北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
MSI shows new gaming products at CeBIT(Guru3D)
MSI shows four Z97 motherboards for "Haswell Refresh"(ComputerBase.de)

MSIはCeBITで多数の新製品を展示予定で、その中にはゲーマー向けの製品が多数含まれる。展示予定のゲーマー向け製品としてはGaming Notebook seriesやGaming Barebone PC、ITX Gaming、グラフィックカード、そして次世代Gaming Motherboardが挙げられる。

いくつか製品名が挙げられていますので以下に列挙します。

◇Gaming Notebook series
  ・GT70/GT60 2PE Dominator Pro:GeForce GTX 880M搭載
  ・GT70/GT60 2PC Dominator:GeForce GTX 870M搭載
  ・GS60 Ghost:Core i7 4700HQ+GeForce GTX 860M搭載
  ・GE60/GE70 Apache:GeForce GTX 860MまたはGTX 850M搭載

◇Gaming Graphics
  ・Radeon R9 290X LIGHTNING
  ・Radeon R9 270X GAMING ITX
  ・Radeon R9 280X GAMING 6G / R9 280GAMING

◇All-in-one
  ・AG270, AG240 Gaming AIO
 
そして最後の段落にはマザーボードに関する興味深い記述がみられます。

CeBITでは3世代目となるIntelプラットフォーム対応Gamingマザーボードも展示される。この3世代目のGamingマザーボードはIntelの22nmプロセスおよび14nmプロセスのCPUに対応する。機能や特徴はゲーマー向けに特化したものとなり、速度・音質・安定性の向上が行われる。

サウンドはSonud Blaster Cinema 2によるAudio Boost 2がDirect Audio Powerとして登場し、次世代レベルの音質を実現する。SSDはM.2やSATA-Expresssんひより、SATA 6.0Gbpsと比較して67%の性能向上を実現する。この他にも強力な機能が多数搭載され、Killer Gaming Network、Audio Boost、USB Audio Powerなどが挙げられる。

「22nmおよび14nmプロセスのCPUに対応する」という記載が注目点です。22nmプロセスのCPUの指し示すものは当然“Haswell / Haswell Refresh”となりますが、14nmプロセスのCPUとして挙げられるのは“Broadwell”か“Skylake”となります。“Skylake”については以前の情報でDDR4対応と言った情報が出ており、この通りであれば“Skylake”がDDR3/DDR4両対応でもない限り、DDR3対応マザーボードで“Skylake”対応はないことになります。“Broadwell”はデスクトップ向けに出ないだのと言ったが出てはいるものの、後に倍率ロックフリーのKモデルのみが“Broadwell-K”として登場するという話が出てきています。今のところ、ここでいわれている14nmプロセスのCPUとして可能性が高いのはこの“Broadwell-K”でしょうか。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
143133 
DDR3/DDR4量対応 ×
DDR3/DDR4両対応 ○
では?
2014/03/11(Tue) 12:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7433-909a075e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック