北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
正直なところ、今回の話はかなり怪しいものですので、こんな話もある程度に捉えていただければ幸いです。

Xeon E5-2xxx v3 (dual-processor)(WikiPedia (英語版))
HP ProLiant DL380p Gen8サーバー シリーズ(HP)

少し前より英語版WikiPediaに“Haswell-EP”を使用するXeon E5-2600 v3のラインナップとスペックが記載されています。ただ記載されているだけであれば今までの情報を元にしているともとれますが、今のところここが一番詳しいスペックを載せています。以下が記載されているラインナップとなります。
 
◇Xeon E5-2600 v3(Haswell-EP / 22nm / 4ch DDR4-2133 / QPI 9.60GT/s×2 / LGA2011-3)
  E5-2699 v3 18-core 2.30GHz L3=45MB TDP145W
  E5-2698 v3 16-core 2.30GHz L3=40MB
  E5-2697 v3 14-core 2.60GHz L3=35MB TDP145W
  E5-2695 v3 14-core 2.30GHz L3=35MB TDP120W
  E5-2690 v3 12-core 2.60GHz L3=30MB TDP135W
  E5-2687W v3 10-core 3.10GHz L3=25MB TDP160W
  E5-2685 v3 ※HPのWebサイトのページソースに記載
  E5-2683 v3 14-core 2.00GHz L3=35MB TDP120W
  E5-2680 v3 12-core 2.50GHz L3=30MB TDP120W
  E5-2670 v3 12-core 2.30GHz L3=30MB TDP120W
  E5-2667 v3 8-core 3.20GHz L3=20MB
  E5-2660 v3 10-core 2.60GHz L3=25MB TDP105W
  E5-2650 v3 10-core 2.30GHz L3=25MB TDP105W
  E5-2650L v3 12-core 1.80GHz L3=30MB TDP65W
  E5-2643 v3 6-core 3.40GHz L3=15MB
  E5-2640 v3 8-core 2.60GHz L3=20MB TDP90W
  E5-2637 v3 4-core 3.50GHz L3=10MB
  E5-2630 v3 8-core 2.40GHz L3=20MB
  E5-2630L v3 8-core 1.80GHz L3=20MB
  E5-2623 v3 ※HPのWebサイトのページソースに記載
  E5-2620 v3 6-core 2.40GHz L3=15MB TDP85W
  E5-2609 v3 6-core 1.90GHz L3=15MB
  E5-2603 v3 6-core 1.60GHz L3=15MB

これだけであれば、それらしいスペックを適当にでっち上げたのではないかという疑いも出てきますが、HPのProLiant DL380p Gen8サーバーシリーズのWebサイトのソースにスペックこそ記されていないもののXeon E5-2600 v3のラインナップが記載されています青葉、見ちゃいました!

Haswell-EPのラインナップ(2014年7月8日)

HPのWebサイトのページソースに記載されているのはWikiPediaに載せられているラインナップ全てにXeon E5-2685 v3とE5-2623 v3を加えた合計23種類です。このために、具体的なスペックはともかくとして、ラインナップとモデルナンバーに関してはWikiPediaの記載も全くの出鱈目とも思えなくなくなってきますっぽい?

ここから先はW○○F Techばりの妄想を・・・。
この通りであれば、コア数は4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18と4からの18までの偶数がきれいにラインナップされる形となります。“IvyBridge-EP”に3種類のダイがあったように“Haswell-EP”もまた複数のダイからこれらのラインナップを作り出すことになるでしょう。このうち最も小型ののダイは“Haswell-E”でも使われことになるでしょう。そのため、“Haswell-E”の最大コア数である8-coreのダイがあるのではないかというのは容易に予想できますここは譲れません
一方最大のダイは“IvyBridge-EP”の15-coreのダイのように3列ダイの可能性が考えられ、ちょうど18-coreというのはそれに合致する数字です(18-coreなのか21-coreなのかはおいておいて)。
残りのコアですが16-coreを3列ダイからつくろうとすると、1段×3列の無効化のようなきれいな形ではなくなります(どこかの列が1コア多くなる)。できなくはないのかもしれませんが、“IvyBridge-EX”を見る限りではそのようなコアはなさそうです(15-coreから14-coreや13-coreをつくるようなことはしておらず、10-coreにしても15-coreから作られてるものはStepping等を見る限りはなさそう)。そうなると16-coreのダイは8×2列のダイとなるでしょうか。そしてその下に12-coreのダイがあるのでしょうか? “Haswell-EP”のコア数とダイの関係は謎が深まるばかりです(Xeon E5-2699 v3の情報が出る前は14-coreが最大と言われていましたし)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
144559 
取り敢えず主力艦隊は青葉と夕立と加賀だな…

で、コア数崩してまで極端な強化って昨今のトレンドとはイマイチ噛み合ってない様な感じもあるけど
2014/07/08(Tue) 23:48 | URL | LGA774 #cLXfrEeo[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7626-24e461dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック