北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
◇次世代GPUは電力効率の向上に力を入れた設計となる
Next Gen AMD GPUs to Get a Massive Energy Efficiency Design Focus(techPowerUp!)
Exclusive: AMD Aggressively Pursuing Performance/Watt for FinFET Generation of dGPUs in 2016, Will Increase Focus on Power Saving – Vega10 Codename Spotted(WCCF Tech)

WCCF TechによるとAMDの次世代GPUは電力効率の向上に力を入れた設計となり、Performance-per-wattを向上させるという。最初に登場するGPUは“Arctic Islands”と呼ばれるGPUで14nm/16nm FinFETプロセスで製造される。
 
“Arctic Islands”世代のGPUとして伝えられているコアは3種類で上から“Greenland”、“Ellesmere”、“Baffin”と呼ばれています。しかしここに来て“Vega10”というコードネームが新たに入ってきた模様です。この“Vega10”とともに“Ellesmere”と“Baffin”の記述がAMDの資料にあったことから、“Vega10”は“Greenland”と呼ばれていたものに近いものではないか、あるいはその派生品ではないかと推測されています。そして“Ellermere/Baffin”と“Vega10/Greenland”はそれぞれ異なる市場セグメントに投入されるのではないかとも指摘されています。

以前公開された“Graphics Technology Leadership”と題されたAMDのスライドには2012年にGraphics Core Next (GCN) のローンチ、2013~2015年が“GCN Enhancement”として高性能API(Mantle, DirectX 12, Vulkan)のサポートと先進メモリ技術の採用、Virtual Realityの実現とあります。2番目の先進メモリ技術は“Fiji”のHBM 1採用がまさにこれに相当するでしょう。
そして2016年は“GCN Optimization”とされ、2倍の電力効率を実現した高性能とFinFETプロセス技術の採用とあります。つまり“Arctic Islands”がまさにこの世代となります。

電力効率の向上は上記のハードウェア面でなくソフトウェア面でも試みられるとあります。



◇2016年にGCNをベースとしたGPUが2種類のブランドで投入される
Two new AMD GPUs in 2016(Fudzilla)
AMD Raja Koduri Promises Two Brand New GCN GPUs in 2016 Based on FinFET Process – Focusing Discrete GPU Market Share Gains in 2016 – 2017(WCCF Tech)

AMDのグラフィック部門―Radeon Technologies Groupを率いるRaja Koduri氏によるとAMDは2016年にFinFETプロセスを用いた次世代Graphics Core Next architectureを2種類のブランドでローンチするという。

この「2種類のブランド」は現在のRadeon R9 Fury/NanoとRadeon R9/R7 300のようなものかもしれないという推測がされていますが詳細は不明です(ひょっとするともっと単純にコンシューマ向けのRadeonとProfessional向けのFireProを示しているのかもしれない)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
150617 
期待はし過ぎないほうが良さそうね。最悪Fijiみたいに新コアは最上位だけで下はリブランドかもしれないし。
2015/11/14(Sat) 15:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150619 
新型の石で電力効率が向上するなんて当たり前だろ、いい加減にしろ!(逆ギレ
もう少し具体的な話を待とうじゃないか
2015/11/14(Sat) 20:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150626 
RADEONがRV770でなぜシェア回復出来たのかようやく思い出せたのかな?
200/300世代の迷走を払拭出来るだけのブツを期待しているよ
2015/11/16(Mon) 07:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150627 
逆だろ
400世代を新コアでフルラインナップすることに全力注いだから300世代が微妙なものになっただけ
2015/11/17(Tue) 01:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150629 
※150626
迷走?むしろ逆に明確な方向性があったろうが。
GCN+Mantle&DX12&Vulkanという方針が。
迷走に見えるのは消費者が愚かだからだ。
2015/11/17(Tue) 01:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150630 
>>1500626
HD 48xx はもちろん、
HD 4670 で、コストパフォーマンスがいいのは Radeon っていうのが定着したのが大きかったよね。
自分は Radeon 9600Proから
HD 4670
HD 6670
って使い続けてる。
要求される値段と、性能がちょうどよかったからだけど、円高の今だとちょうど1万ぐらいなんだよね。
HD48xxが3万として、このレンジのコストパフォーマンスを極めるものが、市場を制すって感じなのかな。
いずれにせよ、(円安だから)1万円台の最高性能に期待したいです。
2015/11/17(Tue) 02:31 | URL | LGA774 #Yv5y4T.2[ 編集]
150634 
「リブランド」とお題目の如く唱えている人がいるけど、
AMDの開発能力を高く見積もりすぎだろう。
新コアと共に旧コアを14/16nmに作り直すほど、
AMDに余剰開発能力があるとは思えないし、
旧コアが14/16nmになればそれはそれでいいような?
2015/11/17(Tue) 09:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150635 
Radeon HD 3800のようなモノを指しているわけじゃないと思う
2015/11/17(Tue) 11:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150639 
ラデもゲームバンドルキャンペーンやらないと!
nVidiaはザ・クルー、メタルギア、アサクリ、レインボーシックスと昨年からずっとやってるし
2015/11/17(Tue) 13:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150640 
HD4000や5000の栄光がまた来てほしい。
しかし、マルチディスプレイでのアイドル時メモリクロックをいい加減デフォで下げてくれませんかね…。
2015/11/17(Tue) 22:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150641 
200も300も迷走とは思えんが?
むしろGCNは非常に先見の明のあるアーキテクチャだと思うぞ
2015/11/17(Tue) 22:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150645 
マルチディスプレイアイドル時にメモリクロック上がる問題なんてとっくに解消されたでしょ
2015/11/18(Wed) 00:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150646 
HD4000台からのミドル重視の製品ラインナップが需要と合致していたのが、うまくいかなかった感のあるGCNの立ち上げから
消費電力を犠牲にしてでもパフォーマンスを得るという苦肉の策を採って、それが常態化したのがRADEONのシェア低迷の原因だと思う
後は上の方も書いているけどゲームバンドルとかハードウェア以外での頑張りがRADEONには圧倒的に足りていない
2015/11/18(Wed) 00:36 | URL | LGA774 #2DdjN05.[ 編集]
150650 
>150634
でも大きいコアと小さいコアで全然アーキテクチャが違うわけではなくて並列化の規模が違うだけだよ。
完全に新規に作るのと派生コアを作るのでは労力がまるで違うだろう。
2015/11/18(Wed) 08:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150651 
ドライバやAPIに力を入れるのは良かったけど
むしろSoA型アーキテクチャに切り替えるのが遅れたのが痛かったかな
2015/11/18(Wed) 09:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150653 
*150639

AMDだってやってるんだぜ!
CivBEを筆頭にその他いろいろのラインナップで
2015/11/18(Wed) 10:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150654 
やっと芋虫が蝶になるとこなのに、その辺を説明して置かないと意味ないよね

GCN自体が薄いAPI用に設計されてるので、やっと時代が追いついてきたとこだよね
2015/11/18(Wed) 11:53 | URL | LGA774 #joXmbLA6[ 編集]
150655 
※150634
プロセス混在かもしれない
2015/11/18(Wed) 13:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150656 
ゲフォって倍数精度切り捨てたあたりから割とスペック上がったイメージが大きいんだけど AMDも切り捨てれば若干のスペックアップは望めるものなの?
2015/11/18(Wed) 13:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150657 
トンガはもともと20nmで出す計画だったような気がする
2015/11/18(Wed) 14:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150661 
低消費電力のコアで(部分的にはAMDも既にやってるが)IntelのCPUコアのように1セットとして、不要なコアを潰して下位として売るだけじゃ無く、初めから少ないコアのも製造できるように設計すれば、リブランドじゃなくてもいけるのでは?
それをAPUにも積めるようにしたり。
アーキの設計は1つで済むし、携帯ゲーム機の様な超低消費電力向けじゃなければいけるでしょ。
今ほとんどロースペック市場はCPU内蔵に食われちゃってるから無視していいし。
2015/11/18(Wed) 20:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150666 
ワットパフォーマンスの向上をFinFET化のタイミングに合せて来たのは、このタイミングで改善する事で向上率が一番高くなり一般向けに与えるインパクトが最大になるからと予想。
28nmのバルクから16nmのFinFETにする事で、ワットパフォーマンスが約40%向上するので、残りの60%分を

 ・アーキテクチャ側の改良
 ・ソフトウェア側の改良

で達成する意図かと。
なお、約40%向上するという根拠は、

 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20121221_579699.html

の中の、“パフォーマンスが20%、電力が23%改善されることになる”から。
2015/11/19(Thu) 13:15 | URL | 通りすがりの者 #WzzJX4NY[ 編集]
150668 
先見いらんしそれもAMD的にはってだけで単純にレイトレ系技術を織り込むNVのほうがトレンドになるような気がするな
2015/11/19(Thu) 13:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150670 
ミドルエンド以下は200も300も健闘してるよね。
ハイエンドがアレなだけで。
2015/11/19(Thu) 15:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150674 
ゲーム機もこれに合わせて2年後くらいには小型化されるかな
2015/11/20(Fri) 00:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150675 
ハイエンドもFuryXは普通に性能高いんだが
2015/11/20(Fri) 00:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150680 
>>150668
PS4で動かない機能なんて存在しないものとして扱われるのがオチじゃないの
今後5年くらいはGCNが実質的に標準だろう
2015/11/20(Fri) 09:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150766 
いい加減GCN系で引っ張るのも限界だろう買い換えたいから早くしてくれ
あと新ドライバのビデオ設定の充実とCPU電源設定の復活も頼む

>>150639
ワイの7850、DiRT3がバンドルされてたけど漏洩云々で使えなくなってた件
まぁやらないからいいけど
2015/11/29(Sun) 21:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8346-75ba32d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック