNANDはZ-Dirve 6000が東芝A19nm MLC、Z-Drive 6300が同A19nm eMLCとなります。耐久性はZ-Drive 6000とZ-Drive 6300 Max Capcityが1 DWPD/5 years、Z-Drive 6300とZ-Drive 6300 AICが3 DWPD/5 yearsとなっています。

OCZのWebサイトを見ても分かるとおり、明らかに一般向けではないため、これを自作PCで使用する場面は少ないでしょう(しかしこういうのを好む怖い方々も確実にいる)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
151738 
本当なんだろうかこれ・・・
OSでのバッファリング含め排他制御どうなるんだろう
2016/03/13(Sun) 19:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151744 
で、共有って、無理でしょ?
片方のOSともう片方のOSで同じドライブのイメージ(メモリにキャッシュされているもの含んで)が共有されてるはずないし。
2016/03/13(Sun) 22:04 | URL | a #-[ 編集]
151750 
gfs2/ocfs2でも使用するというのか
2016/03/13(Sun) 23:36 | URL | LGA774 #nLnvUwLc[ 編集]
151760 
たぶんSSD側にNASとしてのマイコンでも仕込んであってホストOS側には専用ドライバを入れてネットワーク越しであるかのように認識させるんじゃないかなぁ?
2016/03/14(Mon) 05:30 | URL |   #-[ 編集]
151767 
drbdみたいな仕組みで片方のインターフェースが爆発したとき
もう片方でattachできるとかそういう?
2016/03/14(Mon) 15:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151769 
主目的はデータ共有でなくてアクセス経路の冗長化だそうだが、
経路の遅延を考えると必ずしもドライブに要求が来た順序で
それぞれのホストが命令を発行しているとは限らないし。。。
2016/03/14(Mon) 16:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151771 
>2台のホストから同時にアクセスして共有することが可能

明記してあるからには事実として受け止める
どうやって実現してるのか興味あるな
2016/03/14(Mon) 17:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151772 
パーティション3つに分けて録画鯖とエンコPCで共有領域にアクセスすれば10GbitLANも要らなくなるな
2016/03/14(Mon) 17:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151774 
Shared SAS/SCSIとか今に始まったことじゃないだろ
2016/03/14(Mon) 18:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151780 
>151774
ありゃ装置側でShareを行っているんであって、こちらはDisk単体での話しっしょ。
2016/03/15(Tue) 06:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151796 
>151780
何の対策もなしに同時アクセスすれば、SAN構成だろうが何だろうが壊れるよ
OS・ファイルシステム側の何らかの調停が必要なのは同じ
2016/03/16(Wed) 10:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8477-02a0000a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック