北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD's Mantle Driver Available Now(Bright Side Of News)
Mantle gets a PC debut with Catalyst 14.1 beta driver and ‘Battlefield 4′(VR-Zone)
AMD Passes On Catalyst 14.1 beta to the Press, Public Release Shortly(techPowerUp!)
Catalyst 14.1 driver with Mantle support now available(The Tech Report)
AMD Mantle Performance Explored - An Introduction(Guru3D / レビュー)
AMD Mantle will benefit Lower-End CPUs, not mainstream and high-end PCs.(Guru3D)
AMD,リリースの遅れていた新版「Catalyst 14.1 Beta」を公開。Mantle対応ドライバがいよいよ登場(4Gamer.net)
AMD、Mantle対応ドライバ「Catalyst 14.1 Beta」をリリース(Impress PC Watch)
AMD Catalyst(TM) 14.1, a must-have driver for gamers!(AMD)
AMD Catalyst(TM) 14.1 Beta Driver for Windows(R)(AMD)

AMDは2月1日、“Mantle”に対応するCatalyst Driver 14.1 Beta driverを発表した。“Mantle”はBattlefield 4や最近Oxide Gamesでデモが行われた“Star Swarm”で使用されている。
さらに、Catalyst 14.1 driverではCrossFireを環境におけるFrame pacing fixの“Phase 2”が実装されている。
 
Catalyst 14.1 Betaの詳しい内容は4Gamaer.netによくまとまっています。Catalyst 14.1 Betaの対応製品はRadeon HD 5000 series以降となります。
最大の新要素はなんと言っても“Mantle”のβサポートとなり、“Mantle”に対応するのは“Graphics Core Next”アーキテクチャを採用するGPU―つまりRadeon R9 200, R7 200 seriesに加えてRadeon HD 8000 / 7000 series、“Kaveri”のiGPUであるRadeon R7となります。対応するタイトルはBattlefield 4とStar Swarmの2本となります。

もう1点注目されるのはFrame Pacingの拡張で、4KディスプレイにおいてもFrame Pacingに対応した他、Radeon R9 280, 270とRadeon HD 7900, 7800 でのCrossFire環境をEyefinity接続したときの対応、Dual-graphics構成時のDual graphicsへの対応が挙げられています。対応APIはDirectX 11, 10となります。

Guru3DではBattlefield 4で“Mantle”を使用した場合とDirectX 11を使用した場合での性能比較を行っています。
スコアは以下の通りです。

Battlfield 4 Medium Quality DX11
1080P720p
MantleDX11MantleDX11
A10-7850K iGPU (Radeon R7)31285750
A10-7850K + Radeon R9 290X160102162102
Core i7 3960X + Radeon R9 290X200170200173


Battlfield 4 Ultra Quality DX11 4xAA
1440P1080P720p
MantleDX11MantleDX11MantleDX11
Core i7 3960X
Radeon R9 290X
58528374144134


いずれの環境においても“Mantle”環境の方が良好なスコアを出していますが、興味深いのはローエンドCPU+ハイエンドGPUという組み合わせ―具体的にはA10-7850KとRadeon R9 290Xの組み合わせが最もスコアの上昇率が高いことです。
Medium Quality 1080Pで比較すると、Core i7 3960X+Radeon R9 290XでのDirectX 11に対する“Mantle”のスコア上昇率は17.6%であるのに対し、A10-7850KとRadeon R9 290Xの組み合わせでは56.9%に達します。

Catalyst 14.1 Beta driverリリース前の1月30日のGuru3Dの記事でも同様の検証が行われており、CPUが足枷になる環境の方が伸び率が良いとしています。逆にGPUが制限となる場合では伸び率は鈍いようです。

これをみると“Mantle”はCPUの枷をなくしてGPUの性能を最大限引き出すようなものであるように思えます。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
142727 
興味深い結果ですね
従来CPUが負担していた処理をGPUに担当させるということでしょうか?
2014/02/04(Tue) 00:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142731 
4コアAPUのボトルネックを解消するのが目的で
元々満足できる性能を有していたFX-8xxx等はそこまでの性能上昇ではないか
それでも780Ti以下を安売りしないといけなくなるパワーバランスの変化だなこりゃ
2014/02/04(Tue) 02:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142732 
A10-7850K「いくら何でもローエンドCPU扱いなんて酷いョ…クスン」
2014/02/04(Tue) 06:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142734 
ローエンドCPUワロタ
2014/02/04(Tue) 08:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142737 
Intel4コアCPUには殆ど効果が無いのがなぁ
mantle対応ゲーム専用のPCならいいが他の用途を考えると.....
2014/02/04(Tue) 08:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142739 
4gamerのBF4ベンチ記事を見ると気持ち悪いぐらいの上昇でしたね。W
in7を用いたベンチだったのでWin8だともう少しAPU単体でも上昇するのでしょうか・・・
2014/02/04(Tue) 10:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142741 
そうだな、さすがにローエンドはかわいそうだな。
2014/02/04(Tue) 12:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142742 
>142731
増税もあるが780むしろ値上がりしてもおかしくない
そんな気がする
2014/02/04(Tue) 12:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142746 
つまり、俺のPhenomII X4はまだハイエンドGPUと一緒に戦えるんだね
2014/02/04(Tue) 14:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142747 
Mantle対応で1割プラスって感じかな
なんとも微妙だなあ
2014/02/04(Tue) 16:02 | URL | LGA774 #j7kPgX2Q[ 編集]
142749 
インテル製のローエンドCPU使った時の伸び率も気になりますね。
2014/02/04(Tue) 17:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142751 
ゲーム用PCの敷居が下がるのは良いことだ。
これでPCゲームの方ももう少し盛り上がってくれるといいんだけど…。
やってみれば面白いと思う人は多いはずなのに、やるまでの設備投資と物によってはPCの知識が多少必要なのが難しいんだよね。
2014/02/04(Tue) 18:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142754 
A10-7850Kはmantle対応してもAA無しの720pですら60fps出ないって数値でもあるよな
謳い文句の割りにGPU部分の性能がまだ低すぎるんじゃないの
2014/02/04(Tue) 22:48 | URL |   #-[ 編集]
142756 
A10-7850Kがローエンド(/_;)
2014/02/04(Tue) 23:23 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
142759 
4Gamer読む限りじゃハイエンドグラボ使うんなら
素直にハズウェル行っとけってことだな
大見得を切ってみても所詮はこんなものか
2014/02/05(Wed) 01:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142764 
StaSwarmのMantleベンチでA10 7850KがGTX770に買ってるという結果が
2014/02/05(Wed) 11:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142766 
新しいドライバの結果を使用した人に聞きたい。
2014/02/05(Wed) 13:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142767 
もう4770kを買う必要はないなこれは
2014/02/05(Wed) 19:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142772 
4Kディスプレイ対応のFrame Pacing最高
もうバーチカルティアリングガーとは言わせない
Mantleなにそれおいしいの?
2014/02/05(Wed) 23:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142773 
>142747
さらにGPU負荷が高いと3%しか上がっていないようだ
1割以上はCPUネックでGPUが遊んでいるケースのみでローエンドCPUでフレームを稼げるが本当に快適に動作するとも限らない可能性も指摘できそう
2014/02/06(Thu) 00:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142779 
CPU負荷が高くなる状況というのはつまり画面内にオブジェクトが多いということ
Mantleでフレームレートが安定して高いのはいいことだ
starswarmといい想像以上の効果を与えているな
とはいえ2C2TのPentium以下は効果が低いようだ
2014/02/06(Thu) 01:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142780 
Corei5/i7とGeForceが鉄板というのを再認識させるいい結果だった
2014/02/06(Thu) 02:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142809 
まだベータ段階でこれなら十分じゃないかな
上記のとおりなら、これからの成熟に期待出来ると言えると思う
2014/02/07(Fri) 23:38 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
142833 
描画処理端折ってるようにしか見えない比較画像が出回ってるけど…
2014/02/11(Tue) 17:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142844 
>Corei5/i7とGeForceが鉄板というのを再認識させるいい結果だった
命令スケジューリングさせてるからCPU奢らないと性能でないんですねわかります
http://pclab.pl/art55953-4.html
まあそこまでしてもAA有効にしちゃうとDXですら負けちゃうんだけどね
http://www.purepc.pl/karty_graficzne/battlefield_4_mantle_vs_directx_11_test_r9_290x_vs_gtx_780_ti
ご自慢のフレームの滑らかさもMantleには敵わなかったみたいだし
http://techreport.com/review/25995/first-look-amd-mantle-cpu-performance-in-battlefield-4/2
どこが鉄板なんでしょうかね?

>描画処理端折ってるようにしか見えない比較画像が出回ってるけど…
いつまで石ころガーとか草ガーとか言うつもり?
切り替え失敗して表示がイカレたのを都合よく並べた捏造だってとっくにバレてるのに
http://screenshotcomparison.com/comparison/61286
2014/02/12(Wed) 14:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7366-dc72909f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック