北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Errata prompts Intel to disable TSX in Haswell, early Broadwell CPUs(The Tech Report)

“Haswell”ではCPUコアにTSX命令が新たに実装されたが、現時点ではそこまで多くのソフトウェアで利用されているわけではない。しかし、TSX命令はMulti-threadアプリケーションを確実に高速化するものである。

ところが不幸にもこのTSX命令はエラッタのため無効化されることになってしまった。Intelが明らかにしたところによると“Haswell”のTSX命令の実装ではソフトウェアに致命的なエラーを引き起こしてしまうという。
 
このTSX命令の問題はIntel外部のソフトウェア開発者によって発見された。そしてその後Intel自身がこのエラッタのテストを行ったという。昨今のCPUコアでこの規模のエラッタが見つかることはそうあることではない。

このような場合、Intelは現行製品のTSX命令の無効化をマザーボードのファームウェアの新バージョンを提供し、CPUマイクロコードの更新を行うことで行う。TSX命令を無効化すれば“Haswell”は安定して動作することになるが、TSX命令で提供される機能を得ることは出来なくなる。

このTSX命令のエラッタはごく最近見つかったもののようで、“Broadwell-Y”の最初のリビジョンで修正するには遅すぎたようである。先日、Intelは“Broadwell-Y”の製品版シリコンを顧客に出荷していることを明らかにしたが、この“Broadwell”の最初のチップはマイクロコードによりTSX命令が無効化される。

Intelは“Broadwell”の次期ステッピングで修正にかかるが、この“Broadwell”の次期ステッピングがいつ登場するかは分からず、このTSX命令のエラッタが“Broadwell”を搭載システムの第1弾にどこまで波及するかは分からない。

現在“Haswell”と“Broadwell”はそのほとんどがコンシューマ向けに出荷されている。そのため、このTSXの不具合による混乱は比較的最小限に抑えられる。当初のTSX命令の最適化はトランザクショナルデータベースサーバーのようなサーバー向けアプリケーションであった。現在のサーバー向けのXeonは“IvyBridge-EP”であるため、そもそもTSX命令をサポートしていない。

またこの問題はTSX命令の使用が制限されるものであり、かつてのAMDの“Barcelona”のTLBエラッタのような差し迫ったものではない。“Barcelona”の場合はAMDはOpteronの出荷を中止する羽目になり、コンシューマ向けのPhenomではマイクロコードのパッチにより性能に大きなダメージを与えてしまった。それに対し、今回のTSX命令のエラッタの不幸な点は、TSX命令を利用するソフトウェアの開発が遅れてしまうと言うことである。

このTSX命令のエラッタと“Haswell-EP”への影響であるが、“Haswell-EP”のローンチは迅速に行われ、このTSX命令のエラッタが製品の送れにつながることはないという。スポークスマンによると“Haswell-EP”においてTSX命令は「開発を目的とする場合において」ソフトウェア開発者に対し、有効化されるという。そしてその次の“Haswell-EX”で「製品として準備される(ready for production)」という。

言い換えると“Haswell-EP”はスケジュール通りに登場するが、TSX命令のエラッタは残存したままで、マイクロコードによる無効化されるという。エラッタ発動のリスクを承知でTSX命令を動作させる場合は、ファームウェアのメニューのオプションから有効化することになる。そしてTSX命令を製品版システムで用いる場合はその次の“Haswell-EX”を待つ必要がある。

かつての“Barcelona”が引き合いに出されていることからもわかるように、昨今のCPUとしては比較的規模の大きなエラッタが“Haswell”のTSX命令において見つかったようです。これに対しては“Haswell”のTSX命令をマイクロコードで無効化するという処置がとられるようです。また“Broadwell”の初期ステッピングや“Haswell-EP”もこの影響を受ける模様です。そしてTSX命令が製品レベルで使えるのは“Haswell-EX”からとなるようです。

とはいえ、現時点ではTSX命令自体がそれほど多く使われているわけではないようで、特にコンシューマ用途においてはそれほど気にする必要はなさそうです。

(TSX命令に冠する参考記事)
IDF 2012 - 次期Intel Core「Haswell」の内部構造を探る - 拡張命令(AVX2/TSX)編(マイナビニュース)
Haswell のトランザクション同期(iSUS)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
145074 
結局バルセロナのエラッタを再現することはできなかった
2014/08/20(Wed) 00:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
145079 
懐かしのネタ「CPUにバグなんてあるわけないだろw」が復活とは!
2014/08/20(Wed) 02:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
145083 
Broadwellが一箇所
Broaswellになっとります
2014/08/20(Wed) 15:54 | URL | LGA774 #t3.6hico[ 編集]
145089 
バケラッタ
これがわかれば30代
2014/08/20(Wed) 22:26 | URL |   #-[ 編集]
145110 
※145089
ご飯三十杯食う兄が居るお方ですね。
2014/08/21(Thu) 22:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7705-e929ce9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック