北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Globalfoundries developing 10nm in-house(DigiTimes)

GlobalFoundriesの14nmプロセス―14nmLPEと14nmLPPはご存じの通りSamsungからのライセンスとなりますが、次の10nmプロセス及びその次の7nmプロセスについてはGlobalFoundriesが独自に開発するという話が9月下旬に報じられました。
 
14nmプロセスではGlobalFoudriesはApple, Qualcomm, AMDという顧客を獲得した模様ですが、14nm/16nmプロセスの競争においてはTSMCに後れを取っているという見方がされている模様です。

そしてSamsungとの提携は必ずしもコスト的に優れたものではなく、そのライセンス料はIBMのIP及び自社技術よりも高いと判断され(GlobalFoundriesは先日、IBMのマイクロエレクトロニクス部門を完全に合併している)、10nmプロセス以降を自社で開発するに至ったとDigiTimesで報じられています提携なんてぽいぽいぽ~い

素人目に見るとTSMCもGlobalFoundriesも14nm/16nmプロセスでは苦しんでおり、なかなかの難産のように見えますが(両社とも14nm/16nmのイールドは良好であると主張してはいるが・・・。なお、現在製品を大量出荷しているIntelですら14nmはなかなかの難産だったようである)、今後はどうなるでしょうか(少なくとも楽々安産とは行かなそうではあるが・・・)。

(過去の関連エントリー)
GlobalFoundriesの14nmLPPがテープアウト―イールドは良好・・・ぽい(2015年9月28日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
150145 
IBMが降りて3社連合のCommon Platformが崩れた時から考えていたのかもしれないね
2015/10/03(Sat) 18:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150146 
というかもうすんなり生産できないよね
これから難産以外ないよ
2015/10/03(Sat) 19:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150148 
そりゃ余所のプロセスのライセンス生産なら高価につくのは当たり前だわな

10/7nmを先行研究してるIBMならともかく、当座のしのぎに過ぎなかった
14nmの提携体制を10nm以降も継続するつもりだったとしたらそっちのほうが意外だわ
2015/10/03(Sat) 19:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150149 
そもそも独自開発が普通なんじゃ……
しかしSamusungがいなきゃTSMC相手に詰んでね?
2015/10/03(Sat) 20:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150151 
これからはブレイクスルーがない限りしんどいだろうな。色んな要素がしんどくなってるし。
2015/10/03(Sat) 23:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150152 
AppleのA9プロセッサは、SamsungとTSMCだそうです。
(後藤さんのWeekly海外ニュースより)
ということは、Global Foundriesの14nmはイールドがどうこうのレベル以前の段階なのかも知れません。
TSMCよりも出荷開始が1年ぐらい遅れることになったら、AMDはNVIDIAにかなり遅れを取ることになるので、痛いですねぇ。
2015/10/04(Sun) 06:28 | URL | 通りすがりの者 #qbIq4rIg[ 編集]
150154 
サムスンへのライセンスなんて発生してたのか・・
GF/SumsungともにIBMの作ったアライアンスの一員で、GFはそのIBMを買収したからコストに見合わないと考えても不思議ではない気がしてきた
2015/10/04(Sun) 13:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150156 
GFなんてここ最近失敗続きだけど上手く作れるのかね?
2015/10/04(Sun) 19:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150159 
これ仮に関係解消しちゃって独自開発に失敗・難航したら
次に提携依頼するときは完璧に足元見られてもっとライセンス料高くなるのでは…
2015/10/05(Mon) 02:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
150160 
現在の1x nm量産はArF液浸とマルチパターニング露光の組み合わせですからねぇ。

EUV使った場合と比べた写真見ましたが、ArF液浸の場合20nmくらいですでに回路の形が崩れ始めていましたから、1x nmでは尚更厳しいのでしょう。

EUVは光源の出力がもっと上がって量産に使えるレベルになるまでは、ArF液浸で苦労するしかないみたいです。
2015/10/05(Mon) 16:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8293-3b35e03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック