北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
(初出:2014年5月27日23時19分)
(追記:2014年5月28日22時27分)

Intel Core i7 "Haswell-E" Processor Lineup Detailed(techPowerUp!)
http://www.guru3d.com/news_story/intel_core_i7_5960xcore_i7_5930k_and_core_i7_5820k_haswell_e_cpus_specs_out.html(Guru3D)
Core i7-5960X, 5930K, 5820K detailed specifications exposure(Coolaler.com / 繁体中文)

Intelの次世代ハイエンドデスクトップCPU―“Haswell-E”のラインナップが明らかになった。“Haswell-E”は今年後半に予定されており、X99チップセットと組み合わされる。
現在のハイエンド向けCPUである“IvyBridge-E”はCore i7 4960X, i7 4930K, i7 4820Kの3種類が用意されているが、“Haswell-E”もこれらの後を継ぐように3種類―Core i7 5960X, i7 5930K, i7 5820Kが用意される。


“Haswell-E”は新たなLGA socketを採用する。このSocketはpin数こそ2011で現行とおなじ数であるが、現行のLGA2011との互換性はない。また“Haswell-E”はクライアント向けプラットフォームとしては初めてDDR4 SDRAMに対応するものとなり、“Haswell-E”はDDR4-2133に対応する。
 
ラインナップを1つずつ見ていくと、まず最下位のCore i7 5820Kは6-core/12-threadで$400未満の価格帯に投入される製品となる。L3キャッシュ容量は15MB、定格周波数は3.30GHzであり、TurboBoostにも対応する。メモリはQuad-channel DDR4対応である。また“K”の文字が示すとおり倍率ロックが解除されている。
ここまでのスペックを聞くと$400未満の価格帯のCPUとしては非常に優れたものに感じるが注意が必要な点が1つあり、それはPCI-Express 3.0レーンが上位モデルよりも減らされていることである。Core i7 5820Kではグラフィックカード向けのPCI-Experssレーンはx16+x8の24レーン分となり、3スロットのPCI-Express x16スロットがある場合はx16+x0+x8またはx8+x8+x8の配分となる。これにx4レーンが加わり、Core i7 5820KのPCI-Express 3.0レーン数は28となる。


この上に位置するのがCore i7 5930Kである。このCore i7 5930KはCore i7 5820Kと同様の6-core / 12-threadの製品で、L3キャッシュ容量も同様の15MBである。メモリがQuad-channel DDR4対応である点も変わらない。異なる点は定格周波数が3.50GHzと高められていること、そしてPCI-Express 3.0レーンが“Haswell-E”のフル仕様で合計40レーンを搭載することである。グラフィックカード向けのPCI-Express 3.0レーンはx16+x16の合計32レーンで、Quad-GPUの場合はx8+x8+x8+x8とすることが出来る。これにx8レーンが加わる。

最上位がCore i7 5960Xで、8-core / 16-thradの製品となる。L3キャッシュ容量は20MBとなる。定格周波数は3.00GHzである。PCI-Expressレーン数はCore i7 5930Kと同じ40レーンである。

スペックは以下の通り。

Core i7(Haswell-E / 22nm / LGA2011-3)
コア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
PCI-Express
Core i7
5960X
8-core
16-thread
3.00GHz
TB *.**GHz
L2=256kB x8
L3=20MB
140W4ch
DDR4-2133
'14Q3
Gen.3.0:40
(2x16 + 1x8)
Core i7
5930K
6-core
12-thread
3.50GHz
TB *.**GHz
L2=256kB x6
L3=15MB
140W4ch
DDR4-2133
'14Q3
Gen.3.0:40
(2x16 + 1x8)
Core i7
5820K
6-core
12-thread
3.30GHz
TB *.**GHz
L2=256kB x6
L3=15MB
140W4ch
DDR4-2133
'14Q3
Gen.3.0:28
(1x16 + 1x8 + 1x4)


Haswell-Eのラインナップ(2014年5月27日)

これまでのハイエンドデスクトップ向けCPUと同様に、3モデルが投入されます。最上位のCore i7 5960Xは8-core、残りのCore i7 5930Kとi7 5820Kは6-coreとなります。やや注意が必要なのはCore i7 5820Kのスペックで上位の5900番台からPCI-Express 3.0レーンが減らされており、Multi-GPUを構成する際に制約が出る場合があります(特に4枚構成の場合)。



(2014年5月28日22時27分 追記分)
Rumor: New Intel Core i7 Haswell-E Processor Specs Allegedly Leaked(PC Perspective)
Intel Haswell-E Core i7-5960X, Core i7-5930K, Core i7-5820K Specifications Unveiled – Flagship 8 Core To Boost Up To 3.3 GHz(WCCF Tech)
Intel Core i7-5960X CPU-Z Information Exposure(Coolaler.com / 繁体中文)

Core i7 5960Xは“Haswell-E”の最上位となり8-core/16-threadとなる。定格周波数は3.00GHzでTurboBoostにより最大3.30GHzまで周波数が上昇する。L3キャッシュ容量は20MBである。

Core i7 5960X CPU-Z SS(2014年5月28日)

Core i7 5960XのCPU-ZのSSが掲載されました。8-core/16-threadである点、L3=20MBである点は既報通りです。そしてCPUの周波数ですが、100MHz×33=3.30GHzで動作しており、倍率は12~33となっています。定格周波数が3.00GHzであるのなら、3.30GHzはTurboBoost動作時の周波数と考えられます。

ちなみにCPUコアのRevisionはM0となっています。いずれ“Haswell-EP”が登場した際は、このRevisionの項目を見ることでどのコアがベースになっているかを推測することが出来るでしょう。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
143938 
5960Xは、ES品のクロックと変わらないのか?
2014/05/28(Wed) 00:22 | URL | LGA774 #lhVcev2I[ 編集]
143940 
お値段据え置きならばintelにしては頑張った方だね
でも来年ぐらいに$1500くらいで8Cx3.?GHzの上位版を出してきそう
2014/05/28(Wed) 02:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143941 
やっぱ8コアは最上位だけか
諦めるかね
2014/05/28(Wed) 02:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143942 
TDP増やしたって事は電圧レギュレーター内蔵だと思うんだが。
とりえあえず最下位モデルは400$くらいでオナシャス!!!
2014/05/28(Wed) 07:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143945 
3.5x6=21, 3x8=24 微妙だなぁ…。
2014/05/28(Wed) 08:56 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
143946 
5960より5930の方が性能よくなる場面がチラホラでそう
2014/05/28(Wed) 09:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143949 
8core3GHzって6core4GHz相当って考えるとたいしたことなくね
もちろん省電力には効果的だろうけど
あとはDDR4の16GBモジュールが使えるくらいか
4スロットしかなかったらお笑いだが
2014/05/28(Wed) 14:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143950 
ついに詳細来ましたか
5960X買うしかないなこれは!
2014/05/28(Wed) 15:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143953 
5820kあたりがおいしいね
2014/05/28(Wed) 18:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143954 
最上位の価格はいくらになるんだろう
2014/05/28(Wed) 19:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143956 
まさかの3GHz・・・orz
2014/05/28(Wed) 21:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143958 
Devil's Canyon次第ですね。
1スレッドx1.5が2スレッドと計算すると、3.0Ghzが4.5Ghzとなり、4Ghzでいい勝負となる
と言う事はメモリースピードで…と、なりかねない
消費電力を考えるとDevil's Canyonが妥当かもしれないので、値段を見てから検討します
2014/05/28(Wed) 23:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143959 
TBで結構上がるかと思ったけど、3.3GHz止まりか。
Ivy-EP 8コアの3.3・3.4GHzが2000ドル超えるのを見ると、999ドルに抑えるため、ここまでクロックを下げざるを得なかったのか。
2014/05/28(Wed) 23:27 | URL | LGA774 #lhVcev2I[ 編集]
143960 
8coreで4Ghz常用はムリか、、、、
う~ん、目新しさがない
2014/05/29(Thu) 00:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143964 
DDR4のまともな奴が供給されないと辛いな

今回も片面実装のみ8枚ざし可なのだろうか
2014/05/29(Thu) 07:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143965 
皆、あからさまなねつ造写真に踊らされるなよ。
Turbo Boostが何のために有ると思っているんだ。
上位モデルの方が下位モデルより遅くなる場面が無いようにするためだろ。
ノート用CPUを見れば判ると思うが、コア数の少ない下位モデルの方が定格(全コアアクティブ時の)周波数は大きい場合があるが、同コア数で遅いわけではない。
上位と下位の比較例:
i7-4700HQ(4C8T/定格2.4GHz/TB3.4GHz/GT2/TDP47W)
i5-4200H(2C4T/定格2.8GHz/TB3.4GHz/GT2/TDP47W)

i7-4790がTB4.0GHzなんだから、5960X(?)がTB3.3GHzとかあり得ないよ。
2014/05/29(Thu) 08:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143966 
TDP140Wなんて、どんなに高性能でもTDP95W以下でないと全く興味なし!
2014/05/29(Thu) 08:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143967 
日本で4万円前後になるなら5820kはかなりいいですね
いままでは4CoreCPUで一世代遅れの微妙なポジションでしたが
2014/05/29(Thu) 09:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143968 
なにこのガッカリな定格周波数…5970Xとかだったら3.2Ghzくらいにはなるかなぁ(´・ω・`)
2014/05/29(Thu) 09:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143969 
6コアが低価格帯に落ちてきてくれたのが嬉しい。
PCIeもグラボ1枚しか使わない人にとっては28レーンで十分だし、5820kは良いですね。


>143949
DDR4の仕様上スロットは1チャンネルあたり1スロットだったかと
2014/05/29(Thu) 09:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143970 
DDR3-2133と単価同じじゃないと^^
2014/05/29(Thu) 11:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143971 
Intelよ、間違ってもグリスで挟むなよ
2014/05/29(Thu) 17:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143972 
>底角周波数

角速度とかそういう話かと一瞬思った
2014/05/29(Thu) 19:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143973 
まだ3970Xでいいや
2014/05/29(Thu) 20:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143974 
ド素人の想像だけど、多分現行のTri-Gateプロセスでも、クロックヘッドルームはそんなに大きくないと思う。それこそFD-SOIウェハ+Tri-Gateの組み合わせが必要になるのではないか?

2014/05/29(Thu) 20:52 | URL | LGA774 #9zOzYU0I[ 編集]
143975 
5960Xは,4GHzくらいが常用域かな?
5820Kは,5930Kの5千~1万安くらいかな?

と予想してるんだが。
2014/05/29(Thu) 21:10 | URL | LGA774 #p6CkwyQg[ 編集]
143977 
底角周波数が3.00GHz
2014/05/29(Thu) 23:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143978 
3GHzを、どこまでOCできるか。
試されるジサカー!!
2014/05/30(Fri) 03:06 | URL | LGA774 #ftr86F3A[ 編集]
143982 
>>143965
Turbo Boostの「最大周波数」は全コアでなく1コアのboost時の数字な
http://www.intel.com/jp/support/processors/corei7ee/sb/cs-032277.htm

上の画像は1Cじゃなく8Cアクティブ時なんだろ
i7-4960Xは6Cアクティブだと+100MHz(3%未満)しかboostしないので
もし8Cで+300MHz(10%)なら劇的に効いてるほう
2014/05/30(Fri) 10:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143984 
ここ2~3年はわざわざ新規に買おうと思うほどのCPUは出てこなかったなぁ
2014/05/30(Fri) 11:13 | URL |   #-[ 編集]
143996 
>>143982
Turbo Boostの最大値は『最も周波数が上がる値』であって、『全コアアクティブ時の値』では無い。
中華記事のスクショでは(12-33)になっているから、これが本物だと1コアアクティブ時でも3.3GHzまでしか上がらないことになる。(8コアでの最大倍率は不明だから、8コア時でも3.3GHzまで上がる可能性はある)
2014/05/30(Fri) 19:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144019 
OCすればよい。

2014/06/01(Sun) 17:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
144033 
一気に16コア32スレッドの3GHzとか出してくれれば三十万でも売れるだよ
2014/06/03(Tue) 20:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7555-0d94def0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック