北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
 
“Zen”CPU coreは現行の“Excavator”と比較し40%のIPC (isntrucions per clock) の向上が図られる。またSMT (simultaneous multi-threading) が実装されるとともに、新たな低レイテンシキャッシュシステムが搭載される。製造プロセスは14nm FinFETプロセスである。“Zen”をベースとした製品はまずデスクトップCPU/APUとして2016年に投入される。AMDはこのタイミングでCPUとAPUをSocketAM4と呼ばれるSocketに統一する。SocketAM4ではFX CPUと第7世代A series APUを1つのマザーボードで扱えるようになる。

日本語メディアにも詳しく解説されているためそちらも合わせてご覧いただくと良いでしょう。

デスクトップ・Mobile向けロードマップが示されているのは“DESIGNING WITH AMD GETS EVEN SIMPLER NEW CPU CORES ADD MAJOR PERFORMANCE UPLIFT”と題されたスライドです。

2015年のデスクトップ向け製品は“Vishera”を用いるFX series CPUと“Kaveri”を用いるA series APUの2本立てとなっています。Socketはご存じの通り“Vishera”がSocketAM3、“Kaveri”がSocketFM2+とこちらも2系統に分かれています。2016年になるとFX series CPUもA series APUもCPUコアに“Zen”を用いるものに移行します。2016年になるとFX seriesは“Zen”アーキテクチャを用いたものに移行します。そしてA series APUも新しい第7世代に移行します。ただし、第7世代A series APUについてはCPUアーキテクチャが何であるかは明記されていません。SocketはSocketAM4に一本化されます。Socketが統一されることそのものの利点も大きいでしょうが、FX seriesに関してはAMD 990FX+SB950以来の新チップセット導入も期待できるでしょう。

Mobile向けは2015年はSocketFP4の“Carrizo”と“Carrizo-L”、SocketFT3bの“Mullins”がラインナップされます。“Carrizo”は“Excavator”をCPUコアに用いる一方、“Carrizo-L”と“Mullins”は“Jaguar→Puma”の系列の低消費電力CPUコアを用いており、2つのCPUアーキテクチャが並存しています。これが2016年になると“Zen”をCPUコアに用いる第7世代A sereis APUに一本化されます。“Excavator”が“Zen”に移行するのは知られていたとおりでしょうが、“Jaguar→Puma”の系統もここで“Zen”に吸収されるように見えます。“Zen”が“Jaguar→Puma”が担ってきた電力帯までをカバーできるものであり、なおかつこれより下はARMを充てようと考えているのでしょうか。2015年までのMobile x86 APUは“Bulldozer”の系譜となる“Carrizo”と“Bobcat→Jaguar→Puma”の流れをくむ“Beema/Mullins”の2本立てですが、2016年になると両社とも第7世代A series APUに統合されるようにスライドでは描かれています。第7世代A series APUのCPUアーキテクチャは明記されていませんが、“Carrizo”が担っていた電力帯と“Beema/Mullins”が担っていた2つの電力帯が2016年には1つのアーキテクチャが担うことになるようです。

“Zen”のIPCの向上については“AMD X86 CORES: DRVING COMPTITIVE PERFORMANCE”と題されたスライドに描かれています。現在の“Steamroller”や“Excavator”の源流となる“Bulldozer”は2012年に登場しています。そこから世代を経ることに緩やかにIPCを底上げして“Excavator”に至りますが、その次の“Zen”では一気に40%ものIPCの向上が成されます。その後は“Zen+” Coresとなっており、再び緩やかなIPCの向上となるようです(“Bulldozer”が登場から少しずつ改良を施していったように、“Zen”も登場後は世代ごとに改良を施していくのだろう)。
“Zen”が全くの新コアであること、SMTを搭載すること、広帯域で低レイテンシなキャッシュシステムを実装することは以前の情報でも出ていましたが、これについても“NEXT-GENERATION HIGH-PERFORMANCE X86 CORE”と題されたスライドで示されています。

“COMPUTING AND GRAPHICS ROADMAP: 2016”ではFX CPU, 第7世代A series APUに加え、GPUにつても少し触れられています。
FX CPUは多コアでDDR4対応、A series APUはDDR3/DDR4両対応となることも注目されますが、GPUについては2倍のPerformance-per-wattを得るとし、また第2世代HBMが採用されることが示されています。

一方まで昨年までロードマップ上で大きなウェイトを占めていたARMですが、今回のAnalyst Dayでは一方引いた扱いとなっています。2015年下半期には“Seattle”がOpteron A1100 seriesとして登場します。その後はK12が予定されていますが、登場時期は2017年に先送りされています。またこの間にあった“SkyBridge”はキャンセルされました。後藤氏のコラムによるとARMとx86の互換プラットフォームのニーズが低かったと説明があったようですが、20nmでのCPU製造が不適であったことも指摘されています(なんとなく20nmが使えなかったという方がキャンセルの原因としては大きそうな)。

※2016年5月11日:第7世代A series APUのCPUが“Zen”アーキテクチャである、という記述を訂正・削除。スライドには第7世代A series APUのCPUアーキテクチャが“Zen”であるという直接的な記述を確認できないため。
以前のリーク情報では2016年のAPUが“Zen”を用いるという話はあったが、今回のFinancial Analyst Dayではそこまでは踏み込まれなかったよう。

AMD Readies 14 nm FinFET GPUs in 2016(techPowerUp!)
AMD Confirms HBA High Memory Bandwith for Graphics Cards(Guru3D)

投資家向けカンファレンスでAMDは市場の全セグメントに向けてGPUを展開し続けることを明らかにした。同社は見定められる今後しばらくの間はGraphics Core Nextアーキテクチャを段階的に拡張していく計画であるが、2016年のGPUはPerformance-per-wattが大幅に向上する。秘密の情報筋によると14nm FinFETプロセスへ移行するというが、AMD自身は14nmについてはコメントを避けている。示されたスライドでは現行世代のGPUから2倍のPerformance-per-wattの向上を成し遂げる説明している。

“AMD 2014-2015 DESKTOP GRAPHICS ROADMAP”と題されたスライドに2015年のデスクトップGPUのロードマップが示されていますが、現行のRadeon 200 seriesからRadeon 300 seriesへ移行することが示されただけのざっくりとしたものです。1つ大きなものとしてはHigh-bandwidth memory (HBM) を搭載した製品が今年中盤に発表されることで、これが“Fiji”で、Radeon R9 390X/390として発表されることでしょう。なお、その下については具体的には示されていません。

“GRAPHICS TECHNOLOGY LEADARSHIP”と題されたスライドではGraphics Core Nextアーキテクチャの歩みとこれからの方向性が示されています。まず2015年までは“GCN Enhancement”とされ、“Mantle”やDirectX 12、Vulkanといった高性能APIのサポート、より進んだメモリ技術の採用(=HBMのことだろう)、Virtual Reality機能の実現が挙げられています。そして2016年は“GCN Optimizaation“と題され2倍の電力効率と高性能、FinFETプロセス技術の2点が挙げられています。FinFETプロセスとはあるものの、14nm FinFETとは言っていないのがミソで、TSMCの16nm FinFETの可能性もあるということでしょうか。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
148064 
実際問題、x86系とARM系のソケット互換でマザーボードメーカー以外に恩恵を受ける人はいるんか?
2015/05/07(Thu) 23:36 | URL | LGA774 #9zOzYU0I[ 編集]
148066 
キャンセルされたっていうのはAmurのことかな?
2015/05/08(Fri) 00:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148070 
マザーボードメーカーのためでしょ。
基板一緒なら在庫も掃けやすい。
2015/05/08(Fri) 03:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148071 
SMTのSはSimultaneousでは?
2015/05/08(Fri) 07:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148072 
変態メーカーがARMとx86どっちを差しても動作するマザボを作れるようになる
2015/05/08(Fri) 07:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148076 
ソケット互換は実際うれしい
APUとFXを行き来出来るとGPUの選択肢が広がる
2015/05/08(Fri) 10:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148077 
要は「2015年のAMD製品は発展途上、買うなら2016年まで待て」ってことですね

HBMも第二世代の方が良さげな感じがしますし・・・
2015/05/08(Fri) 10:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148078 
AMDは割とベンダーに配慮して商品展開している印象。
物理的にささるけど対応していないってのも多いけど。
2015/05/08(Fri) 11:04 | URL | LGA774 #2DdjN05.[ 編集]
148079 
cheetahもキャンセル?
2015/05/08(Fri) 11:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148080 
Intelの第5世代Coreに何処までせまれるのか・・・
そして価格も迫ってしまうのか?
2015/05/08(Fri) 12:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148081 
もう知ってたよ、俺得な製品はいつも延期かキャンセルだって。
2015/05/08(Fri) 12:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148083 
20nmでは28nmのCarrizoみたいな「最適化」が上手く行かなかったのかな?

「最適化」って結構偶然に左右され易い気がするし。

そういえばホンダジェットも「最適化」され過ぎてて、ラインナップ(ロングボディ化等)を増やすのが難しいらしい話が有りました。
2015/05/08(Fri) 14:46 | URL | 金華山の仙人 #Q3pCjmGY[ 編集]
148084 
スライドを見ると、2016の時点でZenコアを使うのはFXだけのように思えるが
2015/05/08(Fri) 15:19 | URL | LGA774 #qbIq4rIg[ 編集]
148086 
ソケット互換にしたところで結局BIOSプログラムはそれぞれのCPUごとに作らなきゃいけなんでしょ? 
2015/05/08(Fri) 18:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148087 
やっとリプレースできるう。
何年待ったことか。

せめてi5並みになってて欲しいぞ。
2015/05/08(Fri) 18:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148090 
流石に現行FXがAM4で動いたり・・・なんて事は無理なのかな
AM2→AM2+→AM3→AM3+と長かったなぁ
またちまちまアップグレードできるソケットになってくれると嬉しい
2015/05/09(Sat) 00:18 | URL | LGA774 #IAmA4RkY[ 編集]
148091 
理想のロードマップはわかった。現実のロードマップが知りたい
2015/05/09(Sat) 00:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148095 
少なくとも自作er的には殆ど需要無いからなぁ。
面白そうではあるけど、積極的にARMを必要とする理由はない。
ママンベンダー的にも大して利点無い。
そんなことよりZENで頑張ってくれればいい、くれないと困るって感じでしょ。

ARM側から見ればx86のプラットホームに侵食できるのは良いことだけど、かと言ってARMユーザーの需要が大きいかというと……。
2015/05/09(Sat) 20:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148097 
CarrizoとCarrizo-Lのソケットを共通にしたのがその対案か
まぁベンダーはそっちの方が助かるだろうな
2015/05/09(Sat) 23:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148098 
>>148064
skybridgeの事を理解してないな
あれはカスタムSoCを作る際にどのIPの組み合わせでもIPの再設計をする必要がなくなることが一番のメリットだ
ソケット互換はただのオマケにすぎない
2015/05/10(Sun) 05:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8059-e00753a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック