北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Up to 22 nuclear, Broadwell Xeon E5 v4 models, mostly low-multicore(Chiphell)
E5-2680 V4 QS 2.4G Turbo 3.2G 14-core 28 thread catch E5-2666 2695 2697(Taobao.com)
Intel Broadwell-EP Xeon E5-2600 V4 Lineup Leaked – Xeon E5-2699 V4 To Feature 22 Cores, 44 Threads and 55 MB Cache(WCCF Tech)

先日、Taobao.comという中国語のWebサイトに“Broadwell-EP”世代のXeonとなるXeon E5-2698 v4のスペックが掲載されていたのを紹介しました。

この時明らかにされたXeon E5-2698 v4のスペックは20-core/40-thread, 2.10GHz/TB 3.50GHz, L3=50MBといかにも“それらしい”スペックでした。

そして今回同じTaobao.comにXeon E5-2680 v4のスペックが掲載されるとともに、ChiphellのForum及びWCCF TechにXeon E5-2600 v4 seriesの一部のスペックが掲載されています。
 
まずTaobao.comに掲載されたXeon E5-2680 v4のスペックですが14-core/28-thread, 2.40GHz/TB 3.20GHz, L3=35MBとなります。2-wayで動作させた場合のCineBench R15のスコアは4122となっており、先日のXeon E5-2698 v4×2の4980や現行世代の最上位であるXeon E5-2699 v3×2の4201には及びませんが、それでもなかなかの数字です(もっともその下に同じXeon E5-2680 v4×2の数字として4103というものがあるのはよくわからない)。

そしてChiphellにはXeon E5-2600 v4 seriesのものだというスペックが掲載されており、WCCF Techにも同様のものが掲載されています。以下がそれらをまとめたものになります。

◇Xeon E5-2600 v4(Broadwell-EP / 14nm / LGA2011-3 / 4ch DDR4)
  Xeon E5-2699 v4 22-core/44-thraed 2.20GHz/TB ~3.60GHz L3=55MB TDP145W
  Xeon E5-2698 v4 20-core/40-thraed 2.20GHz/TB 3.50GHz LD=50MB TDP135W
  Xeon E5-2697 v4 18-core/36-thraed 2.30GHz L3=45MB TDP135W
  Xeon E5-2695 v4 18-core/36-thraed 2.10GHz L3=45MB TDP135W
  Xeon E5-2690 v4 14-core/28-thraed 2.60GHz L3=35MB TDP120W
  Xeon E5-2689 v4 12-core/24-thraed 3.10GHz L3=30MB
  Xeon E5-2687W v4 12-core/24-thraed 3.00GHz L3=30MB TDP105W
  Xeon E5-2680 v4 14-core/28-thraed 2.40GHz/TB 3.20GHz
  Xeon E5-2678 v4 **-core/**-thraed 2.30GHz L3=35MB
  Xeon E5-2666 v4 **-core/**-thraed 2.10GHz L3=35MB
  Xeon E5-2660 v4 14-core/28-thraed 2.00GHz L3=35MB
  Xeon E5-2650 v4 12-core/24-thraed 2.20GHz L3=30MB

上のラインナップと同等のSKUとなるであろう“Haswell-EP”のスペックは以下の通りです。

◇Xeon E5-2600 v3(Haswell-EP / 22nm / LGA2011-3 / 4ch DDR4)
  Xeon E5-2699 v3 18-core/36-thraed 2.30GHz/TB 3.60GHz L3=45MB TDP145W
  Xeon E5-2698 v3 16-core/32-thraed 2.30GHz/TB 3.60GHz L3=40MB TDP135W
  Xeon E5-2697 v3 14-core/28-thraed 2.60GHz/TB 3.60GHz L3=35MB TDP145W
  Xeon E5-2695 v3 14-core/28-thraed 2.30GHz/TB 3.30GHz L3=35MB TDP120W
  Xeon E5-2690 v3 12-core/24-thraed 2.60GHz/TB 3.50GHz L3=30MB TDP135W
  Xeon E5-2687W v3 10-core/20-thraed 3.10GHz/TB 3.50GHz L3=25MB TDP160W
  Xeon E5-2680 v3 12-core/24-thraed 2.50GHz/TB 3.30GHz L3=30MB TDP120W
  Xeon E5-2660 v3 10-core/20-thraed 2.60GHz/TB 3.30GHz L3=25MB TDP105W
  Xeon E5-2650 v3 10-core/20-thraed 2.30GHz/TB 3.00GHz L3=25MB TDP105W

※一部は同SKUになる“Haswell-EP”がラインナップされていないので省略。

傾向として同SKUで比較するとコア数が増加する一方で定格周波数は微減となっています(Xeon E5-2690 v4のみはE5-2690 v3と同じ定格周波数を保ちつつコア数を増やしている)。また最近の傾向から下二桁90や80のコア数が2番目に大きいダイであるMCCの最大コア数(“Haswell-EP”のMCCであれば12-coreが最大となる)であるため、この通りであれば“Broadwell-EP”のMCCの最大コア数は14と推測されます(いかにも中途半端な数字ではあるが。まさか15-coreの1-coreを無効化したものではなかろうな?)。その下のLCCについては10-coreか12-coreではないかという推測がされていますがこれについては不明です(“Broadwell-E”の最大コア数が10であれば、全例に従うとこれがLCCの最大コア数になる。ちなみに“Haswell-E”の最大コア数はご存じの通り8で、これが“Haswell-EP”のLCCの最大コア数である)。

ただ、今回の“Broadwell-EP”のスペックは“いかにもそれらしい”スペックですが、ChiphellのForumの一つの書き込みに過ぎないのも事実で、それらしいものをでっち上げようと思えばでっち上げられるでしょう。なので現時点では「こんな噂もある」程度の認識にとどめておくべきでしょう(18-coreの下がいきなり14-coreで、16-coreのラインナップが全くないのも気になる点ではある。なにはともあれこんな怪しげな話でも酒のツマミ位にはなるだろう)。

(過去の関連エントリー)
Xeon E5-2698 v4は20-core/40-threadで2.10GHz/TB 3.50GHz?(2015年12月7日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
150931 
個人的には、ちょっとずつでも性能が上がってくれればそれでよい。ただ、リリース時期が2016になると、対応するワークステーションも遅れるし、企業向けで買うにはタイミングが悪い。
2015/12/14(Mon) 08:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8372-01d22e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック