北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
GIGABYTE unleashes the Radeon R9 Fury WindForce(VR-Zone)
Gigabyte to offer Radeon R9 Fury WindForce OC Graphics Card(Guru3D)
Gigabyte launches Radeon R9 Fury with WindForce 3X cooling solution(VideoCardz)
Gigabyte launches AMD Radeon R9 Fury WindForce OC(HEXUS)
GIGABYTE Rolls Out the Radeon R9 Fury WindForce Graphics Card(techPowerUp!)

GigabyteはRadeon R9 Fury搭載グラフィックカードとして“GV-R9FURYWF3OC-4GD”を発表した。

“GV-R9FURYWF3OC-4GD”は同社が採用する3基のファンを用いた冷却機構である“WindForce 3X”を採用し、外観は同じ冷却機構を搭載するGeForce GTX 980 Ti搭載カードとよく似ている。“WindForce 3X”は銅製のヒートパイプと独自設計の羽を有するファンを採用して、エアフローの向上と騒音レベルの低減を実現している。
また“GV-R9FURYWF3OC-4GD”はオーバークロック仕様でコア周波数が1010MHzとリファレンス仕様の1000MHzから10MHzだけ引き上げられている。
 
カードの外観は黒色を基調としており、“WindForce 3X”の最大の特徴である3連装のファンが目を引きます。カードの厚さは2スロット分より若干厚く、実質的に3スロット専有となります。画像出力はDual-link DVI, HDMI 1.4a, DisplayPort 1.2a×3の合計5系統、PCI-Express電源コネクタは8-pin×2となります。

周波数は上記にもある通りコア周波数がリファレンスの1000MHzから10MHzだけ引き上げられて1010MHzに設定されています。一方、メモリの周波数はリファレンス通りの500MHzとなります。その他のスペックも特別に記載はありませんがリファレンス通りと思われます。

◇GV-R9FURYWF3OC-4GD
  ・GPU:Radeon R9 Fury
  ・Compute Unit:56
  ・StreamProcessor:3584
  ・コア周波数:1010MHz
  ・搭載メモリ:HBM 4GB
  ・メモリ周波数:500MHz(1000MHz)
  ・メモリインターフェース:4096-bit
  ・画像出力:Dual-link DVI-I, HDMI 1.4a, DisplayPort 1.2a×3
  ・PCI-Express電源コネクタ:8-pin×3

今まで登場したRadeon R9 Furyも多少の違いはあれども三連ファンを搭載するものがほとんどでしたが、Gigabyteからも同様のカードが登場したことになります(むしろ今まで登場していなかったのが意外であった)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8312-775b246a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック