北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD has two Polaris FinFET GPUs in development(VideoCardz)
AMD Unveils “Polaris 11” And “Polaris 10” GPUs – To Deliver The “most revolutionary jump in performance so far”
(WCCF Tech)

CES 2016でAMDは次世代GPUとして“Polaris”を明らかにしました。“Polaris”はFinFETプロセスで製造される第4世代のGraphics Core Nextアーキテクチャとなりますが、その内容は大幅に刷新されるとされる模様です。
またCES 2016では“Polaris”のEarly Siliconを用いた競合製品(GeForce GTX 950)との比較デモが行われ、同等のフレームレートとなるゲームを動作させたときにおいて競合製品が140~150Wであるのに対し、“Polaris”は85W前後と電力効率で勝る様子が示されました。

この“Polaris”ですが、AMD Radeon Technology GroupのRaja Koduri氏によると、“Polaris 10”と“Polaris 11”の2種類があり、前者はデスクトップのミドルレンジ向け兼ノートPCのハイエンド向け、後者はRadeon R9 Fury Xの後継となるエンスージアスト向けとなるようです。
 
AMDはFinFETプロセスのGPUとして2種類を開発している。どちらも非常に高率に優れたGPUで、“Polaris 10”と“Polaris 11”がある。これらは今までで最も革新的な性能の飛躍となるだろう。我々は“Polaris”において多くのブロックを再設計した。メインProcessorも再設計され、新しいGeometry Processorも搭載した。そして完全に新しくなった第4世代のGraphics Core Nextは大幅な性能向上を果たした。もちろんMulti mediaコアやDisplay Engineも新しくなっている。

上はRaja Koduri氏の説明をそのまま引っ張ってきたものです。“Polaris”が2種類あることに加え、既報の通り各ブロックが再設計され新しいものとなること、大幅な性能向上が果たされることが説明されています。またAMDがここ最近のGPUにおいて強調している4Kへの取り組みの一環としてHDMI 2.0のサポートが挙げられています。

ここからはVideoCardzの予想となりますが、これらの“Polaris”はHBM 2またはGDDR5どちらかのみをサポートすると予想され、ハイエンド向けがHBM 2を、ミドルレンジ向けはGDDR5を搭載するだろうと述べています(妥当な予想だろう)。またデスクトップ向けではハイエンドとミドルレンジが置き換え対象となりますが、“Fiji”はおそらくRadeon 400 seriesに使われることはなく、また4年前の設計である“Pitcairn”も引導を渡されるのではないかと述べています。ただ“Hawaii”と“Tonga”については比較的設計が新しいため、どうなるかは読めない様子です(性能や消費電力的には“Fiji”―というかRadeon R9 Nanoやあるいはその派生品(Radeon R9 Fury並のスペックでNano並に消費電力を抑えたもの??)を生き残らせた方が良さそうにも思えるが、ハイエンド向け“Polaris”の2番手の製品として位置づけるとすると、ダイサイズやHBM 1などがコスト高の要因となってしまうだろうか。“Tonga”は続投するとすると今度こそ384-bitメモリインターフェースが有効化・・・されるだろうか?)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
151226 
Polaris10がGDDR5サポートで400シリーズになって
Polaris11がHBM2搭載のFuryシリーズになるのかな
なんにしてもR9 Nanoはもうちょっと長生きしてほしい
2016/01/18(Mon) 00:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151227 
Fiji→Polaris 11 Hawaii→Polaris 10 Tonga→Tonga(384-bit?)って感じかな
HBM1はあくまでHBM2までの繋ぎってことで、残したくはないんじゃないですかね?
Hawaiiも微妙な位置になりそう。ワッパ良くないし
2016/01/18(Mon) 00:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151228 
おそらく14nmでfiji級の弩級ダイサイズを出すのは当面無理なので
28nmで言うtahitiクラスをハイエンドとして出してくるのがセオリーだと思う

そのGPUが果たしてどれほどの性能を出してくるのか楽しみだ
2016/01/18(Mon) 00:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151230 
7790の後釜が来るのか
胸熱
2016/01/18(Mon) 07:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151231 
設計変更分でどれだけ効率上げられるかに注目してる
2016/01/18(Mon) 10:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151232 
またミドル以下はリネームか
2016/01/18(Mon) 12:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151233 
ミドル向けはGDDR5止まりなのかな?だとしたらミドルでもGDDR6?を積むNvidiaのほうが良いな
2016/01/18(Mon) 13:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151235 
記事によると写真は撮れなかったけどGPUを見ることは出来たらしくGPUは2種類あって1つはcape verdeと同じくらいのサイズ(123m㎡)のpolarisでもう1つの大きいpolaris(サイズ不明)はFuryシリーズの後継になるとのことだからHBMまで含めてHawaiiくらいだと思う
2016/01/18(Mon) 14:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151236 
Polaris 10はリンク先だと120mm2程度しかなかったとあるので
400シリーズやHawaii後継にはならないのでは?
2016/01/18(Mon) 19:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151237 
今まではハイエンドを出さずにTahitiクラスばかり出してたから競争に負けて失敗してたからな
今回は反省をしたんだろう、最初からハイエンドを出すって昔から言ってたよ
2016/01/18(Mon) 19:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151238 
というか、FinFETとHBMは今後NVも導入してくる技術なので、正直この部分での性能アピールをされても白けてくるんだが・・・。

Polarisでの再設計が、こうした要素抜きで性能向上をもたらすことを期待したいわ。
2016/01/18(Mon) 23:03 | URL | LGA774 #9zOzYU0I[ 編集]
151242 
2048SPクラスがミドルレンジになるといいなあ
2016/01/19(Tue) 20:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151245 
ファンレスのいいやつ出てほしいな。
2016/01/20(Wed) 07:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151247 
HBM2なんだろうけど、何粒載るんだろうか?
最上位は4粒なんだとは思うけど、ハイクラスエントリーに2粒とかの可能性は無いのかね?
HBM2が2粒でHBM1が4粒の帯域になるんだし、それでもGDDRより恩恵あるしで
良いバランスだと思うんだけど。

Furyシリーズの価格帯は普及させるには高すぎるし、
5万前後のボードにもHBMの恩恵が欲しい。
2016/01/20(Wed) 12:03 | URL | LGA774 #NkOZRVVI[ 編集]
151267 
Tonga継続濃厚か
Polaris 10はあのダイサイズで3000~4000SP、512bitGDDR5 or 256bitGDDR6(5X)だったりするんだろうか
2016/01/22(Fri) 13:52 | URL | LGA774 #djiDnZP2[ 編集]
151273 
もうHD5800が悲鳴あげてるから16nm早くしてぇ・・・
2016/01/23(Sat) 22:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151302 
AMDに一月くらいテープアウトを先行させたNVIDIAでも6月とかいう噂だったからだいぶ先は長いな
2016/01/29(Fri) 06:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151324 
Polaris 10は、Cape Verde位のチップサイズという話なので、多分Pitcairnレベルのチップだと思う。

Cape Verde → 640sp

28nmから14/16nmへのプロセス移行で、トランジスタ密度が2倍程度になるとか。
 (ソースはhttp://ascii.jp/elem/000/001/105/1105884/index-3.html)

なので、Polaris 10 は

640 × 2 = 1280

のSP数になると予想。
となると、もう一つのチップは現Pitcairnの後継チップだろうか。
そちらは、SP数が倍になると

1280 × 2 = 2560

になるので、Hawaiiに少し届かないくらいか。


2016/02/04(Thu) 00:10 | URL | 通りすがりの者 #qbIq4rIg[ 編集]
152322 
トンガは問題抱えてるみたいだから嫌だな
2016/05/08(Sun) 03:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8409-ff9492ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック