北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
What’s Intel planning in 2014?(VR-Zone)

2014年はIntelにとって最もチャレンジングな年になるばかりでなく、劇的に変化する市場に対して同社がイノベーションをもたらす震源になる可能性を秘めた年でもある。

IntelはPC市場の停滞とMobile市場における自社SoC製品への市場の反応の低さに直面している。しかし、これらは古い挑戦であり、新しいものではない。2014年の新たな挑戦はますます盛り上がるARMアーキテクチャに対するもので、ARMはMobileだけでなくサーバーにも進出している。x86アーキテクチャ1本でいくIntelの戦略はすぐにそれが的外れなものになるという心配はないが、将来的にはx86アーキテクチャの重要性が低下右する可能性は指摘されている。かつてのライバルであったAMDはARMベースのサーバー製品を今年に出荷開始する。

Intelの2014年の最初を飾る製品はXeon E7-8800/4800/2800 v2とXeon E5-4600 v2である。Xeon E7-8800/4800/2800 v2は“IvyBridge-EX (IvyTown)”の名で呼ばれていたもので、Xeon E5-4600 v2は“IvyBridge-EP 4S”とされていたものである。
 
来週にはバルセロナでMobile World Congresssが開催されるが、Intelはここで“Silvermont”アーキテクチャを採用するタブレット・スマートフォン向け製品群を2種類投入する。このうち片方は“Merrifield”と呼ばれ、Androidタブレット向けとなる。もう片方は“BayTrail-T”の64-bit版である。
1ヶ月後の3月にはIntelは“BayTrail-M”のリフレッシュを予定している。


4月にはデスクトップ向けおよびノートPC向けに“Haswell Refresh”が投入される。また5月にはIntel 9 seriesマザーボードが登場するとともに、次いでQuark X1000 SoCもローンチされる。8月にはDDR4メモリ対応でハイエンドデスクトップ向けの“Haswell-E”とそれに対応するX99チップセットが登場する。

9月にはIntel Developer Forum (IDF 2014) がサンフランシスコで開催される。この時にIntelは22nmプロセスで“Silvermont”アーキテクチャを使用する“Mooresfield”と、“Haswell-E”を投入する(“Haswell-E”は8月なのか9月なのか。さすがに8月に第1陣が登場して9月に第2陣ということはないと思うが・・・)。“Mooresfield”はTD-LTEとTD-SCDMAモデムを統合することが特徴で、これらは“Merrifield”にはないものである。また“Haswell-EP”がXeon E5-2600 v3, E5-1600 v3として登場する見込みで、これらは現行の“IvyBridge-EP”―Xeon E5-2600 v2, E5-1600 v2を置き換えるものとなる。“Haswell-EP”のローンチ予定日について明らかにしていないが、おそらくはIDF 2014の時期になるのではないかと思われる。

今年末には14nmプロセスの“Airmont”アーキテクチャが登場し、これを採用する最初の製品が“CherryTrail”となる見込みである。

“Haswell-E”の記載が8月と9月の2度見られたりしていますが、概ね今までの情報をまとめたものと言って差し支えない印象です。“Haswell-E”に関しては“Haswell-EP”―Xeon E5-2600 v3と同時かやや先行するかという話になりますが、今の時点でどちらか断定するのは難しそうです。

今回の情報では“Broadwell”に関する記載は一切見られず、最近の情報と合わせると“Broadwell”のスケジュールがやや流動的となっている様子が見て取れます。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
142944 
メーカーには分かり易く、
BayTrail-T(64bit)とかCherryTrail(32bit)とか書いといて欲しい。

今更32bitのCPUなんざ、いくら新型で色々改良されててもゴミ同然だわ・・・
2014/02/18(Tue) 17:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142945 
なんかこうしてみるとすごいみっしり詰まってるなw。

Haswell Refeshってノート向けもあるんですね。
Skylakeが予定通りなら半年だけのためにBroadwell出す意味って・・・と思っちゃいますね
2014/02/18(Tue) 17:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142946 
今のコア2パソコンが壊れるまでは手出さないのが賢明という事か?どう見ても今年は魅力無いな
2014/02/18(Tue) 17:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142947 
14nmの最初の出荷がBroadwellよりもAirmontのほうが先になるなら
intelとしては大きな変化だね

去年(2013年)の11月末には来年(2015年)中に10nmでファウンドリビジネス始めるって話だったけど間に合うのかな
10nmだとBroadwellよりも2世代先のSkymontのタイミングなんだけども
2014/02/18(Tue) 18:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142948 
Eを半年先に出してくれたら買うんだけどな…
技術的には後から出す方が良いんだろうけど、最新のハイエンド買ってやったぜ!という満足感がないんだよね
2014/02/18(Tue) 20:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142952 
プレスコットの再来か?
2014/02/18(Tue) 22:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142956 
Haswell-Eが出る頃には、各社DDR4メモリは市場に出回ってくれるのだろうか?
あと半年位しかないけど…
2014/02/18(Tue) 23:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142960 
>“Mooresfield”はTD-LTEとTD-SCDMAモデムを統合することが特徴で

xmm7260が出るだけで、Silvermontと統合される訳ではないんでしょ
2014/02/19(Wed) 05:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142969 
実質的には'15年まで目立ったリリースはなさそうだ
チャレンジじゃなくて忍耐の年ではないか
2014/02/19(Wed) 21:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7390-539fe79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック