北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel to release 22-core Xeon E5 v4 “Broadwell-EP” late in 2015(KitGuru)

Intelは次の世代のサーバー向けCPU製品となるMulti-coreのXeon E5 v4 series―“Broadwell-EP”について再度リリースの計画を説明した。“Broadwell-EP”については今年初めにキャンセルされたという噂も流れていた。しかし“Broadwell-EP”は今年末にローンチされ、コア数とメモリ帯域が増加する。またマイクロアーキテクチャの改良も施される。
 
昨日はComputerBase.deにDDR4メモリへの対応を進める旨を記したスライドが掲載され、その中でXeon E5-2600 v4がDDR4-2400に対応することが記載されていました。

そして今日に入り、KitGuruでXeon E5-2600 v4=“Broadwell-EP”が2015年末に登場するという話が取り上げられました。登場時期に関しては2015年末と2016年初めという情報が混ざっていますが、少なくとも今の段階では今年初めに言われていたような“Broadwell-EP”がスキップされるという可能性は薄くなったように思えます。

現行の“Haswell-EP / -EX”は最大18-coreですが、“Broadwell-EP / -EX”ではさらにコア数が増加し、“Broadwell-EP”では22-core、“Broadwell-EX”では24-coreとなる模様です。これらは最大のダイであるHigh-core count(HCC)を使用すると考えられ、おそらくはHCCのコア数が24-coreとなり、“Broadwell-EP”の22-coreはそのうちの2-coreを無効化しているのではないかと思われます。そして今まで通りであればこの大型コアの他に、Middle-core count(MCC)とSmall-core count(SCC)が用意されるはずです。

“Broadwell-EP”についてはそのコードネームが示すとおりコアが“Broadwell”世代となり14nmプロセスで製造されることはもちろんですが、“Haswell-EP”からの進化点の1つとしてTSX命令の有効化が挙げられています。また何度も強調されているコア数とメモリ帯域の向上に加え、消費電力の低減も期待されます。一方で“Tick”世代となるゆえ、マイクロアーキテクチャの大規模な変更はないだろうと推測されています。

プラットフォームは現行のものがそのまま使用できる見込みで“SandyBridge-EP→IvyBridge-EP”と同様の構図となるでしょう。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
149607 
22コア44スレッドとか胸が熱くなるな
部屋も暑くなるかもしれんけどw
2015/08/21(Fri) 23:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149627 
何とも美しくない数字だ<22
やっぱりこういうのは2のn乗じゃないと
2015/08/22(Sat) 21:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149636 
今もXeonには4Wayのシステムとかあるんですかね
すごい値段になりそうだけど1台で88コア賄えるなら価値はあるなぁ
2015/08/23(Sun) 01:47 | URL | LGA774 #2DdjN05.[ 編集]
149645 
>>149636

4way用のE5-4600v3は6月に出たばかりだから
22コアのv4になるのは来年後半以降でしょうね
2015/08/23(Sun) 18:49 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
149647 
コア数が、なんかもやもやする。
なんで24じゃないんだ
2015/08/23(Sun) 19:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149655 
デスクトップであまりにSkylakeが近かったせいで必要なのか分からん世代になっちゃったよな…Broadwell。
2015/08/24(Mon) 01:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8237-d3dc07f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック