北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Unveils Beema and Mullins: A Greater than Expected Refresh of Kabini(PC Perspective)
AMD unveils Beema, Mullins mobile APUs(bit-tech.net)
AMD launches Low-Power Mobile APUs formerly codenamed Beema and Mullins(Guru3D)
AMD Beema/Mullins Architecture & Performance Preview(AnandTech)
A first look at AMD's Mullins mobile APU(The Tech Report)
AMD intros 3rd generation of low-power and mainstream APUs(HEXUS)
Next-Generation Mobile APUs Extend AMD Performance Leadership(techPowerUp!)
AMD Low Power Mullins and Mainstream Beema APU Detailed – Powered With PUMA+ x86 and GCN Cores, Launches Tomorrow(WCCF Tech)
AMD、ARMセキュリティコア内蔵のモバイルAPU「Mullins」と「Beema」 (Impress PC Watch)

AMDは“Beema / Mullins”のコードネームで呼ばれていた新型の低消費電力Mobile向けAPUを正式発表した。“Beema / Mullins”ではARMベースのセキュリティコアを内蔵し、また前世代と比較しコア周波数を50%引き上げる一方で、TDPは半分とした。
 
“Beema / Mullins”はローエンドノートPC向けとして設計され、“Puma+”と呼ばれる64-bit x86 CPUコアとGraphics Core Next系GPUコアを組み合わせたAPUとなる。前世代の“Kabini / Temash”と大きく異なるのは、ここにCortex-A5が内蔵されることである。このCortex-A5はARM TrustZoneをサポートしており、別個の演算環境を有して、メインのCPUコアを走るデータの正確性を確実なものとする。

“Beema”はメインストリーム製品ラインに据えられ、一方“Mullins”はファンレス冷却環境―たとえばWindowsタブレットなどを想定したよりTDPの低い製品となる。“Beema”はE1, E2, A4, A6が投入される。“Mullins”はそれぞれ“Micro”の接尾語がつけられて“Beema”と区別され、E1 Micro, A4 Micro, A10 Microとして投入される。

“Beema / Mullins”のラインナップを以下にまとめます。

A series, E series APU(Beema / 28nm)
コア数周波数キャッシュTDP対応メモリ価格
GPU
SP数GPU周波数
A6
-6310
4-core2.40GHzL2=2MB15WDDR3L-1866'14/4/29
Radeon R4
128sp800MHz
A4
-6210
4-core1.80GHzL2=2MB15WDDR3L-1600'14/4/29
Radeon R3
128sp600MHz
E2
-6110
4-core1.50GHzL2=2MB15WDDR3L-1600'14/4/29
Radeon R2
128sp500MHz
E1
-6010
2-core1.35GHzL2=1MB10WDDR3L-1333'14/4/29
Radeon R2
128sp350MHz


A Micro series, E Micro series APU(Mullins / 28nm)
コア数周波数キャッシュSDP
TDP
対応メモリ価格
GPU
SP数GPU周波数
A10 Micro
-6700T
4-core2.20GHzL2=2MBSDP 2.8W
TDP 4.5W
DDR3L-1333'14/4/29
Radeon R6
128sp500MHz
A4 Micro
-6400T
4-core1.60GHzL2=2MBSDP 2.8W
TDP 4.5W
DDR3L-1333'14/4/29
Radeon R3
128sp350MHz
E1 Micro
-6200T
2-core1.40GHzL2=1MBSDP 2.8W
TDP 3.95W
DDR3L-1066'14/4/29
Radeon R2
128sp300MHz


製造プロセスはTSMC 28nm、ダイサイズとトランジスタ数はAnandTechでそれぞれ9億3000万と107mm2以下という予測値が掲載されています。前世代の“Kabini / Temash”は同じTSMC 28nmでトランジスタ数は9億1400万、ダイサイズは107mm2以下となっており、若干トランジスタ数は増加しています。

CPUコアは“Jaguar”から“Puma+”へと進化していますが基本的な構造は“Jaguar”と同じ模様で2-wide Out-of-order設計となり、演算ユニットやキャッシュ構成も“Jaguar”のそれを踏襲しているようです。しかしながら周波数と低消費電力化に最適化がされており、結果として前世代からの性能向上を図っています。AMDによると“Puma+”は“Jaguar”と比較し、コアのleakage/staticを19%削減し、GPUにおいては38%削減したと述べているようです。

GPUもいくつかの改良はなされているのではないかと推測されていますが、はっきりとその内容に言及しているところはなく、CPUコアでみられたような小改良にとどまるのではないかという見方が多いようです。HSAへの対応の有無もはっきりとは言われていません(対応していたらもっと大々的にアピールしそうなものだが)。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
143577 
64bit・InstantGo対応のハイブリッド機が増えてくるといいなぁ
2014/04/30(Wed) 00:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143580 
北森殿、E1-6010は2 CoreでTDPは10Wなのでは?
同様に、E1-6200Tも2 Coreではないでしょうか。
(リンク先のサイトにある、AMDから提供のスライドでは、そう書かれているので)

2014/04/30(Wed) 05:36 | URL | 通りすがりの者 #qbIq4rIg[ 編集]
143582 
今週末に「Kabini」を買おうと思っていたんだけどw
リテールに落ちてくるのにはどれくらいかかるのだろう? 半年?
2014/04/30(Wed) 10:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143583 
TDP4.5W(SDP2.8W)でi3のU、Yプロセッサ以上の性能とか…
これがAMDの本気か…
2014/04/30(Wed) 10:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143585 
HASじゃなくてHSAな
2014/04/30(Wed) 12:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143586 
>Graphics Core Next系GPUコアを組み早生他APUとなる。

「組み込んだ」かな?
2014/04/30(Wed) 12:54 | URL | i7 市民 #-[ 編集]
143590 
PS4のAPUがこれに置き換わるって
事はあるのだろうか?
2014/04/30(Wed) 17:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143591 
kabiniはあんまり製品でなくて選択肢がなかったけど、Beemaは出てくるかな?
E-350積んだサブノートの買い替えをそろそろしたいんだよなぁ
2014/04/30(Wed) 18:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143595 
AM1プラットフォーム(FS1b)向けにはTDP25wでデュアルch対応とかそういったラインが1つはほしかったかな?
Pentium M~Core Duo時代はTDP20w代半ばのCPUをMoDTと題してデスクトップ利用する市場もあったんだし、
デスクトップ環境でのモバイル利用にはちょうどいいTDP帯だと思う25wは。
あとは、m-SATAを搭載してほしい。
mini-PCIeよりもストレージ不足のほうが深刻だから。
BRIXかZBOX-NANOがm-SATAと2.5HDDハイブリッドで出してくれたらそれでもいいんだけどなぁ・・・。
2014/05/01(Thu) 10:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143600 
これは良さそう
6310でもファンレスでNUC的な物が出来そう
2014/05/01(Thu) 16:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143601 
>Graphics Core Next系GPUコアを組み合わせただろう。

あが抜けて早生になったんだな。
2014/05/01(Thu) 21:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143602 
ムーリンすげぇ、タブレットはよ!
2014/05/01(Thu) 22:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143607 
※143595
Dual Chはそれだけで消費電力が結構大きいから、
28nmでは見送っただけでしょう。
今回消費電力が下がったのは改良の結果でしかないし、
設計から関わるメモリチャンネルの増加は
次世代以降かと。
2014/05/02(Fri) 09:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143609 
※143595
mSATA はマザーボード作っているところがやる話だろ
2014/05/02(Fri) 14:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7512-94dd9386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック