北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD’s flagship Polaris card may cost $1,700(VR-Zone)
$1700 AMD Polaris Next Generation Graphics Card Spotted In Shipping Database(WCCF Tech)
Another sign of life from AMD Polaris generation - with a 1,500-euro card(3DCenter.org)

AMDは1月に14nm FinFETプロセスを用いる“Polaris”アーキテクチャを発表した。この“Polaris”アーキテクチャを使用したグラフィックカードは今夏のどこかでローンチされると見込まれる。現時点ではどれほどのカードがローンチされるかはまだわかっていない、少なくとも3種類―エントリーレベル、ミドルレンジそしてフラッグシップに相当する製品は登場するのではないかと予想されている。

そして今回、そのフラッグシップに相当するカードが“Zauba”のデータベースに掲載された模様です。
 
“Zauba”には“Printed curcuit board assembry (Video graphic card) P/N 102-C99398-00 (FOC)”という記載があり、ユニットの価格は$1700となるようです。
その価格からこのカードはフラッグシップの製品で、かつDual-GPUカードである可能性が高いと推測されています。

WCCF TechではP/Nのうち“C99”がGPUの種類を示していると述べており、これまでには“C98”、“C92”、“C91”というものがZaubaのデータベースで見られた模様です。

公式には“Polaris”は“Polaris 10”と“Polaris 11”の2種類があり、“Polaris 10”がデスクトップ用ミドルレンジ向け兼ノートPC用ハイエンド向けとなるいわば中位のコアであるのに対し、“Polaris 11”はRadeon R9 Fury Xの後継となるフラッグシップのコアとなります。価格から考えても今回のものは“Polaris 11”を搭載するものとなるでしょう(WCCF TechではC91とC92が“Polaris 10”、C98と今回のC99が“Polaris 11”に相当するのではないかと述べている)。

通例ならば1つのダイから2つ以上のSingle-GPUカードが派生するため、“Polaris 10”からはRadeon R9 480X/R9 480(どちらも私が勝手につけた仮称であり、480X/480というナンバーに根拠はない)、“Polaris 11”からはRadeon R9 Fury II X / R9 Fury II(のR9 Fury II X/R9 Fury IIも全く根拠のないものである)のように、少なくとも2種類のSingle-GPUカードが登場するはずです。そしてこれに加えて“Polaris 11”を使用したDual-GPUカード―Radeon R9 Fury II X2(仮称) が最上位に据えられるのではないでしょうか。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
151406 
SFRでマルチGPUが効果的になるみたいな話がでてから1年くらい、ほとんど音沙汰無いけど
今年はDirectx12対応タイトルが一気に増えそうだし期待していいのかなぁ
ハイエンドはVRAM増えても意味ないだろうけど、従来のAFRではあった遅延が無くなるのは大きいかな
そもそもハイエンドのシングルGPUカードすら高すぎて購入をためらうレベルだけど
2016/02/11(Thu) 07:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8427-44ae5910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック