北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel’s Skylake Processors Allegedly Rocking ‘Inverse Hyper Threading’ – VISC Like Architecture with Massive Single Threaded Performance(WCCF Tech)
Skylake inverse Hyper-Threading?(heise online.de)
Soft Machines Unveils VISC(TM) Microprocessor Architecture Breakthrough; Revives Performance-per-Watt Scaling(SoftMachines)

“Skylake”は既に製品の販売が開始されているものの、そのマイクロアーキテクチャの詳細については伏せられたままである。しかし、まもなく開催されるIDF 2015ではその“Skylake”のマイクロアーキテクチャの詳細が明かされるかもしれない。それに先立つようにHeise.deが“Skylake”に“Inverse HyperThreading”とでもいうべき技術が搭載されているかもしれないと報じた。
 
かつてK8の時代にAMDが逆HyperThreading technologyなるものを搭載すると噂が立ったことがあったものの、結局それに相当する技術は少なくともx86 CPUの世界においては出てきていません。そして逆HyperThreading technologyの噂も風化して久しい現在、突如“Skylake”において逆HyperThreading technology―Inverse HyperThreadingを搭載することによりSingle-thread性能を向上させるかもしれないという話が飛び込んできました。

逆HyperThreading technology―Inverse HyperThreadingは複数の物理コアを1つのスレッドまたは大型の論理コアとして動作させることができるものと言われています。名称においてはInverse HyperThreadingではない可能性が示唆されています。

Inverse HyperThreadingの実装についてはVISCまたはMorphCoreが良く似たものになるのではないかと述べられています。VISCはSoftMachinesが2014年3月に発表しており、“Virtual software layer”を用い、複数のコアをVirtual Coresとして動作させ、IPCを3~4倍に、Single-thread及びMutli-threadにおけるいPerformance-per-wattを2~4倍に高められるとSoftMachinesのプレスリリースでは主張しています。

Heise online.deにはCore i7 6700KとCore i7 4790Kを比較したあSPEC CPU 2006のグラフが掲載されています。Core i7 6700Kが全体的にCore i7 4790Kを上まわっていますが、注目すべき点はThread数が少ない場面においてCore i7 4790Kを大きく上まわっていることで、1-threadから4-threadのスコアの伸びはCore i7 4790Kは徐々に上がっていくのに対し、Core i7 6700Kはほとんど平坦かやや低下傾向を示すものとなっています。この挙動から“Skylake”にInverse HyperThreadingなるものがあるのではないかと噂されているようで、もしそのような機能が本当に搭載されのであれば、今後コア数の増加はMulti-thread性能だけでなくSingle-thread性能にも大きく効くものとなるはずです。

・・・とはいえ、現時点ではまだ不確定な噂の域を出ないという印象があり、IDF 2015での“Skylake”マイクロアーキテクチャの詳細な発表が待たれます。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
149509 
複数の論理コアならエンコ以外にi5との差別化出来るけど、物理コアだよね・・・
2015/08/17(Mon) 22:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149510 
これはまたコメント数が激増しそうな内容w
2015/08/17(Mon) 22:32 | URL | LGA774 #9zOzYU0I[ 編集]
149511 
これは胸熱。
Core2が出たころのゲームってマルチスレッド非対応にも関わらず、キャラが多い場合なんかにCPU性能が要求されるから、そういったゲームで重宝しそう。
だれかベンチマークしてくれないかな。
2015/08/17(Mon) 22:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149512 
π焼きやCINEBENCHだと4790Kとほぼ同等だから勘違いじゃないかな
2015/08/17(Mon) 23:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149516 
数年前にどこかでIntelがシングルスレッドをマルチコアで処理する技術を研究しているって記事を読んだ記憶があるな

現状のコンシューマ向けCPUのマルチコア化が停滞している最大の原因がアムダールの法則によるボトルネックなので、本当に実現できたとすればものすごいブレイクスルーになるぞ
完全に打破できればコンシューマに10コアや12コアが降りてくるかもしれない
2015/08/18(Tue) 01:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149517 
AMDの製品によく感じていたある種の浪漫のようなものをintelの製品に感じるのは久しぶりだ
CPU版SLIみたいなものでしょうか?
2015/08/18(Tue) 01:58 | URL | LGA774 #2DdjN05.[ 編集]
149522 
64bitの4コアCPUを1スレッドにするから256bit級。
2015/08/18(Tue) 07:58 | URL |   #-[ 編集]
149524 
でもSPEC CPU 2006以外では同じような傾向が出ないね…

PC PerspectiveがEuler 3D Fluid Dynamicsでスレッド数を変えるテストをしているが、Haswellと似た結果になる。

http://www.pcper.com/reviews/Processors/Intel-Core-i7-6700K-Review-Skylake-First-Enthusiasts/Rendering-and-Scientific
2015/08/18(Tue) 08:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149525 
いいね!んじゃ売れないGPUじゃなくて8coreを持ってこようか!
2015/08/18(Tue) 09:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149526 
最初はTransactional Memoryの話かな?とも思ったけど、あれはMulti-threadの話か。
でも、Single-threadのソフトをDynamic recompilingあたりでループを自動的に展開してMulti-thread化するように変換してくれるとしたら、見かけ上のSingle-threadの性能向上と言えるかもしれない。
いずれにしても興味深い。
2015/08/18(Tue) 09:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149528 
ロマンと若干hentaiチック
2015/08/18(Tue) 10:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149529 
数年前とかいうオーダーじゃなく、ちょうど14年前の記事でした
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20010830/kaigai01.htm

MorphCoreがSkylakeに搭載されるかもしれないという話は半年前から出ていたらしい
http://hibisaca.seesaa.net/article/414484981.html
2015/08/18(Tue) 11:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149530 
ソフトの変更なしに出来る技術なのかな?
ループを見つけて各コアに分散するとかなのかな
2015/08/18(Tue) 11:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149532 
ハイパースレッドの逆か
2015/08/18(Tue) 12:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149533 
Haswellの1コアは同時に8命令発行して4整数演算できるけど全然使い切れないんだから、1スレッドで同時に実行できる命令がそれ以上あるならもっと同時命令発行数やら実行数やらを増やすだけだわ。複数コアで1スレッドなんてのは単純にバカげている。
2015/08/18(Tue) 12:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149536 
IBMのViVAとは違うのか?
2015/08/18(Tue) 13:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149537 
これは面白そうだなあ
CPUの技術革新なんて珍しい
2015/08/18(Tue) 15:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149538 
GPUの動作に近くなるのかな
あっちの物理コアは数千あるけど
2015/08/18(Tue) 15:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149540 
TMPGEncでの変換(h264)速度が、
上がっているのは、これのせい?
2015/08/18(Tue) 15:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149541 
今年に入ってすぐくらいの話題じゃないかこれ
http://wccftech.com/intel-preparing-dirsuptive-skylake-microarchitecture-morphcore/
もしこの機能が実装されているとするならば
BIOSでコアを制限したらシングルスレッド性能がその分下がるはずだ
2015/08/18(Tue) 16:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149545 
MorphCoreって技術があったんだ。知らなかった。みんなよく知ってんなあ。
元の論文を流し読みした感じだと、Single-thread性能を犠牲にせずにMulti-thread性能を上げることが特徴みたい。なので、この技術は特定のSingle-Threadソフトの性能を上げるようなものではなさそう。(論文の方でもSingle-Thread性能は2 way Out-of-Orderより若干下がってる。で、4 way Out-of-Orderよりも面積が圧倒的に小さいのでおそらく電力的にも有利)
IDFではどんな技術が発表されるんだろうね?
2015/08/19(Wed) 00:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149551 
逆にGPUをX86に見せかけるとかも妄想したことある。
2015/08/19(Wed) 11:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149554 
実は1モジュール2コア構成になっていて、
2コア動作する通常モードと、
1モジュールを1ビッグコアと見立てるブーストモードが存在するということかね。
2015/08/19(Wed) 12:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149558 
Skylakeはマルチスレッドの扱いがHaswellより苦手というだけじゃないのか?
2015/08/19(Wed) 18:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149561 
IDF 2015ではInverse HyperThreadingなんて影も形もなかったね。

はい、解散。
2015/08/20(Thu) 05:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
149605 
SPECのベンチマーク結果ってコンパイラでベクタ化されてて
AVX2を使ったものになってるんじゃないでしょうか。
SkylakeではAVXのスループットが結構上がってますからね。
スレッド数を増やしても、TDPの制限で性能が上がらないんじゃないかと。
2015/08/21(Fri) 21:37 | URL | LGA774 #Dosiar0g[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8226-4c5f6b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック