北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD CES 2014 Presentation: Kaveri Goes Official(PC Perspective)
AMD’s Kaveri: Pre-Launch Information(AnandTech)
AMD sheds more light on Kaveri, announces new mobile Radeons(The Tech Report)
AMD Kaveri APU Officially Announced At CES 2014 – A10-7850K Available For $172.99 US (Pre-Order)(WCCF Tech)
AMD Press Conference at CES 2014(Bright Side Of News)
AMD、次期APU「Kaveri」の概要と性能を公開(Impress PC Watch)
AMD、Mantle版「Battlefield 4」の性能向上は45%と公表(Impress PC Watch)

CES 2014でのAMDのセッションは期待以上のものであった。このCES 2014で“Kaveri”のほとんどが明らかにされた格好となり、その内容はやはり予想より興味深いものであった。

“Kaveri”はもちろんビッグニュースであり、AMDは史上最高のAPUと述べている。“Kaveri”はCPUに“Steamroller”、GPUに“Graphics Core Next (GCN)”を搭載し、HSA, hUMA, HQ, TrueAudio, Mantle APIをサポートする。またI/OとしてPCI-Express 3.0に対応する。加えてConfigurable TDPに対応し、(従来のTDPでは)無理のある製品にも対応できる。
 
AMDは“Kaveri”について最大12のCompute coreから構成されると表現した。その12のCompute coreの内訳は、4基の“Steamroller”コアと8基のGCNコアである。これらのCompute clusterは先例にならっても“コア”として定義されるに相応しいものであるが、従来型のx86コアとはだいぶ異なるものである。

“Kaveri”のCPUコアはA10-7850Kで定格3.70GHz / Boost 4.00GHzである。GPUの周波数は720MHzである。メモリはDDR3-2400までに対応し、この新たなAPUで十分な性能を得るためには、DDR3-2400のような高速なメモリが必要である。ベンチマークは“Richland”から大幅なスコアアップを果たし、またいくつかのベンチマークではCore i5 4670Kよりも高速となっている。

ゲーム性能も向上しており、“Kaveri”では1080p解像度で低~中品質の設定であればほとんどのタイトルがプレイできるという。古いタイトルであれば1080pの解像度で中~高品質または最高品質でのプレイも可能であるという。“Kaveri”の演算性能は867GFlopsで“Richland”よりも110GFlopsほど高く、またより効率的に性能を提供することが出来る。

ソフトウェアのサポートはAdobeやThe Document Foundation, Nuanceなどのメーカーで拡大されている。これらはHSAアプリケーションをカバーしNuanceの場合はTrueAudioを用いて音声認識のアクセラレートと(音声の)明瞭化を計っている。TrueAudioは他に5つのゲームタイトルでサポートされる。決して多いとは言えないが、新技術の船出としてはなかなかのものである。

“Mantle”の動きはより活発で、3種類のエンジン、5つの開発者、そして20以上のゲームが動いている。今回、“Mantle”版のBattlfield 4を“Kaveri”で動作させるデモが初めて行われ、Direct3Dよりも同じ品質レベル・同じハードウェアで45%高速化された。

1月7日のエントリーも合わせてご覧ください。
“Kaveri”の情報の総まとめと言ったところでしょうか。後はいよいよ1月14日のローンチを待つばかりです。

(過去の関連エントリー)
【CES 2014】“Kaveri”のトランジスタ数やダイサイズ等の詳細が明らかに(2014年1月7日)


PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
142184 
20nm&DDR4以上搭載かつGPUが1Tflops超えれば面白くなるんだが早くても来年中頃まではなさそうだな
2014/01/08(Wed) 03:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142193 
x264でHSAが使えるようになって、ゲームキャプチャにVCEが使えるようになったらFXからKaveriに乗り換えてもいいんだけどなあ
2014/01/08(Wed) 09:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142195 
HSAをサポートするソフトウェアがどれだけ出てくるのかが,まだまだ不透明だな~
2014/01/08(Wed) 11:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142202 
HSAの起爆剤はスマホとかタブな気がするな

APU最適化でBlueStacksとのコラボの話もあったし
スマホから延長した先にあるAMDプラットホームというのが狙いじゃないの
2014/01/09(Thu) 07:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142208 
メモリは最終的に2400対応になるんですかね
前回の記事のリストは2133だったように思うんですけど
2014/01/09(Thu) 16:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142210 
実性能で少なくとも8350は超える物が出てくれないと困る…
2014/01/09(Thu) 18:05 | URL | LGA774 #EnGitwzo[ 編集]
142211 
Mantle版の45%アップとは話半分で聞いても凄い…
特に衝撃的なのはKaveriの実働デモで45%をやってのけたという事ですね。
メモリ帯域が不足して大した伸び代があるとは思えなかっただけに衝撃でした。
PCIe3もサポートされてますし、x264の対応によってはCPUは4コアでもいいか!ってなってしまいそうw
2014/01/09(Thu) 18:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142212 
このあたりが対応してくれたらKaveri買う
3D-Coat
メタセコ
LightWave
unity3d
adobe物各種
2014/01/10(Fri) 00:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142241 
>142212
3D-Coatユーザーがいてなんか嬉しい
でもあのソフトウェアCUDAでガチガチになってるから
望みは薄いかも…
2014/01/11(Sat) 16:02 | URL | LGA774 #EnGitwzo[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7310-ee75a5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック