北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Globalfoundries 14nm process has volume production levels(Fudzilla)

GlobalFoundriesはSamsungからライセンスされた14nm FinFETプロセスの大量生産に入っている。

Experviewによると、14nmプロセスは14nm LPE (Low Power Early) と14nm LPP (Low Powe Plus, advanced low power processing) で構成され、どちらもニューヨーク州のFab 8で調整を行っているという。
 
GlobalFoundriesが公式に明らかにした進捗状況によると、14nm LPEプロセスは今年初めにcertification(認可、検定・・・なかなかよい日本語の訳語が思い浮かばない)を通過し、現在では大量生産レベルまでイールドが向上しているという。
 
14nm LPPプロセスは2015年第3四半期にcertificationを迎える予定で、2016年第1四半期に大量生産に入る。

GlobalFoundriesの14nm LPPは追加機能も提供され、追加機能としてはadditional IP coreや2.5D, 3D TSV packagin, Advanced DFMそしてより良いEDA refernce flowがある。

14nm LPPはMobile processorに加え、高性能コアにも用いられる。この高性能コアには14nm FinFETを用いるAMDの次世代CPUやGPUも含まれる。

本題はGlobalFoundriesの14nmプロセスの進捗状況についてですが、興味深いのは6段落目で、ここにAMDの次世代製品への言及があります。
“Zen”や“Greenland”など2016年のAMD製品は14nm FinFETプロセスで製造されるといわれていますが、この14nm FinFETが具体的に何を使うのかは明らかにされていませんでしたが、今回の話では14nm LPPが高性能コアにも使用され、これにAMDの次世代CPUやGPUが含まれるとあります。この通りであれば、“Zen”や“Greenland”は14nm LPPで製造され、14nm HP (High Performance) のような特別なものではなさそうです。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
147960 
14nmの種類があるのは分かるが、何が違うのかチンプンカンプンな私。
何はともあれ、Intelに近づいた事だけで嬉しい。
2015/04/30(Thu) 00:55 | URL | FOX #-[ 編集]
147961 
certificationは「認証」が一般的と思います
2015/04/30(Thu) 01:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147963 
>certification(認可、検定・・・なかなかよい日本語の訳語が思い浮かばない)

「認証」じゃね?
2015/04/30(Thu) 07:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147965 
>14nm LPPプロセスは2015年第3四半期にcertificationを迎える予定で、2015年第1四半期に大量生産に入る。
じ・・・時空を超えるっ!!
2015/04/30(Thu) 08:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147966 
CPU向けにカスタマイズしたプロセスが使えなくなることでクロックが上げられなくなる
Kaveriでクロック上げられずにCPUパワーが下がってしまったのを隠すために
CPUベンチのレビューを禁止したのと同じことがまた起こるということ
2015/04/30(Thu) 09:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147967 
GFの14nmがなんとかなりそうで良かった
しかし、GFでGPUも作るなら、TSMCの16nmは使うつもりがないのかな
2015/04/30(Thu) 10:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147968 
いつも拝見してます、更新お疲れ様です。

>“Zen”や“Greenland”は14nm LPPで製造され、14nm HP (High Performance) のような特別なものではなさそうです。

14nmHPではないとすると、クロックはそれほど上がらなさそうですね。
多コアではあるけれど、クロックは3.0GHzまでといったXeonのようなCPUになりそう。
2015/04/30(Thu) 10:40 | URL | LGA774 #JalddpaA[ 編集]
147972 
pass certification
認証よりはもう一歩踏み込んで意訳しないといけない
ってことでロールアウト(投入・本格展開)推し
2015/04/30(Thu) 21:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147991 
>147966

でもCarrizoは28nmの低消費電力プロセスを使って、その分をクロック向上に使い、性能低下を防いだって話だし、最早プロセスのみではCPU性能は決まらないのでは?
2015/05/01(Fri) 13:21 | URL | 金華山の仙人 #YxLF8yzk[ 編集]
147999 
サムの14nmもTSMCの16nmも実質20nmとか揶揄されてたりしてるのを見たことがあるがどういうことだ??
14nmとか20nmとか名乗れる時の基準が曖昧なんですかね。


2015/05/01(Fri) 17:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148016 
>pass certification

 「認証の段階を通過し」
辺りで良いのでは。
2015/05/03(Sun) 02:32 | URL | 通りすがりの者 #qbIq4rIg[ 編集]
148042 
>>147991
後藤氏の記事を都合よく解釈してるね
大原氏の記事が詳しいから見てきたら
2015/05/06(Wed) 16:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148050 
量産試験、かなぁ
2015/05/07(Thu) 02:17 | URL | LGA774 #OaNbtvYE[ 編集]
148056 
Certification っていうと公式というか、第三者がお墨付きを与えるためのテストを指すので、
きっちり検査して大丈夫だと確認しましたよってニュアンスだと思う。

「公式にゴーサインが出た」ってのでどうだろ。
2015/05/07(Thu) 14:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148058 
>>147991
いや、たしかAMDの広報のグラフではCarrizoはノート用の
~20WくらいまでのところではKaveriより改善してるけど
デスクトップ用のレンジでは逆に下がってたな

http://images.anandtech.com/doci/8995/6%20-%20High%20Density%20Design.png
2015/05/07(Thu) 16:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148082 
まあ要するに「最適化」って話ですね。

勿論、更なる微細化やFinFET等の「技術革新」には、根本的には敵わない訳で。

ゼロ戦なんかも、その当時の技術を究極的に「最適化」する事で高性能化した為に、その後の性能アップ対策は、成功してるとは殆ど言えないし。

いずれにしても今年のAMDのCPU/APU製品は、様子見しか無さそうですが。
2015/05/08(Fri) 14:28 | URL | 金華山の仙人 #Q3pCjmGY[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8052-89e7fcfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック