北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
ADATA Launches Premier DDR4 2133 U-DIMM Memory(techPowerUp!)
ADATA Launches Premier DDR4 2133 U-DIMM Memory(ADATA)

ADATA technologyは7月31日、Premier DDR4-2133 Unbuffered DIMM memoryをローンチした。このDDR4-2133 Unbuffered DIMMは“Haswell-E”プラットフォームでサポートされる。

周波数は2133MHzで転送帯域は17GB/sに達する。そのためこのDDR4-2133メモリは現行世代のDRAMと比較し、優れたデータ転送効率を有することになる。DDR3と比較すると、DDR4メモリは高い周波数を有する一方で消費電力は低くなる。駆動電圧は1.2Vであり、このDDR4-2133メモリは20%の電力削減を実現し、環境に優しいものとなっている。デスクトップPCにおいては、DDR4は低いコストで性能を底上げできるというアドバンテージを有するものとなる。

ADATAからDDR4-2133メモリが発表されました。“Haswell-E”を控え、今後徐々にDDR4メモリ製品も登場するものと思われます。
コメント
この記事へのコメント
144898 
DDR3-2133より確実に高いし
早くも無いでしょw
2014/08/03(Sun) 03:57 | URL | - #-[ 編集]
144902 
DDR3は周波数が高くなるほど性能の伸び率が鈍化して
2666ぐらいで実測値がほぼ頭打ち
2133ならDDR4の方が多少速いかもしれないね
どっちにしろ、次世代ってぐらいだから3000は欲しい、、
2014/08/03(Sun) 11:47 | URL | LGA774 #qbIq4rIg[ 編集]
144905 
ちょうどDDR3-2400でKaveri一式組んだところなんだが、それより見劣りする数字か
DDR4は当面必要なさそうだな
2014/08/03(Sun) 13:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144908 
高いのはわかるが早くないってことはないだろ
2014/08/03(Sun) 19:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144923 
定格クロックとOCクロックを同一視する頭のねじのズレたユーザーがDDR3とDDR4を比較した悲惨な結果が各所のコメントから見て取れる気がする。
AMDはAPUでDDR3-2133を正式サポートしてるけど、IntelはDDR3-1600が正式サポート、ハイエンド向けでやっとDDR3-1866。
それ以上はOCでの対応であって、OCユーザーからすると見劣りする値なのは仕方ないと思うけど、例えばIntelのミドルレンジPCでの定格ユーザーからするとクロックだけなら33%増。
電圧も通常1.5vからOCメモリだと通常XMP等で1.65vまでは昇圧されてることや一定以上のクロックになると選別品であることなどから考えれば、DDR4はプレミア価格が落ち着いた後どの程度の価格帯になるのかにもよるけど、悪いことってOCユーザーにしかない気がする。

根本的な勘違い見つめなおす人ってなんでこんなに少ないんだか…
2014/08/05(Tue) 23:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144931 
>144923
そうよね
OCに生きがいを見出すユーザーの多い掲示板だからそうなる
俺みたいにノーマルに使うユーザーが世の中圧倒的多数だという現実知るべし
2014/08/06(Wed) 08:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144937 
>144923
読点で文を繋いでるせいか何言ってるかよくわからない・・・
せっかく何か説明してくれてるんだから整理して書き直して欲しいところ
2014/08/06(Wed) 12:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144952 
OCもしないのにグリスバーガー!グリスバーガー!って訳も分からず叫んでる連中だらけだしそんなものでしょ
2014/08/07(Thu) 07:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7673-c3618818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック