北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Fiji XT PCB to end up significantly smaller than Radeon 290X(Fudzilla)

現在の一般的なハイエンドカードは大型で、通常2スロット仕様の冷却機構を搭載してカード長は280~300mmとなる。Radeon R9 290Xでは280~300mmの長さと114~142mmの幅がある。
Fudzillaで得た情報によると、“Fiji XT”はRadeon R9 290Xよりも明らかに短いカードになるという。
 
この理由はきわめて単純で、GPUがインターポーザとその周囲のHBM 1 memory unitで構成されるためである。Radeon R9 290XではGPUの周囲に8または16枚のGDDR5チップをカードの両面に配置していた。一方“Fiji XT”ではGPUの周囲に4つのHBM 1を配置するのみとなる。

この結果、“Fiji XT”ではより短い基板を設計してカードをより小さくすることができる。業界筋の情報では“Fiji XT”搭載カードは平均的なメインストリーム向けカードと同等の大きさであるという。

現在、AMDは“Fiji XT”を6月にローンチすることを計画しているが、Computexの時期ではない。“Fiji XT”のローンチはロサンゼルスで開催されるE3の後のゲーミングイベントである。

“Fiji XT”ではシリコンインターポーザとHBM 1が用いられますが、基板に必要な面積がGPU+GDDR5より狭くなるようで、結果基板の長さを短くすることが可能となるようです。カードの大きさの決定因子には基板の長さだけでなく冷却機構もあるため、基板だけが短くなっても必ずしもカード全体の大きさが小さくなるとは限らないでしょうが、MiniITXモデルのようなカードは登場しやすくなるはずです。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
147970 
熱いのがRadeonだし、冷却の都合で短くなることは…
ただ、水冷化してもメモリに風当てる必要がないから、水冷モデルならITXサイズにも出来るかな?
2015/04/30(Thu) 17:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147974 
発熱と消費電力も減ってくれればさらに良いが
2015/04/30(Thu) 22:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148003 
GDDR5は1チップあたり2W弱くらいの消費電力で4チップとか8チップだったが
HBMってやっぱり1チップで10Wくらい消費するもの?
2015/05/01(Fri) 20:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
148029 
やっとグラボの巨大化も止まったか
2015/05/04(Mon) 11:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/8051-32f3feb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック