北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Sapphire Radeon R9 285 ITX Compact Edition Pictured(techPowerUp!)
Sapphire shows off first Radeon R9 285 in ITX format (VideoCardz)

ちょうどASUSやMSIがMiniTIXに対応できるGeForce GTX 760搭載カードを投入しているように、SapphireもPerformance帯のGPUを搭載した小型のカードを投入しようとしている。Sapphireのカードは先日AMDから予告されたRadeon R9 285を搭載するもので9月2日に発表される。“R9 285 ITX Compact Edition”と呼ばれるこのカードは2スロット超であるが長さが17cm、高さが11cmに収まる。冷却機構はアルミニウム製の密なフィンを用いたヒートシンクに10cmのファンを1基搭載したものである。PCI-Express電源コネクタは6-pinが2基で8-pinを6-pin×2に変換するコネクタも付属している。画像出力はminiDisplayPort 1.2が2ポート、HDMI 1.4aが1ポート、Dual-link DVIが1ポートである。
 
“R9 285 ITX Compact Edition”はDual-BIOSにも対応しており、BIOS切り替えスイッチを搭載する。このスイッチはUEFI BIOSと旧来タイプのBIOSを選択できるものである。周波数はコア周波数が918MHz、メモリ周波数が1375MHz(5500MHz)となる。SapphireはこのカードのOC版も予定しており、コア周波数が10MHz高められて928MHzとなるが、メモリ周波数の変更はない。この他のスペックはRadeon R9 285のリファレンスに準じ、StreamProcessor数は1792、TMUは112、ROPは32、メモリインターフェースは256-bit、搭載メモリはGDDR5 2GBとなる。

“R9 285 ITX Compact Edition”の写真も掲載されています。冷却機構は銀色と黒色の配色となっています。カード長は“Compact”を名乗るだけあって短く、Radeon HD 7750クラスのカードと同程度の長さに収まっています。

なおSapphireは6種類のRadeon R9 285搭載カードを予定しているようで、このITXタイプに加え、通常のカード長となる製品でメモリを2GB搭載するものと4GB搭載するものが用意されます。恐らくはそれぞれにリファレンス周波数版とOC版が存在するのでしょう。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
145147 
190Wをmini-ITXに…
LAN Party持ち込み用小型ゲーミングPCとかの用途なのかな
2014/08/26(Tue) 18:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7717-c144bbbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック