北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Plextor Showcasing M6 Series Solid State Drives at CeBIT 2014(techPowerUp!)
Plextor to release M6 Series Solid State Drives Soon(Guru3D)

PlextorはM6 series SSDをドイツの班―バーで開催されるCeBIT 2014で展示することを明らかにした。M6 series SSDは複数のフォームファクタで展開され、2.5インチ規格のM6S、mSATA対応のM6M、PCI-Express接続のM6eがラインナップされる。

以前の情報ではM.2 PCIe接続のものがM6e、PCI-Express 2.0 x2接続のものがM6e HHHLと区別されていましたが、今回の情報ではこの辺りの区別ははっきりとはされていないようです。
スペックは以下の通りです。
 
M6 series
M6SM6MM6eM6e HHHL
容量128GB, 256GB, 512GB
NAND東芝 第2世代19nm toggle MLC NAND
SequentialRead520MB/s770MB/s
Write440MB/s625MB/s
Random 4KRead94kIOPS105kIOPS
Write80kIOPS100kIOPS
インターフェースSATA
6.0Gbps
mSATA
6.0Gbps
M.2 PCIePCIe 2.0 x2


M6e SSDに関しては以下のような記載が見られます。

M6eは自動的にAHCIデバイスとして認識され、追加のドライバは必要としない。またUEFI搭載システムでブートドライブとして用いた場合は、起動時間を半分にすることが出来る。

追加のドライバを必要としないのは一手間を省けるため、ありがたいものです。
PCI-Experss 2.0 x2対応のSSDはSATA 6.0Gbpsのボトルネックを解消してより高性能を実現できるのも大きなメリットですが、SATA 3.0Gbpsまでのシステム(例えば“Nehalem/Westmere”世代のシステムやSocketG34/C32システム)でも高速SSDの恩恵を受けられることも見逃せない利点です。

Plextor M6e 256GB SSD review: First native PCI-Express SSD for desktop PCs(Hardware-Info.us)

Hardware-InfoにはPCI-Express接続のM6e 256GBを用いたレビューが掲載されています。

2ページ目にM6e 256GBの外観や使用されているコントローラについての記載があります。M6e 256GBはM.2のものとPCI-Expressカード形状のものがあり、PCI-Expressカード形状のものは接続端子がPCI-Express x4スロット対応となります。もちろんPCI-Express x16スロットにも挿入可能です。
コントローラはMarvell 88SS9183、NANDフラッシュは東芝の19nm MLC ToggleFlashメモリとなります。バッファはDDR3が512MB搭載されています。

5ページ目以降に性能の検証が行われています。なにぶん長いのでここでは紹介するにとどめます。興味のある方は合わせてご覧ください。

(過去の関連エントリー)
【CES】Plextor 新世代のSSD製品となるM6 seriesを発表(2014年1月10日)



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
143115 
1TBモデルの予定は無いの?
2014/03/09(Sun) 23:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143128 
M2⇒PCI-e変換じゃなくて、純粋なPCI-E SSDとしてx4以上のもの出してくれないかなぁ…
2014/03/10(Mon) 23:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7429-296f305c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック