北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Radeon R9 Fury X2 still on track, Polaris coming mid-year(VideoCardz)
AMD confirms Polaris for the mid-year(Fudzilla)
AMD Reddit AMA: Polaris arrives mid-2016, Fury X2 is on-track(HEXUS)

3月3日にReddit discussion siteにおいてAMD AMA (Q&A) sessionが開催された。Redditのユーザーは今後のGPUについていくつかの質問をした。

ただ、その回答内容自体は今までの話と大きく変わるものではなかったようです。
 
まず2015年第4四半期から後ろにずらされたという経緯を持つRadeon R9 Fury X2ですが、これに関してはVRシステムの準備が遅れたためにリリースが見送られただけであり、Radeon R9 Fury X2自体は順調であるとしています。そして昨年末に動作サンプルを顧客に送っったところその反応は非常に良いものであったと述べています。

次に“Polaris”ですが今年中盤とこれもあまり変わりません。Radeon R9 490が14nmプロセスであるか?という質問に対しては“Polaris”は14nmであるという回答でかわされています。

“Polaris 11”と“Polaris 10”という名が公式から出てくる前の時期に、次世代GPUのコードネームとして“Greenland”、“Ellesmere”、“Baffin”というコードネームが伝えられましたが、これらと“Polaris 10, 11”との関係については、答えることは出来ないとされ、あくまでも“Polaris 10”は“Polaris 10”、“Polaris 11”は“Polaris 11”であり、他の名前はないという回答でした 中の人などいない!

先日、VESAからDisplayPort 1.4が発表されましたが、これへの対応の有無については、具体的に“Polaris”がとは述べていませんがこれから出る製品はDisplayPort 1.3までの対応であるとしています。これは規格策定からチップの設計・製造・試験に12~18ヶ月のタイムラグを要するからだと述べています。

時期的なものについてはほぼ今まで通りであり、“Greenland”、“Ellesmere”、“Baffin”と“Polaris”の関係はぼかされました(当然のことであろうが)。

他に出ている情報としては“Polaris 11”がどうやらダイサイズ232mm2で、“Polaris 10”が“CapeVerde”(123mm2)同等のサイズであるという話があります。14nmLPPの232mm2に“Fiji”のトランジスタ(89億)数より若干少ない86億のトランジスタを詰め込もうとすると密度が“Fiji”の2.48倍となり、なんとも微妙なラインです。“Hawaii”は確実に超えられるでしょうが、“Fiji”を超えるかどうかはアーキテクチャの改良度合い次第のように思えます。

ここから先は全く根拠はないですがRadeon R9 Fury系のラインナップは“Polaris 10”よりもさらに大型のダイが出せるようになるまで“Fiji”で続投、“Polaris 10”はRadeon R9 490X/490として投入され“Hawaii”を置き換えるのではないでしょうか(ただ、大型の“Polaris”はFuryのラインだという発言もあるのでこの予想はかなり怪しい)。“Polaris 11”は性能次第ですが“Tonga”を超える性能でなければRadeon R9 470X/470として(この場合、R9 480X/480は“Tonga”続投。場合によっては384-bitメモリインターフェースが解放される可能性も?)、超えられればRadeon R9 480X/480として登場し(こちらの場合は“Tonga”のスペックをやや絞って省電力化しR9 470X/R9 470とする)、いずれにせよ陳腐化している“Pitcairn”を置き換えることになるでしょう。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
151608 
14nm世代で300mm2を超えるサイズは来年以降ですかね。
2016/03/05(Sat) 17:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151627 
MCMだけどSWから見ると完全に1個のGPUとして振る舞うとかいう新技術を隠してたりして
2016/03/05(Sat) 22:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151629 
当面のハイミドルは230mm2程度でいいからHBM2で4GB程度にして
デュアルチップにするのがいいだろう
DirectX12世代がようやく主流になるだろうし
11以前の世代でもCFXはちゃんと使えるからだ
2016/03/05(Sat) 23:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151631 
ひとまず現行世代と同じ性能をコンパクトにまとめてHBM2でメモリ強化ってかんじっぽい?
2016/03/06(Sun) 00:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151637 
数字シリーズにHBM2が降りてきたらfuryシリーズをわざわざ作った意味が無くなるのでPolaris11はそのままfuryシリーズの後継になると思う。
2016/03/06(Sun) 02:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151643 
おいおいHBM2をAPUにまで浸透させたい立場なんだぞAMDは
コストの問題で現状は無理だとしても
今後もFuryにのみ採用なんてルールは決めていないだろう
HBMは最大容量でないと帯域を確保できなかったが
HBM2は4GBで1TB/sも8GBで512GB/sもできて自由度が高いんだ
2016/03/06(Sun) 08:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151675 
なんでそんな勘違いしてるのかわからんけどHBM2で2GBスタックを2つ接続しても帯域は512GB/s
16GbpsのGDDR5Xを256bit接続したのと同じ
2016/03/08(Tue) 21:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8464-8617f1c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック