北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
CES 2014: Intel unveils ‘Edison’, a wearable-sized Pentium PC(VR-Zone)
Intel unveils Quark-based Edison microcomputer(bit-tech.net)
Intel Edison Unveiled – A Tiny 22nm Dual-Core PC Which Is Equal To The Size Of An SD Card(WCCF Tech)

Intelは超小型のPCを次世代ウェアラブルコンピューティングにもたらそうとしている。

CES 2014のIntelのキーノートで明らかにされたものは大型重厚な物ではなく、非常に小さなもので、SDカードサイズのPCであった。
 
このSDカードサイズの小型PC―“Edison”は超小型のSoCであるQuarkをProcessorとして搭載する。またWiFiとBluetoothを搭載しており、(OSとして)Linuxが動作する。IntelのCEOであるBrian Krzanich氏は搭載されているQuarkの周波数などの技術的な事項については多くを語らなかったが、このQuarkは22nmプロセスで製造されていることのみは明らかにされた。

Intelによると“Edision”には独自のApp sotreが用意され、デバイスの開発を促進するため、開発者への報償として130万ドルを提供するという。

Intelは“Edision”の登場予定時期を2014年中盤とだけ語り、詳しいリリース日については明らかにしなかった。

写真を見ただけでは、“Intelのロゴが入ったチップが搭載されたSDカードのようなもの”という印象で、何も言われなければこれが1つのPCでOSを動かせるものとはなかなか想像がつきません。

搭載されるQuarkはbit-tech.netによると、2-coreのx86 CPUを搭載するものであると述べています。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
142203 
Arduino互換出したと思ったら
次はさらなる超小型MBっすか…
OAタップ内臓Wifi盗聴鯖とかPoEアダプタ風有線スニッファとかUSBハブっぽい統合ロガー&スパイウェアとかイケナイ応用ばっか思いついてしまうんだがw
まぁUSBなLTE/Wimaxモデム差して自作高性能モバイルルーターとか真っ当な使い方も楽しそう
しかしこのレベルになると高くても単価3000円ぐらいまでじゃないと需要なかったりする気がするが
ファブ開放方針といいマジで工場がキャパよりドアンダーで何でもいいから作らないといけない状況なんだろうか
2014/01/09(Thu) 09:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142213 
既存のマザボ・PCI Express・ビデオカード・電源の小型化してくれた方がうれしいんだけど。
好みのパーツで作っても小さくできる時代は当分先なのかしら
2014/01/10(Fri) 01:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142233 
13億ドルじゃなくて130万ドルだって

いつになったら訂正するんだよw
2014/01/10(Fri) 22:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7308-0ad3619e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック