北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Nvidia to reveal range-topping GM200 at GTC in March(HEXUS)
Nvidia unveils GM200 on the GPU Technology Conference 2015(SweClockers.com)

NVIDIAはGM200を3月17日から20日に開催されるGPU Technolgy Conference (GTC) で明らかにする計画であるようだ。GM200はTeslaまたはQuadroとして発表される見込みで、以前にはGM200を搭載するカードとしてQuadro M6000の話が出たこともあった。
 
不確かな噂ではGM200は3072のCUDA coreを搭載すると言われており、この数はGM204の50%増しである。“Kepler”系のGK110の2880と比較してもやや多い数字である。

メモリインターフェースは384-bitになると言われているが、“Maxwell”アーキテクチャ効率的なのメモリ管理技術により、GK110よりもメモリ周りの性能は向上すると考えられる。Quadro M6000については、GDDR5を12GB搭載するとされる。

GM200搭載カードについてはQuadro M6000という名の他にGeForce GTX Titan Xという名が挙がっており、こちらは$1349で登場するという噂も流れています。
3月のGTCではどのような形でGM200が明らかにされるのかはまだ分かりません(コアの技術詳細が発表されるのみか、搭載製品が正式発表されるのか)が、期待のコアが何かしらの形で姿を現すことは期待して良さそうです。

(過去の関連エントリー)
GeForce GTX Titan Xが$1349で登場する・・・かもしれない(2015年1月23日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
146915 
380Xの性能と価格によっては、780Tiのようなものもすぐに出ますかね
ゲーマーにTITANは高すぎるので
消費者としては価格競争してほしいです
2015/01/26(Mon) 22:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146922 
50%->150%はいいとして、、、
Teslaって、って言うよりGPGPUって、メモリ圧縮は効くの?
2015/01/27(Tue) 06:06 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
146928 
どうせ高額ならこっちも水冷化でクロックを上げて300Wで980比1.6~1.7倍とかすればいい
2015/01/27(Tue) 12:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146932 
価格競争以前にあの舐めきったパーツ代理店を何とかすべき
2015/01/27(Tue) 16:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146957 
ハードの値段が高いのはまだましかもしれない。
Filemakerを前の職場で使っていたんだけど、中身は変わらないのに、
国によって大幅に値段が違う。中国版を売ってた所は最初はフランス
版を仕入れる予定だったらしいから、おそらく日本だけ、欧米諸国
(というか先進国)でも別格の値段をつけているっぽい。
受けられる無料のサポートはほんのちょっと。それ以外は有料の
セミナー。
機能としてはそんなに不足はなかったけど、売り文句は「住所録等の
データベースを簡単に作れる」って、、、今時住所録で数万円×台数
をありがたがれって、無理だろw
2015/01/28(Wed) 07:17 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
147134 
Filemakerは外注すると50万円以上かかるDBを
発注打合せ程度の時間で自前で好きに作れるのがメリット
個人で買うものじゃない
同じ値段でできることを考えると確かにTeslaに割安感があるな
2015/02/11(Wed) 17:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
147138 
147134>
その「自前で好きに作れる」人がどこの中小企業でも居るとか、」まさかマジで言ってる?
2015/02/12(Thu) 00:13 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7930-a5b18823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック