北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Allegedely Readying “Godavari” Kaveri-Refresh Platform For Launch In Summer 2015(WCCF Tech)
AMD releases Kaveri Refresh the summer - Carrizo-FM2 + deleted from the plans(SweClockers.com)
Report: AMD plans Kaveri refresh for June-July time frame(The Tech Report)
AMD A10-8850K lifts graphics frequencies by 19 percent against A10-7850K(SweClockers.com)

AMDは今年中盤にノートPC向けに“Carrizo”と“Carrizo-L”を投入する。一方で、“Carrizo”がSocketFM2+向けに登場するかどうかは少し前から音沙汰がなくなっていた。

AMDの現在の製品計画では2015年にあったSocketFM2+向け“Carrizo”の計画は破棄されたという。代わりとして“Kaveri”の新Revisionである“Godavari”が投入される。“Godavari”は以前“Kaveri Refresh”と呼ばれていたものである。
 
“Godavari”は基本的には現行の“Kaveri”と同様の特徴を有し、現在のSocketFM2+で利用できる。メモリはDDR3-2133までに対応する。構成は4-coreまでの“Steamroller”CPUと8 Compute unit=512spまでのGraphics Core Next GPUとなる。一方でTDPは据え置きながら周波数が向上する。現在のAx-7000 seriesと比較すると10~15%程高速化される。

“Godavari”は初夏にローンチされると見込まれ、公式発表は6月2日のComputex 2015に絡めて行われると思われる。

この“Godavari”を使用すると思われるA10-8850Kのスペックについて記載があります。

“Kaveri Refresh”あるいは“Godavari”と呼ばれるデスクトップ向けAPUはA series 8000となる。しかし、現行の“Kaveri”と大きな差は無い。ちょうど“Trinity”世代のA series 5000と“Richland”のA series 6000のようなものである。最上位はA10-8850Kとなり、A10-7850Kの後継となる。

A10-8850KのCPUコア数は4でA10-7850Kから変化無く、定格周波数も3.70GHzで据え置きである。Turbo Core時の最大周波数は4.10GHzと100MHz上昇する。数字の上では2.5%の周波数上昇にすぎないが、Turbo周波数のより効率的な管理により、実際の性能はより向上しているかもしれない。

これよりも大きく異なるのはiGPUで周波数がA10-7850Kの720MHzからA10-8850Kでは856MHzに向上している。周波数の上昇幅は19%となり、「10~15%の性能向上」よりも向上幅は大きいが、メモリがDDR3-2133にとどまることから周波数向上幅ほどの性能向上にはならないのかもしれない。

この周波数は決して盤石に決定したものではなく、今後変更があるかもしれない。そもそもこの数字自体初期のものである。

A10-8850Kに加え、AMDが11種類のモデルを予定しているという。うち6種類はコンシューマ向けで、5種類は企業向けである。名称を挙げるとA10-8750, A8-8650K, A8-8650, A6-8550K, Athlon X4 870K, Athlon X4 850, A10 Pro-8850B, A10 Pro-8750B, A8 Pro-8650B, A6 Pro-8550B, A4 Pro-8350Bである。いずれもBIOSを更新すれば現行のSocketFM2+マザーで動作する。

登場は6~7月が予定されている。

A10-7850Kと今回情報の出てきたA10-8850Kのスペックを並べると以下のようになります。

A-series 7000 APU, A-series 8000 APU
コア数定格周波数
TC時周波数
キャッシュTDP
cTDP
対応メモリ価格
GPU
SP数GPU周波数
A10
-8850K
4-core
2-module
3.70GHz
TC 4.10GHz
L2=2MB x295W
2ch DDR3
-2133
'15/6-7
Radeon R7?
512spMax 856MHz
A10
-7850K
4-core
2-module
3.70GHz
TC 4.00GHz
L2=2MB x295W
2ch DDR3
-2133
'14/1/14
$149
Radeon R7
512spMax 720MHz


同CPU/GPUコアで周波数を引き上げた“Trinity”と“Richland”のたとえがありますが、今回の“Kaveri”と“Godavari”も似たような関係となります。GPUについては720MHz→856MHzと比較的大きな周波数向上が見られます。一方CPUについては3.70GHz/TC 4.00GHz→3.70GHz/TC 4.10GHzとTurbo時の最高周波数が100MHz向上しただけにとどまり“Trinity”→“Richland”の変化よりも小さなものとなります。

あちらこちらから“Carrizo”を出せとか6-core APUを出せとか聞こえてきそうですが、デスクトップ向けは“Zen”を採用する“Summit Ridge”までこの“Godavari”でつなぐのでしょうか。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
146941 
アヴァリ神降臨
だが3M6Cはなしかー
リフレッシュするならもうちっと無茶しようよ
モジュール構造は楽にコア増やす為の奴じゃなかったのかよ
2015/01/27(Tue) 23:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146943 
KaveriよりIPC高いっぽいxcavatorだと高クロック品取れないのかもしれんね
同じコアなら値段据え置きのまま定格4G品は欲しいですな
2015/01/27(Tue) 23:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146944 
GPUあげなくていいからCPUのクロックあげてよ
2015/01/27(Tue) 23:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146950 
これ、ただの選別品じゃあ…
2015/01/28(Wed) 00:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146952 
Kaveri Refreshが初夏ってことはCarrizoは予定通りに後ろにずれにずれて来年になるってことなの?
2015/01/28(Wed) 01:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146954 
TDP増えてもいいから6コアとか、もう少し8850kの魅力がほしい
2015/01/28(Wed) 01:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146956 
メモリが一歩下がってどうする、、、
2015/01/28(Wed) 06:53 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
146970 
うーん
しょっぱいなー
2015/01/29(Thu) 00:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146984 
お黙り!
2015/01/30(Fri) 14:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146985 
Godavariに合わせてマザーボードも新しく出してくれないかな?
その後Zenが出る事がわかっているから、そんな無駄な投資はしないかな。
2015/01/30(Fri) 15:20 | URL | LGA774 #xwHVJmBg[ 編集]
148235 
定格電圧でもコア1000は回るのだからもっとUPしてほしかった
2015/05/24(Sun) 22:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7933-34db2513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック