北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
New GTX TITAN-Z Launch Details Emerge(techPowerUp!)
NVIDIA GeForce GTX TITAN Z first performance figures leak out(VideoCardz)
NVIDIA GeForce GTX TITAN Z performance figures leak(Guru3D)
NVIDIA GeForce GTX TITAN Z launch postponed(VideoCardz)
NVIDIA GeForce GTX Titan Z Coming In May?(Legit Reviews)
「直前で延期に」(5/1) ・・・某ショップ店員談(hermitage akihabara)

GeForce GTX Titan Zの性能・スペックを示した資料がリークした。GeForce GTX Titan Zのコア周波数はBase 705MHz / Boost 876MHzとなる。消費電力は最大375Wとなっている。おそらくNVIDIAは冷却時の騒音を抑えるためにコアの周波数を下げたものと思われる。そして最新の情報によるとGeForce GTX Titan Zの発売予定日は5月8日となるようである。
 
GeForce GTX Titan ZはGK110を2基搭載したDual-GPUカードである。CUDA core数は合計で5760となり、搭載するメモリは合計で12GBである。そして4K/UltraHDモニタ複数でのゲームをスムースにプレイできるものとなる。

NVIDIA GPU Boost 2.0は周波数を動的にモニターし、最高のフレームレートが出せるように最大のゲーム性能を維持する。またGPU Boost 2.0はユーザーがカスタマイズを行うことも可能で、GPU温度設定やオーバークロック、電圧ロック解除が行える。

スペックを以下にまとめます。

GeForce
GTX Titan ZGTX Titan
Black
GTX TitanGTX 780 TiGTX 780
コア/プロセスGK110/28nm
SMX数3015141512
CUDA core数57602880268828802304
TMU数480240224240192
コア周波数Base705MHz889MHz837MHz875MHz863MHz
Boost876MHz980MHz876MHz928MHz900MHz
搭載メモリGDDR5 12GBGDDR5 6GBGDDR5 6GBGDDR5 3GBGDDR5 3GB
メモリ周波数1752MHz
(7008MHz)
1752MHz
(7008MHz)
1502MHz
(6008MHz)
1752MHz
(7008MHz)
1502MHz
(6008MHz)
メモリインターフェース384-bit×2384-bit384-bit384-bit384-bit
ROP数9648484848
TDP375W250W250W250W250W
価格$2999$999$999$699$499


Base周波数である705MHzで計算した場合の演算性能は単精度8.1TFlops、倍精度 2.3TFlopsになります。メモリ帯域は合計で672GB/sです。
また消費電力は375Wでカードには8-pin×2のPCI-Express電源コネクタが搭載されます。ただし、冷却機構には450Wの冷却能力が要求されるようで、また実際に出てくるカードは3スロット占有仕様となるようです(公式の写真では2.5スロット占有仕様だった)。
ディスプレイ出力はDVI-I×1/DVI-D×1/HDMI×2/DisplayPort 1.2×1となります。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
143633 
ZとBlackどっちが上かというと難しいな…
名前の印象的な意味で
2014/05/05(Mon) 19:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7515-5b0cc94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック