北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
X99 Broadwell-E processor exposure, i7 6950X has 10 core 20 thread with 25M cache(XFastest.com)
Core i7-6950X as a new flagship with 10 cores(ComputerBase.de / ドイツ語)

“Haswell-E”は2014年8月29日にリリースされており、もう1年2ヶ月が経つが、X99プラットフォームにもそろそろ更新の時期が訪れる。そしてその更新こそが“Broadwell-E”である。

“Broadwell-E”については最上位モデルが“Haswell-E”と同様の8-core/16-threadにとどまるという予想もあるようだが、これは正しくはない。Intelは“Broadwell-E”として4モデルを用意し、上から順にCore i7 6950X, i7 6900K, i7 6850K, i7 6800Kとなる。
このうちCore i7 6950Xは現行の最上位であるCore i7 5960Xと同じ定格周波数―3.00GHzとなる(これに加えてTurbo Boost technologyに対応)が、コア数は増加して10-coreとなる。そしてHypreThreading technologyに対応するため、10-core/20-threadとなる。L3キャッシュ容量も25MBに増加する。
 
XFastestで紹介されている“Broadwell-E”のラインナップは以下の通りです。

◇Core i7 6900/6800(Broadwell-E / 14nm / LGA2011 / 4ch DDR4-2400)
  Core i7 6950X 10-core/20-thread 3.00GHz/TB 3.50GHz L3=25MB TDP140W
  Core i7 6900X 8-core/16-thread 3.20GHz/TB 3.70GHz L3=20MB TDP140W
  Core i7 6850X 6-core/12-thread 3.60GHz/TB 3.80GHz L3=15MB TDP140W
  Core i7 6800X 6-core/12-thread 3.40GHz/TB 3.60GHz L3=15MB TDP140W

このラインナップ通りだとすると6900番台が8-core以上、6800番台が6-coreと両者の差がより明確となります。Core i7 6950Xは上でも指摘されているとおり、現行のCore i7 5960Xと同じ定格周波数である3.00GHzでありながら10-core/20-threadとコア・スレッド数が増加しています。一方、8-core/16-threadのモデルとなるCore i7 6900Kは3.30GHzとCore i7 5960X比で周波数が上昇します。

Core i7 6850Kとi7 6800Kはともに6-core/12-threadで後者の方が周波数が低く設定されていますが、この他にもPCI-Expressのレーン数の違いがあるのではないかと予想されています(PCI-Expressのレーン数で差別されている例としてはCore i7 5930K(PCI-Express 3.0 40レーン)とi7 5820K(同28レーン)の違いに相当する)。

ハイエンドデスクトップ向けの“-E”には通常サーバー向けの“-EP/-EX”のうち最小のコア―Small Core Count(SCC)と呼ばれるものが用いられますが、もしこの話が本当であれば“Broadwell-EP/-EX”のSmall Core Countのコア数は10となるのでしょうか。

(2015年11月17日0時04分:ComputeBase.deよりTurboBoost時の周波数とTDPについて続報があったため、追記)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
150607 
6950Xの位置付けがどうなるんだろう。
6950Xが5960Xの後継になるのか、従来の$999ドルのExtremeよりも上の位置付けになるのか。
2015/11/13(Fri) 00:13 | URL | LGA774 #s01uH20E[ 編集]
150608 
4種類ですか。一番下のグレードが今の5820Kより安くなることはないだろうから6950Xは$2000近くなるんだろうか?
2015/11/13(Fri) 00:45 | URL | LGA774 #n7Ym4O5Q[ 編集]
150610 
ついにコンシューマ向けにも10C20Tとは胸アツだな。
どんどん115x系ソケットとの住み分けが進みますね。
2015/11/13(Fri) 09:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150611 
“Brpadwell-E”については
噛みそう…

10Core / 20Threadまで来たか〜。
2015/11/13(Fri) 12:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150614 
6900Kが$700以下だったらいいかなぁ
5820Kや5930Kから買い替える人もでてきそう
6950Xはコアが増加するならいくらでも買う人はいるだろう
2015/11/13(Fri) 19:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150618 
フラグシップが動作周波数で最上位を諦めるなら
その代わりにコア数を増やすしかないもんね。

Xeonが値崩れするような値付けはしないとは思うが、
競合レンジのXeonって電力効率や管理機能優先のサーバではなく
実質デスクトップWS向けなので、案外i7EEは割安かもしれない。
2015/11/14(Sat) 18:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150621 
6950Xが1300ドルまでなら出す!
でも10コアだしもっと高くなるだろうなー
2015/11/15(Sun) 01:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150631 
TB周波数とTDPが追加されてなんかそれっぽく見えてきたぞ
空回りの偽情報じゃなければいいんだけどな
いや、でも10コアっていったいいくらになるんだ…
2015/11/17(Tue) 03:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150633 
10コア3.1GHzのXeon(E5-2687W v3)で$2145だから
ぶっちゃけ$1999とかになりそう…。
2015/11/17(Tue) 09:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150636 
はやる気持ちを抑えてベンチ待ち
2015/11/17(Tue) 11:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150658 
Xeonの切り売りだと性能もほとんど丸分かりで未知のハイエンドのワクワク感は無いね。
不確定要素は値段くらいか。
2015/11/18(Wed) 19:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150706 
モバイル専用だったx950を今度はHEDTに振り分けるとは意外
2015/11/24(Tue) 00:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150815 
予想
6950x $1400
6900k $900
6850k $500
6800k $350

現行とのバランスやコンシューマー向けに売れる値段を考えるとこんなもの
2015/12/03(Thu) 03:51 | URL | LGA774 #EKt0oX0Y[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8344-c053c70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック