北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD to launch A68H chipset in September(CPU World)

DigiTimesが先日、“AMD A68 FCH”なる新チップセットをSocketFM2+向けに投入すると報じた。この“A68 FCH”はUSB 3.0に対応するが価格はA58 FCHよりも$2だけ高いものとなる。そしてこの新チップセットは9月に登場する。しかし、DigiTimesが報じた新チップセットの名―“A68”はそもそも誤りである。正しい名は“A68H”である。
 
“A68”を名乗るチップセットは2012年に“Bobcat”に対応するチップセットとしてリリースされている。9月に登場する新チップセットは“A68H”で、コードネームは“Bolton-D2H”である。“AMD Bolton-D2/D2H/D3/D4 FCH Databook”と題された資料にこのA68H FCHが掲載されており、A58と異なりA68HはUSB 3.0とSATA 6.0Gbpsに対応することが分かる。A68HはUSB 3.0を2オート、USB 2.0を10ポート、SATA 6.0Gbpsを4ポート搭載する。またHD Audioコントローラを搭載、PCI-Express 2.0を4レーン有する。

AMD A78とA58の間に位置する新チップセットがSocketFM2+向けに9月に登場する・・・ここまでは先日のDigiTimesの情報通りですが、その名が誤っていたようで、DigiTimesが報じたA68ではなく、A68Hが正しい名となるようです。
A68という名のチップセットは“Brazos 2.0”向けに別に存在しており(そういやあったな・・・)、これと区別する意味で“H”がつけられたA68Hという名になるようです(それでも何となく紛らわしい)。スペックは順当にA58とA78の中間に収められていますが、どちらかというとA78寄りのスペックで、SATA 6.0GbpsやUSB 3.0といった機能は搭載するものの、その数が減らされています。

(過去の関連エントリー)
AMD A68チップセットが9月に登場する模様(2014年8月12日)
A68 FCH―“Brazos 2.0”と組み合わされるデスクトップ向けチップセット(2012年7月11日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
145139 
beema搭載マザーはよ
2014/08/25(Mon) 20:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7718-fc2c046b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック