北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Details Newest Microarchitecture and 14 Nanometer Manufacturing Process(techPowerUp!)
Intel's Broadwell processor revealed(The Tech Report)
Intel Broadwell Architecture Preview: A Glimpse into Core M(AnandTech)
Intel Details Newest Microarchitecture and 14 NM Fab Process(Guru3D)
Intel Core M Processor: Broadwell Architecture and 14nm Process Reveal(PC Perspective)
Intel、ファンレスPCを目指したCore Mプロセッサ(Impress PC Watch)
モバイルへの最適化を進めるIntelの14nmプロセス(Impress PC Watch / 笠原一輝のユビキタス情報局)

Intelは14nmプロセスで製造される最新マイクロアーキテクチャの詳細を明らかにした。これらの技術により高性能と低消費電力を両立し、広範囲にわたるコンピューティングニーズに応え、クラウドコンピューティングの基幹施設から個人向けのInternet of Things (IoT) やMobileまでをカバーする。
 
「Intelの14nmプロセスは第2世代のTri-gateトランジスタを使用し、業界最先端の性能と省電力性、密度、そしてトランジスタ辺りのコストの低減を実現している」とMark Bohr (Intel senior fellow, Technology and Manufacturing Group, and director) 氏は語る。

14nmプロセスの“Broadwell”をベースとするCore Mの概要が明らかにされました。“Coming Soon: Intel(R) Core(TM) M”と題されたスライドに大まかな特徴が記されています。

  • 14nmプロセス第2世代Tri-Gateトランジスタ
  • TDPの削減により9mm以下のファンレス設計を可能とする
  • システムに最適化した動的電力・温度管理技術
  • SoCのIdle時消費電力の削減と動的管理幅の拡大
  • 第2世代のFVIRと3DL technology
  • 次世代Broadwell Converged Core
  • 次世代GPU, Media accelerator, display
  • チップセットは低消費電力化、ストレージの高速化、Voice usage

このCore Mが14nmプロセスを使用する最初の製品となり、2014年末に姿を現し初め、2015年上半期には幅広く出回るようになるようです。また2015年上半期には複数の14nmプロセス製品が立ち上がるとも述べています。

今回は概要のみでしたが、来月のIDFでもう少し踏み込んだ話が期待できるでしょうか。




PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
145006 
欲しくなる
2014/08/13(Wed) 06:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
145007 
haswellでさえイマイチだったのに、理想論ばっかりにしか聞こえなさそうなのが懸念材料か
2014/08/13(Wed) 07:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
145010 
ダース・ベイダー卿のテーマ曲でよろしいか
2014/08/13(Wed) 14:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
145011 
>だとすると、元々2014年の前半に発表が予定されていたBroadwellの予定が遅れ、Broadwell-Yが今年中に、それ以外のBroadwellが2015年になってしまった理由は、少なくとも新しいプロセスの立ち上がりではない可能性が高い。

回路周りかな?
2014/08/13(Wed) 15:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7693-b81b89b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック