北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
HGST Shows-Off World’s Fastest SSD Based on PCM Memory.(X-bit labs)
Phase-change prototype claimed to be world's fastest SSD(The Tech Report)
HGST、SSDで世界最速となる300万IOPSを記録(Impress PC Watch)
HGST Flash Memoryサミットにて世界最速
SSDの技術デモンストレーション
(HGST / PDFファイル)

HGSTはFlash Memory Summitで世界最速のSSDのデモを行った。このデモではレイテンシを最適化したインターフェースプロトコルと次世代不揮発メモリを組み合わされたSSDが使用され、前代未聞となるレベルの性能が示された。
 
使用されたSSDはPCI-Expressインターフェースを使用しており、Rnadom読み込み性能はQueued環境で300万 IOPS (3M 512-byte IOPS) を示し、Non-Queued状態でRandom Readアクセスレイテンシは1.5μsであった。この数字は現行のSSDアーキテクチャとNANDフラッシュメモリでは達成できない数字である。

今回のSSDでは1Gbの相変化メモリ(Phase Change Memory (PCM))が使用された。この新メモリ技術とソフトウェアアプリケーションの能力を最大限引き出すため、HGSTは性能を最大限最適化する低レイテンシインターフェースアーキテクチャを開発している。
1Gb PCMは45nmプロセスで製造された。またカードはPCI-Express 2.0 x4対応となっている。


相変化メモリを使用したPCI-Express SSDのデモがFlash Memory Summitで行われ、Random Read 300万IOPS, Random Read latency 1.5μsというすさまじい性能を実現したようです。

※初出時レイテンシを1.5msと表記していましたが、1.5μsに訂正させていただきます。大変失礼致しました(なお、X-bit labsも1.5msと誤って書いているよう)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
144963 
記事中に現行SSDの性能も参考程度に記してくれるとありがたいです。
2014/08/07(Thu) 23:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144964 
レイテンシは1.5μs(マイクロ秒)、ミリ秒だと0.0015msですね。
2014/08/07(Thu) 23:40 | URL | すすど #evJfJNNk[ 編集]
144966 
>Rnadom読み込み性能はQueued環境で30000万 IOPS

こりゃあたしかに前代未聞だな(棒)
2014/08/08(Fri) 00:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144972 
30000万 IOPS =3M 512-byte IOPS ?
※3M=300万(3×1000×1000)
桁が違うのはたぶん512-byteで調整されたってことなんでしょう
2014/08/08(Fri) 09:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144974 
ソース元の説明ではこのフェイズチェンジメモリの速度は300万IOPS、Non-queued readは1.5μs(0.0015ms)ですね。
最近のSSDのレイテンジーは50μs程度なので約30倍以上の違いがありますね
2014/08/08(Fri) 13:01 | URL | LGA774 #AxZBP2pg[ 編集]
144978 
果たして似たような物が一般向けの製品になるのはいつのことだろうか
HDDまで置き換わったらなかなか大革新だろうな
2014/08/08(Fri) 22:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144979 
すでに大量の突っ込みが入っているかもしれませんが...
ms(ミリ秒)ではなく、μs(マイクロ秒)ですよ!!!
2014/08/08(Fri) 23:10 | URL | _ #-[ 編集]
よく読ませてもらっています。

失礼ですが,記事中の数値が,HGSTの資料のものと,ちょっと違うようなのですが。
HGSTのPDF中では,
「PCIeインタフェースのSSDのデモは、Queued環境で512バイトのランダムリードで3百万IOPS、
Non-Queuedでランダムリードアクセスのテイテンシは1.5マイクロ秒と、
現状のNANDフラッシュメモリで構成するSSDの性能では達成不可能なレベルです。」
と記載されているのですが…。
2014/08/09(Sat) 09:57 | URL | 読者1 #eFENgsiM[ 編集]
144984 
30000万
2014/08/09(Sat) 17:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144985 
1.5msではなく1.5μsでは?
2014/08/09(Sat) 19:24 | URL | LGA774 #SFo5/nok[ 編集]
144997 
ミリ秒でもマイクロ秒でもなくミューズに見えてしまう悲しいオレ
2014/08/12(Tue) 16:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144998 
いまある相変化メモリってレアメタルを使うけど
商業生産できる量を確保できるのだろうか
もし実現したらCPUの構造を変えなきゃならないほど
エライことになりそうな気がするょ
2014/08/12(Tue) 19:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
145018 
現行のSSDがランダムアクセス10万IOPSくらいですよね
2014/08/14(Thu) 00:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7685-ba35208b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック