北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Early Haswell-EP sample spotted on eBay(CPU World)

次の世代のDual-socketシステム用Xeonは2014年第3四半期に登場する。そしてこの世代では多くの改良がなされる。今度2014年第3四半期に登場するDual-socketシステム用Xeonは“Haswell-EP”コアを使用し、AVX 2.0やIntegrated Voltage Ragulator等の“Haswell”世代のCPUで見られた新機能が追加される。“Haswell-EP”は最大14-coreとなり、DDR3/DDR4両対応となる(?)。QPIの帯域は最大9.6GT/sに引き上げられる。

“Haswell-EP”のサンプルは2013年3~4月から出荷されているが、そのサンプルがeBayに姿を現した。eBayのオークションは“Intel Confidential processor with QDF number QDD3”とあり、また、ヒートスプレッダの刻印には周波数が2.5GHzであることが記されている。FPO numberは"C313…"となっており、2013年第13週―つまり3月末に製造されたことを表している。そしてLGAパッケージの下に記されている“R3”はLGA2011-3であることを示しているものと思われる。
 
このQDD3 microprocessorに関する情報であるが、最大2-socketまで対応し、Xeon E5-2600 v3の特徴に沿うものである。CPUコア数は12でL3キャッシュ容量は30MBである。そしてHyperThreading technologyに対応する。周波数は2.50GHzで、TurboBoostにより最大3.00GHzとなる。メモリはDDR4-2133に対応する。このQDD3 microprocessorはES1 modelでコアのステッピングはA0である。つまり、さほど重要でない機能は無効化されているかテストされていない。このCPUは$650で出品されており、価格としてはいいが、SocketR3マザーボードを探すのが至難の業となるだろう。

一段落目に“Haswell-EP”はDDR3/DDR4両対応となるという記載が見られますが、同じコアを使用するであろう“Haswell-E”はDDR4対応とのみいわれており、DDR3に対応するという話はありません。今までの情報でも“Haswell-EP”がDDR3に対応するという話はなかったように記憶しています。単純に今回の記事の間違いという可能性が高そうですが、このあたりは今後要確認でしょうか。

Haswell-EP(2014年5月1日)

Haswell-EP ES品(2014年5月1日)

その問題の“Haswell-EP”のES品ですが、2014年5月1日23時00分時点では既に落札されています。写真を見ることはでき、ヒートスプレッダに“Intel Confidential QDD3 ES 2.50GHz USA C313A084”と記載されている様子がわかります。またパッケージの左下には“R3”という文字が見られます。パッケージの形状も“SandyBridge-EP / IvyBridge-EP”とはだいぶ異なっており、パッケージの4隅が四角く切り欠かれている他、ヒートスプレッダもやや横に長い長方形となっています。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
143603 
見慣れない形だな。中央の縦に伸びてるのが何か気になる。

価格はえらい安いが中古だからでは?
Core数(12→14)やメモリ(DDR4)など順当に強化されていますな。
2014/05/02(Fri) 00:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143622 
もうクロック数は上がらないのかなぁ
2014/05/04(Sun) 15:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143629 
HTの効果がないぐらいRAMや諸々の転送速度が上がるなんてのはまだまだ先の話
2014/05/05(Mon) 18:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7516-08ec6136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック